散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆夢叶◆-ゆめがかなう-

夢の味噌汁

ママ上が作ってくれた念願の「油揚げだらけの味噌汁」!!!

自分でいつか作ろうと思っていたのだが、億劫がって延ばし延ばしにしたいた。
しかし、今日バイトから帰宅したらこんな素晴らしい味噌汁が出迎えてくれたのだ。
これを見せられて食べないわけにはいかぬ!やはり油揚げの味噌汁はこうでなくては!
嬉々として器に盛った。

主に油揚げを。

夢の実現

今宵の夕飯は実に幸せだった。
スポンサーサイト

◆中止◆-ちゅうし-

今日、大分前から予定していた友人連中と集まって花火をする企画が中止になった。
しかも待ち合わせ約二時間前に。

故に予定が空いてしまった。
家族には夕食はいらないと言ってあった為、家に帰っても飯は無い。

折角だから、丁度近場に来ていた参加面子一人を誘って夕飯へ。
最初はファミレスにしようとしていたのだが、
秋狐が肉が食いたいと我侭を言い、焼肉屋へ変更に。

我々の肉

花火中止は悔しかったが、肉はとても旨かった。
酒だって呑んでやったぜ!!


今年は皆で集まって花火をするのは無理かもしれないと一寸思いながら帰宅したのだった。

◆不飲◆-のまず-

今日は何故かずっと恐ろしく体がだるい。
風邪ではない。

恐らく貧血から来るだるさだろう。
ここ数日増血剤の服用をサボったツケが来たのかもしれん。

不味い。こんな所でだるってる場合ではないのだ。
遊ぶ為には健康で居なくては。

今日からまた頑張って増血剤の服用に励もう。
後は睡眠。食事は沢山摂っている為、問題は無い。

明日はいつもより一寸だけ朝が早い。
そろそろ体を休める為にダラつこうと思う。

◆傷治◆-きずがなおる-

先日、慣れない履物によって擦り剥けた足の指の皮。
傷自体は直ぐに塞がったのだが、その痕跡はずっと残ったままだった。

それがやっと綺麗に無くなりそうだ。
空気が間に入った白っぽい皮が上に出来ている。
これを取り、また新しい皮が綺麗に張り付いたら治癒完了だ。

長かった…。血が出たかさぶたなんか未だに取れないし…。
でもまぁ暫くは下駄を使うから問題は無いだろう。
こっちなら傷にも当たらないから再び同じ場所を負傷する事もない。

もうあの履物で長距離は歩くまいと今頃やっと心に誓う。

◆作成◆-さくせい-

来月に行く京都旅行のしおりを作った。

秋狐は毎回、徒党を組んで旅行に行く時はしおりを作っている。
今回は初めて全てをパソコンで。
いつもは全部ガイドブックの写真や文章をコンビニでコピーし、
カッターで切ってから紙に貼り付けていた。
それらはパソコンを使わない手作業。
ガイドブックに載っていない場所だけはパソコンからプリントアウトしたが、
やはりその後はカッターで切り取って貼り付け。

そんな自分が今回、殆ど使った事もないwordを使って作ってみようと急に思った。
勿論、最初は勝手が全く判らず、悪戦苦闘。無駄に長い時間が掛かった。
しかしその内に作業にも慣れ、楽に出来る様に。

そして印刷。
嬉しい事に自分が頭の中で想定していたのと殆ど同じ状態に仕上げる事が出来た。

無駄に時間が掛かったのは痛いが、作業はとても楽しかった。
それはまぁ上手くいったからなんだろうけど。



余談だが、しおりの表紙や裏表紙には毎回一寸したイラストを描いている。
今回の表紙はこれ。

しおり表紙

◆誤植◆-ごしょく-

ぺこぺ


お腹が「ぺこぺ」…。
どんな状態なのか見てみたい。

◆降格◆-こうかく-

駄目だった。冥王星は外されてしまったよ…。
理由は尤もだとは思うが、やはり初めて太陽系を習った時以来、
親しんできた天体だけにとても残念だ。

この冥王星、カロン、セレス、2003UB313等は「矮惑星」という呼称で纏められる様だ。

これ等の名称もまだ検討される様だが、出来るなら判り易い名にしてもらいたい。
つーかもう「矮惑星」でいいんじゃね?

今回はあまり嬉しくない結果になってしまったが、今度天体関連のニュースを見る時は、
新しい天体発見とか、何かそんな感じの心躍る物を期待する。


余談だが、天体関連の記事を見る為に開いた新聞に別の興味を引かれる記事発見。

奈良の唐招提寺で1200年前の文様の一部が見つかったらしい。
こういう面白記事がもっと増えると、新聞を読むのも楽しくなるだろうに。

◆消星◆-きえるかもしれないほし-

何てこった!冥王星が太陽系から除外されるかもしれんだと!?
今までのはそのままで何故いかんのだ、偉い人達!!!

除外が本決定になれば、きっと冥界の王を敵に回す事になるんじゃなかろうか。

冥界の王ハデスよ。秋狐は悪くない。断じて悪くないぞ。
そりゃあ「惑星占い」では木星だったけどさ。
………駄目だ。何か疲れてろくな事が書けない。

もうさ、双子星とか兄弟星とかでカロンとセットの惑星でいいじゃんか、偉い人達。
「冥王星」って名前も格好良いし。少なくとも「2003UB313」よりは。

最終決定を知るのは明日になってしまうが、何卒、良い方向に。
今まで親しんできた名前が消えるのは薄ら寂しい故。

◆変占◆-かわったうらない-

暫く占いの話ばかり書くだろう事が容易に想像がつく秋狐。
今回も性懲りも無く占いネタ。

今回のは表題通り、一寸変わっている。
この占い、フラッシュで出来ているのだ。

その名も
ウラナイマショー」!!

何だか様々な生き物(?)に例えて占ってくれる。

因みに秋狐は「エイリアン」。
何か色々と浮いてしまう体質らしい。ある意味当たってはいるが(笑)。

久々に違った意味で変わった占いを見つけられて楽しかった。

◆悪者◆-わるもの-

さっき見つけた面白占い。
ワルモノウラナイ

「十二の質問に答えると、二十五のかわいい犯罪者(謎)の中から
己のタイプがわかる占い」なんだそうだ。

面白そうだから試しにやってみた所…。

あなたは救いの神 御仏(みほとけ)です。

…ワルモノじゃねえええええええッッ!!!

いや、でも何か面白かった。こういう不真面目な占いも大好きだ。

誰かこの占いを試した人、結果を教えてくれると嬉しい。
御仏は待っています(笑)。

◆暗号◆-あんごう-

今年の七月十五日(土)の出来事。
秋狐はいつも通りバイトへ。
レジに入る前は、レジでの作業に支障が出ない様、以前と変更が有った事項を確認する。

その日、鮮魚の商品の幾つかがバーコードを読み取るのではなくボタンを押して
読み取る物だった。
スポット(要するにカンペ)を見て確認。
通常、このスポットには「あじ 1尾」等と書いてある。
しかし、この時一つだけ謎の商品が。

h 1パイ

……何これ?

通常「ハイ」と数えるのは蟹か烏賊位。
頭文字だけ入力して決定したと仮定してみたが、どちらも「h」で始まる物じゃない。
他に特殊な数え方をする物が在ったとしても、一介のスーパー如きに
そんなレア物が置いてあろう筈がない。

じゃあ、何だ?
だがいつまでも悶々と考えていては仕事が出来ない。
よし、社員に聞いてみよう。

秋狐「あのー、この『h 1パイ』って何ですか?」

社員「ああ、それ秋刀魚

全部間違ってんじゃねぇか。

この店でバイトを始めて長いが、こんな見事な間違いを見た事がない。
何だかこれからも期待してしまう。

◆表示◆-ひょうじ-

秋狐はスーパーでレジのバイトをしているのだが、バーコードを機械で読み取ると、
たまに変な表示になっている商品が有る。

数日前にここで書いた「ブロツコリー」や「キヤベツ」の他、
ウインナーの「プリモア」が「プりモア」(「リ」だけ平仮名)だったり、
「スティック春巻き」が「ステック春巻き」だったり、
「食パン」が「食パンン」だったり…。
しかもこれ等、未だに直っていない。まぁ値段が合ってれば支障は無いのだろうが…。

因みに値段表示の間違いも多々有る。
以前レタスのバーコードを読み取った時の事。表示されたのは、

大葉 1円

値段どころか商品名までがおかしい。大葉じゃないし。

その他、五個入りのじゃがいも(確か198円位)が「5円」になってたり、
398円の紫蘇のパックが「5円」になってたり、
198円の真空パックのきんぴらごぼうが「99,999円」になってた事も有った。
この時は合計金額が十万を越えるという恐ろしい事になっていた為、
一寸慌てて直したっけ(遠い目)。

金額の間違いは店の人間としても非常に困るのだが、
品名表示の違いは、結構楽しませて貰っている。

話のネタになるので、また面白い間違いを出してくれると嬉しい。

◆唇塗◆-くちびるにぬる-

先日、妹と出掛けた時の事。
ぶらぶら歩いているとドラッグストアが。
丁度リップクリームを買いたいと思っていた秋狐、妹と共に店に入った。

店内は思ったより広く、一寸面白くなった自分はリップクリームを探すより先に
他の物を物色する事に。

妹が見つけた「ビオヘルミン」の下痢止めの高さに驚き、
物悲しい表情のイラストが描いてある目薬に笑う。
その後、目当てのリップクリームを物色。
リップクリームが有る売り場にはグロスも置いてあった。

グロスとは、あの唇をテッカテカにする代物だ。
そのグロスに妹が興味を示していた。
化粧方面に関し、関心が無い秋狐は一寸意地悪し、
妹にこんな事を言った。
グロスって塗ると肉食った後みたいにギラギラになるんだよな

身だしなみを秋狐よりも気にする妹はこれに「違うよ」と反論。
ほう、やはり女子。
化粧グッズに関しての否定的な発言には物申したいか。
そう思った。

ところが…。

妹「違うよ!肉じゃなくて天ぷらだよ!!

…そっちかいッ!!

流石は我が妹。目の付け所が違う。
頼もしい、実に頼もしい。将来がとても楽しみだ。
………もう社会人だけど……。

◆喉渇◆-のどがかわく-

昨日今日はとても喉が渇く。
カラッと晴れた暑い日よりも、じめじめした暑さの日の方が喉が渇くというのは不思議だ。

夏でもそれ程水分摂取をしない秋狐。一日五百ミリリットルのペットボトル一本で足りる。
そんな自分が、こんな日は楽に二本分位飲んでしまう。

そういうわけで、今日は珍しく健康的に水分を摂取出来た自分。
しかし中途半端に冷房が効いた室内に長く居た為、妙にだるくなってしまった。

やはり人工的な風は頂けない。
自然の涼しい風に当たりたい所だ。
東京に居る限り、本格的な秋まで待たないといけないが。

冬?冬は問題外だ。冬は引き篭もるに限る。鍋だ、鍋。

◆惑星◆-わくせい-

今日の新聞は久々に面白かった。
天体の話が載っていたからだ。

秋狐は宇宙とか星とかが大好きな為、この手のニュースは食い入るように見てしまう。
その割には全く詳しくないが…。

で件の話の内容だが、太陽系の惑星が増えるかもしれない、という話が載っていた。
今までに知られている「水星」「金星」「地球」「火星」「木星」「土星」
「天王星」「海王星」「冥王星」の他に新たに三種の惑星、
「セレス」「カロン」「2003UB313」を加えようという話が持ち上がっているのだそうだ。

それは面白いから別にいいんだが、今更カタカナの惑星が追加されると、
以前の漢字ばかりの惑星名で覚えた自分としては何だかむず痒い。
「2003UB313」に至っては日本語が全く無い始末。しかも覚え難いし…。

もしこの話が決定になる様なら、教科書ではもっと判り易い名前も併せて表記した方が
いいのではないだろうか…?
「セレス」と「カロン」は神話も有るし、覚え易いから平気だろうけど。

ああ、しかし、いつ見ても天体の話は面白い。
久々にプラネタリウムにでも行こうかな。

◆箱写◆-はこをうつす-

リフレツシュ

偶然某店の前で発見、デカイ箱。
まぁいくら何でもただデカイだけなら写真には収めなかった。
では何故わざわざ写真に残したのか…?

箱に書いてある文字を見て貰いたい。
パッと見「リフレッシュインソール」だ。
だがよく見ると…

リフレツシュインソール

惜しい!

…何故「ツ」も小さい文字にしない??

そういえば秋狐がバイトしている店でも、
小さい文字にすべき字が大きい文字で表記されるのをよく見掛ける。
キヤベツ」「ブロツコリー」等…。
まさか小さい文字変換も出来ない程古い機械って事も有るまい…。

世の中、結構テキトーに出来てると思う。

◆忘慌◆-わすれてあわてる-

危ない危ない危ない。
図書館で借りていた本を返す日が今日だって事すっかり忘れてた!

何となくふと見た本棚。下の段の一番取りやすい位置に、
図書館で借りた本を置いていた。

早く次の本も読みたいな、などとぼんやり思っていた時、
目に飛び込んできたのは既に読み終わった(借りた中で)一番最初に借りた本。

ん?そういえばこれだけ返す日が違うんだっけ…。
いつだったかな…。
手に取って返却日を確認する秋狐。
……!!!!!!!
今日じゃんかよオイッ!

今日は出掛ける用が有るが、その前に一寸行って返してこよう。
ああ良かった、思い出せて。

◆布団◆-ふとん-

今日は天気が良かった為、布団を干した。

だがしかし、たかだか布団を干す事を決めるのにかなりの期間を有した。
何故なら、秋狐の部屋の窓は布団を干すのにはあまり適さない造りだからだ。
もっと楽に干せるスペースが有れば、(多分)億劫がる事無く布団を干していたであろう。

いや、別に窓が奇怪な形状をしているわけではない。
問題はそこではないのだ。
一番の理由としては、勿論「面倒だから」なのだが、他の理由も有る。
それは、布団を干す時、当然窓は全開にしておかねばならず、
その間に虫やら何やらが入り放題になってしまうという事だ。

今日は幸い小蠅が一匹入って来ただけだったが、
隣の家の屋根が丁度秋狐の部屋の窓の少し上に有る為、いつ烏が入って来てもおかしくない。
たまに物凄い近くを烏が行き来しているのを見掛ける為、
一寸ビクつきながら布団を干した。

ヘタに烏を追い出したら後々何をされるか判ったもんじゃない。
奴等は人間を完全にナメ切っている。
故に何としてもこちらの根城に入れるわけにはいかん…って何の話をしてんだ自分…。

そうそう、布団。
しっかり干したから、きっと布団に潜んでいる謎の虫達も息絶えてくれた事であろう。
見えないからそう思おう。

◆焼鯵◆-やいたあじ-

久々の缶詰シリーズ。
今日、バイトしている店で見つけた缶詰。

あじ塩焼缶

やったやった!!魚の塩焼き缶だ!!

無論、迷わず購入。
早速今宵の酒の肴に。

さて、照焼缶の時の様な状態を危惧しつつ、蓋を開ける。

あじ塩焼缶中身

おお、汁が少ない!
そもそも焼き魚に汁なんぞ有るのがおかしいのだが、
照焼缶はもっとヒタヒタだった故、妙に感激。

では、肝心の味は…。恐る恐る口に運ぶ。


………ッッ!!!!!!


や、焼き魚だーーッ!!

ちゃんと塩焼の魚の味がする!!甘くない!!ビチャビチャしてない!!
これだよ、秋狐が求めていた焼き魚缶は!

あ、これ、骨まで食べられるって書いてある。
牛乳が天敵の身にとって、有難い代物でもあるわけか!
素晴らしい!今度の学会で発表しよう。


今宵も楽しく酒が呑めそうだ。

◆消謎◆-きえるなぞ-

やはり携帯がおかしい。

今日の午前三時に充電が終了した我が携帯。秋狐は充電器を片付けて就寝した。
午前九時半起床。携帯をマナーモードに戻そうと画面を見ると、
電池マークが二個。
おいおいどうなってんだよと思ったが、用事が有る為そのまま持って出掛けた。
午後十二時(起床からこの間、一度も携帯を使っていない)。ふと携帯を見ると、
電源が切れていた。

実は移動中に面白い物を見つけたのだが、携帯が鉄屑になっていた為、撮る事叶わず…。

もうこんな事になるのは三回目か四回目だ。まだ買って一年しか経ってない。
電池パックを変えた方がいいのだろうか…?
このままこの携帯を使い続けるのは危険だ。
肝心な時に電池が切れる事態になったら目も当てられない。

今度どっかの店へ行ってみようと思う。

◆濁流◆-だくりゅう-

また面白い携帯ゲームにハマっている。
以前ここに書いた無料携帯ゲーム「酒と土産と鬼嫁と私」、「走れ!ホルスタイン」
と同じサイトに有ったゲームだ。
その名も「突撃!冒険野郎・大河濁流編」!
落としたのは大分前だが、まだ楽しんでいる。
因みにストーリーはこれ↓

彼等は命知らずの冒険野郎。

スリルとロマンを求め世界の秘境を冒険していた。

今回、彼等は鬱蒼と生茂る密林にいた。

疲労困憊の中、朦朧とした意識のまま先へと進む。

すると突然、視界が開けた。

隊員達の目の前には巨大な大河が横たわっていた。

隊員:「隊長、河です!!」
隊長:「かなり広いな。」
隊員:「どうしますか?」
隊長:「うむ・・・。俺達は命知らずの冒険野郎だな?」
隊員達:「はい!!」
隊長:「よし!泳いで渡るぞ!」
隊員達:「了解しました!」
隊長:「俺はボートで先に行ってるからな」
隊員達:「ええぇーー!?」

こうして冒険野郎達の挑戦が始まった・・・。


泳ぐ隊員は三人の中の一人を選択。後はピラニアと丸太を避けながら延々と泳ぐ。
種類的には「走れ!ホルスタイン」と似た様な感じだが、面白い。
で、結構難しい。
泳いでいる最中にピラニアを回避しようと泳ぐのを止めたら、
流れてくる丸太に接触して果てたり…。
うっかり津波に攫われ、滝まで流されて果てたり…。

今は「~鬼嫁と私」より「~ホルスタイン」よりこのゲームで遊ぶ方が多い。
暫くは飽きずに遊べそうだ。

余談だが、もっと阿呆なゲームも落とした。気が向いたらここに書こう。

◆溜疲◆-たまりゆくつかれ-

どうも最近、甘い物が食べたいと思う。
こういう時は疲れが溜まってきているのだ。
以前ここに同じ事を書いてからそんなに日が経ってないのだが、
疲れという物は容赦が無い。
元々体力が無い秋狐。他の人と同じ様に休んでも先にへばる。

やはり肉を食ってるだけでは駄目らしい。
肉と甘い物、食欲が無くなったら辛い物。これだ!

今は肉で酒を楽しんでいる。
よし、これが終わったら冷蔵庫に有るあんみつに手を出そう。
疲れが溜まっていい事なんぞない。

これからの夏は肉と甘い物と辛い物で乗り切ってやるのだ。

◆下駄◆-げた-

先日、新しく下駄を買った。
以前買った下駄はまだ履けるが、それよりも一寸細身の下駄が欲しかったのだ。

もう一昨年位からずっと探していた。
だが、店には細身じゃない物か細身でも値の張る物ばかり。
バイトの給料を考えると、買うのを躊躇う値段。
しかし旅行が控えていなければ少し位値が張っても買ってしまっていただろう。

だが今回、せっかちな秋狐にしては珍しく耐えた。
もう少し待てば、手頃な値段の良い品が見つかるかもしれない。
その願いが通じたのか、思ったより安い品が見つかった。

気に入った下駄は二種類有ったのだが、下駄ばかり買っても仕方無い。
置き場が無いし、何よりなるべく出費を抑えたかった。
迷いに迷った末、値段の安い方の下駄を選んだ。
細身具合は諦めた方の下駄がピッタリだったのだが、
購入した方のデザインが気に入った為、こんな結果に相成った。

焦って買わなくて良かった。近々履こうと思う。

◆間空◆-まがあく-

録画したまま放置していた「新・桃太郎侍」の第一話を視聴。

高橋氏版の「桃太郎侍」を観た事が無い為、先入観をあまり持たずに観る事が出来た。
だが、有名な名台詞「一つ人の世の~」が無かったのが残念。
「桃太郎侍」と言えば、という位の台詞。聞いてみたかった。

もっと欲を言えば高橋氏版のを観てから「新~」を観たかった。
ママ上曰く、「新~」とは全然違う代物らしい。

成程。「桃太郎侍」と「新~」は全く別の物語として楽しんだ方が賢明かもしれん。

そういえば、「世直し順庵」同様、戦闘場面の音楽が格好良かった。
でも着メロはエンディングオンリーなんだろうな…。
いつも時代劇は蔑ろにされる。
「続・三匹が斬る」のオープニングが欲しかったのに、着メロのサイトには
「三匹が斬る」のオープニングしか置いておらず、
上記の「世直し順庵」はエンディングだけ、「痛快!三匹のご隠居」に至っては
番組名すらない始末。

時代劇がもっと爆発的にヒットしてくれないかと今結構本気で思っている。

ええと、ああ、「新・桃太郎侍」の話ね。
まぁこんなもんじゃないかな。主人公の生まれの謎については面白そうだ。
取り敢えず飽きるまでは観続けてみようと思う。

◆過夏◆-すぎるなつ-

明日は八月八日、『立秋』だ。暦の上では明日から秋。
今日は夏の最終日なわけだ。

確かに夏に相応しい暑さだった。
一寸寝過ごした為に、一番暑い時間帯に外出する破目になった自分。
正直結構辛かった。普段外では飲料を買わないのだが、今日はそうもいかず。
途中で倒れても困るし…。
帰宅後、そんなに歩いていないのに思ったより疲れていて驚いた。

しかしまぁ目的の物は買えたから、一寸位の疲れは我慢しよう。
ゆっくりだらついて回復させればいい。

余談だが、今日、八月七日は『鼻の日』なのだそうだ。
何で『鼻』?『花の日』の方が良さそうな…。
まさか耳鼻咽喉科が裏で糸を引い…いや、なんでもない。

◆手伝◆-てつだい-

昨日は疲れと時間の無さの為に書けなかった、昨日の話を書こう。

昨日、とある劇のお手伝いに参加して来た。
公演は金曜から今日(日曜)まであったのだが、都合上土曜のみの手伝い。
といっても臨時参加の上、未経験の身の秋狐。
一般の常識すら危ういのに、芝居関係の常識なぞ判る筈も無く、
指示されないと動けないという始末。
はっきりいって手伝えていない…。
しかし当初はそれにすら気付けない程、緊張していた。

途中、芝居を観ても良いとのお許しが出た為、昼の回を観劇。
泣けるシーンが多々有った為、正直辛かった。
真っ赤な目で受付の仕事をするのは間抜け過ぎる。
故に必死で堪えた。

後は夜の回で終わり。
一寸気を緩めたその時、ビデオ係の命が下った。
夜の回の一部始終をビデオに収める、という役を授かったのだ。
ビデオなんて再生しか障った事の無い秋狐、大いに焦る。
しかし、丁寧に操作を教えて貰い、仕事に臨む。
結果、一寸失敗は有ったものの、何とか撮影成功。
芝居も無事終わり、一部の役者の方と夕飯を食べて帰宅した。

役者及び演出、スタッフの方々
お疲れ様でした!全く役に立てませんでしたが、
普段縁の無い「舞台裏」という空間を動き回る事が出来たのは貴重でした。
お芝居共々楽しませて頂き、有難う御座居ました!

さて、自分はこれから残暑見舞いと旅行の計画書の製作をしなければいかん。
今年の夏は妙に忙しい。

◆甘白◆-あまくてしろい-

決して牛乳ではない。
あれは秋狐の天敵だ。絶対にない。
そして飲むヨーグルトでもない。これは好きだが最近買ってない。

ではそれ以外の「甘くて白い」物とは…。

そう、カルピスだ。

昔からこの飲み物が好きで、よくママ上に強請ったりしていた。
しかし、長じて金が自由になっても「カルピスウォーター」は滅多に買わない。
何故って、既に作られたカルピスよりも、
自分で濃さを調節しつつ作る手作りカルピスの方が好みだからだ。
因みに一寸濃いめが好き。
今日は二杯作って飲んだ。

小さい頃は「歯が溶けるからあんまり飲むな」とかママ上に言われて、
殆ど飲めなかったカルピス。
大人になった今、それ程気にせずに飲む事が出来るのが嬉しい。

明日も明後日も飲もう。
………………気が向いたら。

◆出産◆-しゅっさん-

ここによくコメントを残してくれるhisyou88が今日、
無事に男児を出産したそうだ。

仕事終了後、出産のメールを貰い、人の事なのにそわそわした秋狐。
いやしかし目出度い。
今度お祝いの品を持参して遊びに行こう。

hisyou88
無事出産御目出度う!
体力が回復したら何か旨いもんでも食おうぞ!!
そうだな、まずは肉から。
子が乳離れしたら居酒屋開拓も再開しようではないか。
だから早く体力を回復させるのだぞ。

次に会う時が実に楽しみだ。

◆猫撫◆-ねこをなでる-

今日の出掛け際、近所に住み着いている野良猫に遭遇。
成長途中の一寸大きめの子猫が三匹、固まってうとうとしていた。

秋狐が近付くといつもはぱっと散り散りに逃げていく。
が、今日は一匹だけ寝転んだまま。
勿論、こちらを警戒してはいたが。

試しに一寸手を出してみたが、それでも逃げなかった。
調子に乗ってそのまま手を伸ばし、そっと撫でてみる。
猫は気持ち良さそうに目を細めた。

何だ何だ、可愛いじゃないか。
思う存分撫でていると、さっき逃げたうちの一匹が、恐る恐る近付いてきた。
猫を撫でつつ横目で様子を窺っていると、何とその猫が擦り寄ってきた。
近所の人が餌をやっている野良猫だから、他の野良よりも人に対する警戒心は薄いのだろう。

ふむ。もしやこいつも撫でて欲しいのか?

そう思い、その猫にもそっと手を伸ばしてみる。
一寸びっくりした様子だったが撫でると、さっきの猫同様、気持ち良さそうにしている。

すると最初に撫でていた猫が、隙間に割り込んできた。
ああ、そうか。お前、撫でられ足りないのか。
そして最初の猫を再び撫で始める。
と、今度は二番目の猫が隙間から割り込んで撫でてもらおうとする。

ちきしょう、可愛いなお前ら!
しょうがねぇ、纏めて来やがれ!

荷物を抑えていた左手も使って同時に二匹を撫で撫で。

しかし、時間が迫っていた。
本当はもう少し猫と遊んでいたかったが、そうすると待ち合わせに遅れる。
断念してその場を後にした。

それにしてもあの猫等、喧嘩しないでさり気なく割り込んでくるとは

若いのになんて紳士的なんだろう。

将来が楽しみだ。

◆南呂◆-なんりょ-

今日から八月。
表題の「南呂」は八月の異称だ。他にも

・葉月/八月<はづき>
・草つ月<くさつづき>
・桂月<けいげつ>
・紅染月<こうぞめづき>
・秋風の月<あきかぜのつき>
・迎寒<げいかん>
・桂秋<けいしゅう>
・濃染月/木染月<こぞめづき>
・ささはなさ月<ささはなさづき>
・月見月<つきみづき>
・燕去り月<つばめさりづき>
・仲の秋<なかのあき>
・秋涼<しゅうりょう>
・清秋<せいしゅう>
・素月<そげつ>
・其色月<そのいろづき>
・染色月<そめいろづき>
・竹の春<たけのはる>
・仲秋<ちゅうしゅう>
・中秋<なかあき>
・仲商<ちゅうしょう>
・葉落月<はおちづき>


などとかなりの数の呼び名が有る。
やはり旧暦の呼び名は綺麗で好きだ。

これから徐々に秋に向かっていく時期に入った。
八月八日は立秋。暦の上ではこの日から秋になる。

しかし自分はまだ夏らしい遊びをやっていない。
秋になろうと構うものか。花火とか何かやってやる。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。