散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆隠月◆-かくれるつきを-

十日、皆既月食を見た。
こういう宇宙のイベントは普通に生活しているとあまり見られない故、ちょいと忙しかったが一時中断して外出。
といっても近所の一寸見晴らしの良い場所へ行っただけだけど。

一人でちょろっと行って二十分位見ただけだが、良いね、こういうの。
ついでに携帯アプリの星座盤なんか起動して星座探したりとかもしちまったぜぃ。

…自分の星座は星が暗過ぎて眼鏡をかけてても見えんかったが…。
まぁ星座なら未だ暫くは見られるから今度は双眼鏡片手に外へ出れば良いんだけどさ…。

しかしなんかこう、他の錚々たる黄道十二星座の中でも結構不遇な気がする。
神話も只の犬死した化け蟹の話だし…。

もっと蟹座に愛を…!!



あ、話が逸れちまった。
月食の話。

一応、携帯のカメラで写真を撮ってみた。
月食のピークの時間に。

皆既月食

…やっぱ携帯のカメラ如きではこれが限界か…。
実はもっとアップにしたのも有るのだが、こっちはもっと酷かった故、載せない。
だって小汚い御手洗団子みたいだったんだよ…。

デジカメで、とも思ったんだが、我がデジカメは安物故きっと同じ結果になるだろうと判断し、断念。
ちゃんと空の物を取るなら望遠の何某かのアイテムを装着せんといかんのだろうね。
いつか写真に目覚めたら買おうかな。


そんな訳で、皆既月食のぼっち見学をしたので有りました。

次は何年後に見られるんだろう。
楽しみだ。
スポンサーサイト

◆変困◆-かわってこまる-

「デジアナ」って何よ!?

馬鹿野郎がああああああああ!!!!!!




我が引き籠もり部屋にはPCが二台有る。
初代も新入りもテレビが観られて録画も出来る。

初代のはアナログで新入りが地デジ。
普通に録画して観る分にはどちらも問題無い。

不便なのは初代のPCで出来たビデオ編集が、新入りのPCでは思う様に出来ない事。
アナログと地デジの仕様みたいなもののせいらしい。
余計な事しやがって。

だが、この辺は己の知識の無さも有るかもしれん、と地デジ完全移行迄に色々やってみるつもりだった。
それ迄は編集してDVDに焼きたい番組の録画は初代のアナログテレビで頑張って貰おうとしていたのだ。


ところが、六月に入ってテレビの表示が見慣れた「アナログ」から、よう判らん「デジアナ」という表記に代わっているではないか。
それだけならどうでも良い。
問題は、番組が録画出来なくなっている事だ。

何度録画ボタンを押しても「この番組はコピーガードが云々」の表示が出て弾かれる。


ではその「デジアナ」という曲者は一体どんな奴なのか。
軽く調べてみると、どうやらデジタル放送を態々アナログ変換し、アナログ機器でも地デジが観られる様にしているという意味の表示らしい。
因みにその放送の期間は二〇一五年三月末日迄とか。

一見有難い措置に見えるこの「デジアナ」。
だが上記の通り、録画が出来ない。
それ用のデッキを買えば出来るらしいが、そんな金は無い。

つーか上の勝手な都合で放送形態変えた上にデッキ買わないと録画出来ない仕様とか視聴者を馬鹿にしてるのか?
先日の大震災の影響らしいが、要らん事しよって。


大体、地デジになんてしなくて良かったんだ。
何の問題も無かったんだから。
寧ろ地デジになって不便になったっつの。


アナログ、カムバック!!


暫くは録画問題でモヤモヤする日々が続きそうだ…。

◆地震◆-じしん-

「東北地方太平洋沖地震」。
滅茶怖かった…。

震度五強の地域に居たけど、家族共々無事に済んだのは幸い。
しかし余震は未だ未だ続いている。
小心者故毎日ビクビクしながら生活している状態だ。

とは言え、ビビりながらもちゃんと家に帰れて温かい飯も食えてネットやテレビで情報が得られるのは幸せな事だと思う。
一寸平和ボケしてた。

天災はこちらの都合なんて関係無く、気紛れに、理不尽な力を振るう。
知っていたけど解ってなかった。

震度五強でこれだけ怖かったのだ。
酷い被害を受けた地域の人々の恐怖は相当な物だったろうし、それは今も継続していると思う。
その上、連絡の取れない親族の心配や食料不足や寒さも加わると、精神と肉体に掛かる負担は何倍にもなるだろう。

実際そんな目に遭った事が無い為、連日のテレビで報道されている現地の映像を見て想像するしか出来ないが、それでもかなり辛い物だという事は解る。


今が一番大変な時期だと思うし、こういう書き方は無責任で無神経かもしれないが、被災地の人々が少しでも元気になっていってくれればと思う。

自分には募金位しか出来ないけど、出来る事をやりたい。
金持ちじゃないから足しにすらならないかもしれんけど、励ましの言葉だけで済ませるのは何か嫌だ。

自分が怖い目に遭って初めて行動し出すなんて現金な人間だと我ながら思うし、この記事を読んだ人もそう思うだろうが、何もしないよりマシだと思う事にする。


明日、募金して参ります。
被災地の方々、辛いでしょうけど心を折らないで下さい。


わしも頑張る。

◆雲蔽◆-くもにおおわれて-

日食は観られんかったよ…。
ピークの時間に窓開けたけど、空は一面灰色だった…。

悔しかったから不貞寝してやったわ!!


次は二十六年後とか言う話だが、部分日食ならもっと早く観られるだろうか?

何でも良い、日食を観せろっ!!



さ、今宵もじゅるっと呑んで、明日も頑張ろう。

◆天気◆-てんきが-

明日は日食らしい。

中学生位の頃、部分日食を見た以来故、すんごい楽しみ。

…に、してたのだが、どうやら明日は天気が悪いらしい。
因みに次回の日食は二十六年後だとか。

ちきしょう、何故こんな時に天気が崩れる。
次の日食迄生きてるかどうか判らんっつーのに…!!

午前中だけで良い。
奇跡が起きて晴れてくれないもんかね。


よし、祈ろう。
酒呑みながら…!!

◆喉詰◆-のどにつまって-

給食のパンを喉に詰まらせて、小学六年の男子生徒が死亡…。


「喉に詰まる」と言うと餅や御飯等が先に出て来るが、パンも結構詰まり易い。
普通に食べていても、ロクに水分を摂らないと嚥下し辛い時が有る。


この事件でパンを喉に詰まらせたのは小学生。
しかも男子。
恐らく空腹に任せて勢い良くがっついたのだろう。
この年頃の子ならそんな行動も有っておかしくない。
そんなもんだ、小学生の昼飯は。
まぁこの子がそうだとは限らんけど。



秋狐が小学校五、六年の時、クラスに早食い、大食いの奴が何人か居た。
中でも四天王みたいに言われてる連中が居たのだが、その内の一人なんかは開始三秒で食い終わったという伝説を持っている。

当時秋狐含む周りの生徒は一発芸的なノリで「凄ぇー!」とか言って盛り上がっていたが、一歩間違えれば今回の事件と同じ事が起こっていたかもしれない。

どんなに腹が減ってても、素早く御代わりがしたくても、慌てずに食う事が大事だと改めて思った。


若人達よ、「勢い」も面白いから良いんだが程々に。
一寸した事で簡単に死んじゃうからね、人間って。


自分も物を食べる時は気を付けよう。
ちゃんと噛んで飲み込もう。






…この事件で改めて思い出したが、凄かったな、小学生当時のS…。
仲間内でも未だに話題になる猛者だし。
三秒って…明らかに咀嚼してないよね
奴等、あんな無茶な食い方して無事だったのは物凄く運が良かったからかもしれない。

◆何寂◆-なんかさみしい-

お…緒形拳が…!!


今日のニュースで訃報を知った。


特別ファンでもないし、この人の出演作品も多分観た事は無い。
はっきり言ってしまうと「よく知らない人」だ。
だが、テレビをあまり観ない秋狐でも名前と顔を知っている大御所俳優の一人。


だからだろうか。
何か凄いショック。


大御所と言えば丹波哲郎の時もショックだったなぁ。
「痛快!三匹のご隠居」が好きだったから余計に。
それにこの人は何か判らんけど永遠に生き続ける様な雰囲気有ったし…。
霊界の話、もっと読みたかったと今でも思う。



やはり大御所ともなると年齢も高い。
寿命有る人間なんだし仕方無いっちゃあそうなんだが、残念だ。


皆有り得ない位長寿になれば良いのに。

◆只呆◆-ただあきれる-

最初に注意書き。
秋狐は犯罪を肯定はしません。
悪い物は悪い





昨今、秋葉原で暴れた犯罪者に触発されたらしき人々の犯罪が目立つ。
実際に殺傷事件迄行かなくても。

「目立ちたかった」とか「むしゃくしゃしていた」とか言ってるらしい。


…は?

そりゃ目立ちたい人は居るだろう。
生きてりゃむしゃくしゃする事だって多い。

で、何でそれで「他人を傷つけて良い」事になったんだ?

目立つ方法なら他にも有るだろう。
芝居やるとかゲーセンに通い詰めて極めるとかボランティアを極めるとかゴミ拾いを極めるとか色々。

むしゃくしゃを発散したいなら他にも有るだろう。
格闘技をやるとかゲーセンに通い詰めて極めるとか酒呑んで寝るとかライブで弾けるとか色々。



彼等は道を踏み外す前に、小学生でも直ぐに判る結末に至らなかったんだろうか。

世間をあれだけ騒がせた「酒鬼薔薇事件」だって犯人は捕まった。
その後の犯罪でも掲示板に犯罪予告をした人間は捕まった。

本気でバレないと思っていたのか?
つーか二番煎じ三番煎じでも目立つと思っているっぽいのが痛い。


新聞を読んだだけだが、犯人の行動が何というか行き当たりばったりというか愉快犯的な物が先に来ているという印象を受ける。
こういった犯罪以外も含めて殆どの犯罪者が、「ルールを破った事によって受けなくてはいけない罰」を考えていない様に見える。
行動した事によって伴うリスクに覚悟が無さ過ぎる。
それは殺傷事件を起こさなくとも、掲示板や自身のブログ等に書き込みをする輩も。

今日の新聞で教師が「死ね」とかブログに書き殴って解雇されたとかいう記事を読んだが、やってる事が小学生以下で思わず半笑いになってしまった。

言葉を自由に話せる人間でも「言って良い事と悪い事」が有るのと同じで、それが幾ら自分のブログだろうと匿名掲示板だろうと「書いて良い事と悪い事」が有る。
しかも無自覚で書いてしまったのではない。
明確な悪意が見られる。
秋狐だってかなり余計な事を書いているが、流石に自分勝手な理由で他者を「死ね」とか罵倒する様な事は思っても書かない。
それを教師が書いていたのだから驚きだ。

ここ数年、こういう変な教師や「モンスターペアレント」とかいう神経質な保護者達が目立つ様になってきた。
嫌なもんだ。
おちおち友達と喧嘩も出来やせんよ。


いやまぁ一寸脱線したけど、あんまりこういう問題は見たくないな、と。
正直どーでもいーんだよ、あんなショボイ人間達のショボイ問題なんて。
もっと大きな問題で苦しんでる人達の方が多いんだから。

メディアも奴等に乗っからないでもう一寸クールになって欲しい。
騒ぐから面白がるんだし。



…しまった。
大分長くなってしまった…。
だが偶にはこういう事も書いとかないといかんかなと。
自分への戒めとしても。
後、変な表現が有ったら申し訳無い。
これでも頭悪いなりに頑張ってはみたのだが、結果が伴って無いやもしれぬ…。



さて、明日からはまた阿呆全開で頑張る所存。
…あれ?
「頑張らない」から「阿呆全開」なのか…?

…まぁいいや。
酒呑みながら調べ物でもしよーっと。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。