散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆高杉◆-たかすぎが-

世界史日本史に限らず、歴史が好きだ。
特に好きなのは日本の幕末。
その中で一番好きなのは新撰組と高杉晋作だったりする。
対極にいる二者だが、良いのだ。

そんな訳で今年の大河もちゃんと見ている。
主役は坂本龍馬だから新撰組の活躍があまり無いのは当然の事として、実は結構期待してたのが高杉。
「新選組!」の時は出なかった故、今度こそ、と思っていたのだ。

いやぁ出てくれて良かった。
顔の長さが足りなかったけど、そこは我慢。

で、その高杉がちょいと前の放送で死んだのだが、その回のビデオ編集をしていたせいか今朝の夢に大河の高杉が出て来た。

フィクションの方か、残念…ってのはさておき、夢の舞台は現代日本。
大正とか昭和の古めかしい雰囲気漂う寮みたいな場所。
その寮のだだっ広い和室が最初の舞台。
部屋を見渡すと幾つかの布団がバラッバラに敷かれてあった。

そして何故かずっと夜。

其処には自分の他に何人か居て、更に結核末期の高杉が。

何で隔離してねーんだよと先ずは軽く心の中でツッコむ。

高杉はタイムスリップでもしてきたのか、着流しに三味線、と大河と同じ感じの服装。
そんな彼と何人かを交えて雑談をしたが、その会話の最中もふらっと抜けてトイレに吐血しに行ったりしていた。

しかし高杉、病なんてなんのその。
自由にやりたい放題。
三味線を右に、芸子の様な綺麗なオネーチャンを左にダラダラゴロゴロ。
その上、その場で漢詩の書き下し文みたいな謎の文を秋狐に音読させる始末。

本人、それを空で言えるのだ。
人に読ませる前に三味線弾きながら詠ってたから。
それなのに敢えて人に読ませる。
意味が判らない。
しかし紙を渡されたし、受け取ってしまった故、取り敢えず読んでみる秋狐。

ところがその文章に有る難しい漢字が読めず、更に噛みまくりで真面に読めなかった。
だが高杉は何故か怒りも呆れも馬鹿にもせず、楽しそうにしていた。
が、その後もどういう訳か何度か読まされたのだった。
本当に意味が判らない。


突然、場所が変わった。
どっかのデカい病院みたいな場所に一人。
院内は空港の様な混雑具合。
本当に具合悪い人居るの?な活気。

何か用を済ませたらしい自分、外に出た。
やはり夜。

病院の敷地に若い男女六、七人が集まっている。
その中心には高杉晋作。
青白い顔で三味線を弾き、若者達と笑いあっている。
現代人の中に一人だけ幕末人。
物凄い違和感。

何やってんだあんたは…
再び心の中でそっとツッコみつつ、歩み寄る。

すると此処で超展開発生。

六、七人の男女は実は忍者らしい

で、その忍者の里だか一族に伝わる何か(詳細失念)を使えば高杉は助かるかもしれないから、一寸待っててくれみたいな事を言われた。

その言葉に高杉が頷いた。
自分もその忍者達の存在をあっさり受け入れ、お願いしますとは言ったものの、正直、それ迄持たないだろうと思った。

その瞬間、高杉と目が合う。

高杉は薄く笑った。
あ、本人も間に合わないと思ってる、と判った。


そして…


単音の「宇宙戦艦ヤマト」が鳴り始めた。


目覚まし、発動。
もう朝。

妙な夢を見たせいか一寸心が戻って来てなかったが、仕事が有る故、無理矢理起きた。


今度は元気な高杉(史実)が出て来てくれないかなぁ。
この人と酒が呑めたらさぞや面白可笑しいだろうに。

うむ、今宵も頑張って寝るぞ。
スポンサーサイト

◆夢刺◆-ゆめでさされる-

寝覚め最悪、な悪夢を見た。
久々に。


夢の中で知らんオッサンにナイフで刺された。
背中から左胸をグッサリ。

痛みは無く、衝撃だけを感じ、うつ伏せに倒れる。
頭の中はパニックだ。
「ヤバい刺された駄目かもしれん」とか何とか思いつつ、同時に「動いてはいかんかも」という気がして不動を貫いていると、周りの人々が一瞬静かになり、直ぐにオッサンを取り押さえるザワザワが聴こえ始めた。
同時に命に別状は無さそうだとの話し声もしていた。


気が付くと、無傷。
白い壁で天井の高い、デカイ病院の待合室っぽい場所。
一寸フカフカで背もたれの無い黒い長椅子に自分を含めて何人か座っている。
自分の位置は左端。
すると左横にさっきとは違うオッサンが立っていた。
何となく嫌な予感がするとそのオッサンが短剣の様な物を右ポケットから出した。
ヤバいと思った瞬間、またもやさっきと同じ場所を刺され、うつ伏せに倒れる。
そしてさっきと同じく一瞬の静寂の後にオッサンを取り押さえるザワザワが聴こえ始め、命に別状は無さそうだとの話し声。

これをこの後二回程繰り返した。
場所とオッサンはその度に違うのだが、刺される箇所とその後の周りの行動は一緒。


何とも殺伐とした夢だった。


あのオッサン共は一体なんだったんだろう。
こぞって同じ箇所刺しやがって…!


そういやぁ最近面白い夢を見てないな。
何かこう、ワクワクする様な夢を見たいんだが。


取り敢えず、今宵の夢に期待しようか。

◆麺人◆-めんとひと-

久し振りに意味不明な夢を見た。

色々な物がテキトーに継ぎ接ぎされて居る様な纏まりの無い夢。




学校へ行く時間だった。
午前八時過ぎ。
何故か高校生の秋狐。
だが実際に高校生だった時とは身の回りの物が何一つ合っていない。


そんな秋狐、現実世界では見た事も無い知らん道を早足で歩いている。
駅へ向かうつもりだった。
その途中、突然違う場所に瞬間移動。

しかしあまり違和感を覚えず、近くのコンビニでアイスを購入。
アイスの種類は失念。
学校の昼休みに食べる予定を立てていた。

コンビニを出ると再び瞬間移動。
今度は全く知らない、やたら長い商店街。
やはりあまり違和感を覚えず急いで商店街を走り抜ける。

商店街を抜ける頃、どういうわけか外国の祭りが盛大に行われていた。
白人の老若男女が沢山入り乱れている。
デカイ人形的な物体も有った。
恐らくまた瞬間移動していたのだろう。
日本人っぽい人は居なかった。
因みに外国の祭りなのに何故か皆日本語がペラペラだった。

その大盛り上がりしている人々の波を何とか縫って、道の先へ。

失念してしまったが、其処から何らかの理由で元来た道を戻ることになった。
またあの祭りを抜けるのかとうんざりしたが、引き返した時には祭りの集団は誰も居なかった。


気が付くと既に学校の授業中。
時計を見ると三時を過ぎている。
しまった。
五時間目じゃん。
アイス食おうと思ってたのに。

等と思っていたら、友人らしき二人が近寄って来た。
無論、現実には居ない知らない人だが、友達という設定。

その二人が面白そうに窓際の或る男子生徒を指した。
見るとその男子生徒、授業中にも関わらず春雨を啜っている。
吃驚して周りを見回すと何人かがやはり麺類を啜っている。
ラーメンやら何やら人によって様々。

しかし凄い共通点が有った。

麺が蛍光ピンク。

教師は何事も無かったかの様に授業を進めている。
また、教室はとても静かで食事中の生徒も静かに麺を啜っていた。


…何だ、このツッコミ満載の状況は?

まず友人二人、授業中に何立ち歩いてんだ?
別に、麺食ってる奴の事を教えてくれなくてもいいんだが…。

んで、食事中の数人。
今は授業中なのは勿論だがそれよりも、何で皆麺類だけ食ってんの?

つーか麺の色が気持ち悪ぃんだけど

不覚にも困惑してしまった。
この後、何だか知らん場所で再び謎のアイスを購入。




まぁこんな辺りで目が覚めた。
変な夢だったなぁ。

此処だけの話、あんなイロモノ学校が現実に有ったなら通ってみたかった。
ピンクの麺は食わんけど。

◆嫌夢◆-いやなゆめ-

今日は夢見が悪かった。
怖い夢とか面倒な夢とかじゃない。
じんわりと残る後味の悪さ。



最初は普通だった。
何故か知らない学校に居て、これから初めての授業が行われる、という状況。
やたら薄い国語の教科書が配られ、担任の男性教師の指示の元、音読が始まる。
教師は生徒が音読をしている最中、教科書を持って教室内をゆっくり歩いていた。

二、三人が読み、今度は秋狐の順番。
その時、教室の後ろの方で教師が倒れた。

殆ど白目を剥き、口から血を流している。
騒然となる教室。
誰かが「保健室の先生を呼べ」と言った。
秋狐は走って保健室へ向かう。

保健室は一寸病院みたいな作りになっていた。
つーか多分病院。
何故か学校に関係の無いであろう人も運び込まれていて、一寸修羅場な感じだった。

保険医らしき人に事情を伝えている間も、方々で医師連中が叫ぶ声が上がっている。
思わず目を逸らしてしまったが、「この人はもう内臓全部が駄目だ!」という声が聞こえた。
一瞬目に入ったのは内臓所か人の形を留めていない血だらけの肉塊。

早くこの場を後にしなければ間違い無く気分が悪くなる。
いつの間にか担任教師は運ばれて来ていたので、其処を後にした。

外に出た直後、時間は進んでいた。
教師が頭に包帯を巻いて歩いて来たのだ。
どうやら多少の後遺症は残ったものの、命に別状は無かったらしい。
一寸安心して担任に話し掛けた。


此処で夢が切り替わる。

場所はどっかの室内。
時間は真夜中。
其処には何故かエルプロさんの役者の方々が沢山居て、これから別の場所で呑み会が有るという。
こんな真夜中に?

他の方々は続々と現地へ向かい始める。
秋狐は支度に手間どった為、後から追い掛けると伝えると、「地下一階だから」と言われた。
建物の場所は直ぐ隣だと判っていたからこれだけの説明で問題は無い。

が、其処からが妙だった。


着いたのは一寸大きい病院。
しかも裏。
救急車等が急患を運んでくる用の出入り口。

だがこの病院の地下に行かねばならんのだ。
周りに誰も居ないので入り辛かったが、中へ入ってみた。

中は広々としているが何も無い。
部屋中緑の非常灯が点いている。

空の部屋を奥へ進むと又もや広くて何も無い室内に緑の非常灯。
まぁ真夜中だし、と思うが妙に薄気味悪い。
見ると右手壁側にドアが有る。
きっと其処から入れば院内へ行かれるだろう。

近付いた。
するとドアが開いて人が来た。

その人は老人を台車に乗せている。
だが老人は既に遺体。
胸の前で手を組んでいる。

なるべく老人の顔を見ないようにすれ違った。
特にこれ以上の接触は無かったが既に緊張はピーク。
早く目的地に着きたい、そればかり考えていた。

ドアを潜ると予想通り其処は院内。
もう夜中で暗いのに、医療関係者や患者が彼方此方に沢山居た。
そんな中、結構必死で地下への階段を探す。
途中、「あの人はもう駄目らしい」とかいう絶望的な会話が聞こえてくる。

聞きたくない。
早く此処を離れたい。



少ししたらやっと目が覚めた。
階段は結局見付からなかったが、ホッとした。




しかし何であんな夢を見たのやら…。
今迄残酷な夢は見た事有るが、あんな陰鬱で気味の悪い夢は珍しい。
強敵に襲われて逃げるとか戦うとかの恐怖ではない。

「死」その物の絶望感。
それも直前や直後の。
しかもそれを強制的に目の前にぶら下げられて見せられる嫌悪感。


正直この前の全国辻斬りゲームの方がマシだった。
夢でも人死は嫌だ。

今夜は良い夢が見られますように。

◆斬夢◆-きるゆめ-

昨日見た夢だ。




場所は元地元。
誰かと一緒に居た。
失念してしまったが、多分よだれ丸かぱヱだったと思う。

最初は職探しをしていたのだが何故か途中から妙な条件が発生し、それ先をクリアしなければならなくなった。

その条件とは。

日本に居る「人外の者」を斬る事

何だか凄くゲームっぽくなったなぁ等と思っていると、以下の設定が頭に流れ込んで来た。

・「人外の者」の見た目も動くスピードも人と変わらない
・人語を話せる
・人間を発見すると問答無用で攻撃を仕掛けてくる
・人間と見分ける目印は奴等の行動だけ


気が付くと周りには誰も居らず、目の前には日本列島だけが乗っている馬鹿デカイ地図が一枚。
その地図には一部うっすらと茶色や灰色等の色が付いている。
それを見た時、再び世界設定が頭に流れてきた。

・色が付いた土地は「人外の者」を倒し済みの土地で、色の付いていない土地は未処理
・地図上の白い土地を選択すると、現地へ勝手に転送される
・転送された土地の「人外の者」を全て斬り倒さなければ元の場所へ戻れない


めんどくせーと思いつつも仕方無く白い土地を選択する。
その瞬間、周りの景色が一瞬で変わり、見た事の無い場所になった。
周りは岩ばかりで、空は無く、ドームの天井みたいな物で覆われている。
その上いつの間にやら右手には剥き身の日本刀一振りを握っていた。

マジかよ何だよここは。

ふと顔を上げてみると十数人の人が。
だが「人外の者」だったらしい。
奴等は此方の姿を見ると血走った目をして一斉に走って来た。
手には各々鈍器の様な物を持っている。
どうやら集団でフルボッコにする気らしい。
ゲームの様なふざけた設定とはいえ、このままでは己の身が危うい。

意を決して使った事も無い日本刀を構える。
奴等は何か言っていたが、失念。
確か「死ね」とか「殺す」みたいな事を言ってた気がする。

殺意を持って向かって来るなら容赦する義理は無い。
片っ端から叩き斬った。

流石、夢。
持った事も無い日本刀を簡単に操れる。

一通り斬ると再び一瞬で景色が変わり、目の前にはあの馬鹿デカイ地図が。
改めて見ると地図の色が付いているのは北海道を始めとした幾つかの北国。
全国に色が付くには未だ未だ時間が掛かりそうだ。

ちっ、何だこの面倒な事態は。
溜め息を一つ吐き、楽そうな白い土地を探す。
北の方から色が付いてきているから順番に南に向かう事にしようと、北国から一つ選んだ。
するとまた設定が頭に…。

・今選んだ土地は「人外の者」では無い、違う民族が住んでいる
・彼等は敵では無いが友好的でもない
・しかし味方にすれば大きい


つまり、何としても味方に付けろ、という事らしい。

おい。
どうでもいいけど他に味方は居ないのか?
何で秋狐一人で全国辻斬りゲームをしなきゃいかんのだ。

だが文句を言っても誰も居ない。
そしてもう転送は終わっていた。

砂と岩ばかりの場所に、白いというかやや黄ばんだ外套に身を包んだ集団が居る。
彼等は攻撃こそしてこないが、嫌悪感を顕わにした目で此方を見る。
そうかアレが「人外の者じゃない民族」か。


さて、どうやって話し掛けよう?
それよりも自分、人見知りだから無理じゃね?
絶対溝作って終わるだろ。
つーか向こうさん、「話し掛けんな消えろや」みたいな目してんだけど。
行きたくねーんだけど。


と、剥き身の刀を持ったまま暫し思案。


…しかし、途中で目が覚めてしまった。




一昨日は爽やかな夢だったのに、何で昨日はこんな殺伐とした夢を…。
まぁ後味悪い夢じゃなかっただけマシか。

◆鯨烏◆-くじらとからす-

凄く久々に面白い夢を見た。
幾つか移り変わった夢の中の一つ。
他は失念。



気が付くと広場に居た。

白くてデカイ噴水が有って、イベントでも有るのか老若男女が大勢居る。
服装はRPGに出てくる様な、中世ヨーロッパの庶民風。
何処の国かとかは不明。
広場の地面と噴水はタイルの様な石で敷き詰められている。

其処に秋狐は相棒と一緒に居た。

相棒と言っても夢の中の設定で、現実には存在しない生き物だ。
その相棒は「」。

勿論普通の烏ではない。
中型犬より一回り小さい位の馬鹿デカイ烏だ。

その烏は言葉こそ話せないが意思の疎通が出来る、不思議な生き物だった。
因みに夢の設定は雄。



ふと空を見上げる。
晴天。
その青い空を蒼い鯨が泳いでいた。
だがその鯨も普通ではない。
空を泳いでいる時点で普通ではないのだが、体が透けていて、中身が機械なのだ。

鯨はクルクルと楽しそうに空を泳ぐ。
すると周りから歓声が上がった。

キカイクジラだ!

まんまじゃねーか…じゃなくて、一寸驚いた。
周りの人々の騒ぎをこっそり盗み聞くと、あの空を泳ぐ鯨が出現するのは珍しい事らしい。

もう一度泳ぐ鯨を見る。
何だか楽しそうだ。
秋狐は相棒に言った。


こっちも飛ぼうぜ


あの鯨を近くで見たい。
そう思った。

烏からは返事は無かったが、「判った」という「意思」というか「気配」というかが秋狐に流れ込んで来た。
その直後、烏が巨大化。

夢故、そんなぶっ飛んだ事にも動じない。
相棒が巨大化するのは「当たり前の事」だった。

象よりデカくなった烏の背に飛び乗ると、烏は空を飛び始めた。
まず水が絶え間無く噴出している噴水の上迄。
いよいよ鯨の元へ、と思ったが、鯨の姿は既に無かった。

仕方無く広場の上空を旋回。
青空の中を飛行するのは楽しかった。

と、その時。
どっかから巨大な生物(何かは失念)が飛行の邪魔をしてきた。
その生物の上には小学生位の男女が五、六人乗っている。
こちらと何かを競いたいらしい。
何か喧嘩腰だった。

しかし面倒なので無視して地面に降りる。
鯨も居ないし、飛ぶ理由はもう無い。


地面に降り、数歩歩く。
其処で残念ながら別の夢に切り替わってしまい、終了。





何か良い夢だった。
久々に楽しかった。

やはり夢はこうでなくては。

◆急急◆-せかされてせかされて-

最近、忙しい夢を見る事が多い。

「夢」の世界に急かされるのだ。
「目覚める前に最後迄全部体験して行け」と。

「夢」の内容はいつも通り幾つか変わるのだが、そのどれも展開が目まぐるしい。
「この時間迄にアレをしなければならない」+「予想外の展開で間に合わない」等。
この展開が状況を変えて二つも三つも…。

例えば今日見た「夢」。
詳細は省くが、仕事の時間迄に買っておきたい物が有り、博物館内の様なだだっ広い場所に居た自分。
長蛇の列の中何とか購入したが、時間はもうギリギリ。
その時、気が付く。
自分は今、片方しか靴を履いていない!
急いで戻って靴を探す。
何処で無くしたか皆目見当が付かない。
店の係員に聞く。
判らない。
そして何故かそのまま館内で迷う。
入って来た入口は入口専用で、出口は全然別の場所に有る。
他の客が邪魔でスムーズに動けない。
もう時間には間に合わない。
見付けた出口は遠回りルート。

別の場面に飛ぶ。
何が目的かは失念したが、夕方誰か(この人物も失念)と急いで或る場所に向かわねばならず、道を急いでいる。
散々走り回ったが途中で日が暮れてしまい、時間切れ。
だが帰るわけにも行かずそのまま向かう事に。
いつの間にか山道の様な場所に居る。
周りには同行者を除いては人っ子一人居ない。
其処は坂道になっているが、道の真ん中は抉れていてコンクリートで整備されていた。
更に中央には水が流れているのだが(「川」という設定)、水は真っ黒。
夜だという事を考慮しても、水にしてはドロドロしている。
何故か突然その川で釣りをせねばならなくなる。
勿論、制限時間は後僅か。
必死で釣ろうとしていると、同行していた誰かが頻りに邪魔をしてくる。
イライラが増す。
同行者はこっちを邪魔している割に順調に魚を釣っている。
こっちは突然、足元に「明らかに突然変異じゃね?」という感じのバケモノじみた蟹が殺気丸出しで這い上がって来ていた。
終了時間は迫る。
最早このバケモノでも構わん、と蟹を蹴り落としつつ釣り糸を垂らすがガン無視され続ける。

そして時間終了。
目が覚める。

実はこの他にも見ているのだが失念。


色々やる事に追われているからこんな切羽詰った「夢」を見るのだろうが、休んだ気がしないのが困る所だ。

もっと楽しい夢が見たい。

◆夢手◆-ゆめでてを-

昨日見た夢。

土曜の夜、「明日は仮面ライダーだ」と思いつつ眠りに就いた自分。
色々夢を見て、目覚める直前の夢。

何故か「獣拳戦隊ゲキレンジャー」でゲキレンジャーの師匠である猫「マスターシャーフー」が登場した。

ゲキレンジャーではマスターシャーフーが一番好きな自分、ワックワクで(←馬鹿)握手して貰った。

身体よりも結構小さい前足。
モフモフの肉球。
その前足を両手で握り、至福の自分。

が、その時、シャーフーが言った言葉に凍りついた。

手がガサガサじゃのう。なんとかせい!

待って待って、マスターシャーフー!
今年はそんなにカサカサしてないんですってば!

だいたい、水仕事もしないのに手の内側がそんな「ガサガサ」になるわけないでしょ!

でも言い返せない自分。
つい「……き、気を付けます…


目が覚めて、つい掌を見てしまったのは此処だけの話。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。