散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆他物◆-ほかにこんなものも-

今回は漫画キャラに拘らない、面白占いを。
結果も詳しく載せてみた。

おにぎり占い」→「おかかおにぎり
おかかおにぎりのあなたは、心の優しい穏やかな人。
人との調和を大切にし、良くも悪くもとびぬけることが好きではありません。人には親切で、けんかや言い争いは嫌い。少々気に入らないことがあっても、騒ぎ立てずにがまんしてしまいがち。とはいっても、意志が弱いわけではなく、本当はとても頑固。凝り性のところがあり、自分の仕事が好きな分野にはまると、思う存分力を発揮できます。

……何か「良い人」みたいで気が引ける……。
つーか握り飯で何故こんな事が判るんだ…??

お米占い」→「さきたま姫
今度のは一寸長かったから結果は書かないが、やはり「良い人」っぽく書かれていた。
うーむ…気が引けるぞ…。自分、そんな良い人じゃない。
我侭なガキだもん。しかも阿呆。
あれ?救い様無くない?
つーかこんな米が有るのか…。

歴史上人物占い」→「杉田玄白
杉田玄白さんのあなたは、自分をあまり飾らず、ありのままの姿を表現するタイプ。嫌いなものは嫌いだし、怒りたいときは怒る。打算的に行動することが出来ない、いわゆる世渡り下手。しかし逆にそういった態度が大物っぽくもあります。軽い流行に乗るのが好きではなく、しっかりと自分の好みを持っています。表現力を求められる芸術的な分野で力を発揮できます。
ほう、玄白か。それにしてもまた何か凄い人みたいに書かれてるな…。
世渡り下手なのは自信を持って保障するが(←駄目人間)。

戦国武将占い」→「石田三成
石田三成さんのあなたは、人のしないことをしたがるタイプ。次々に新しいことを考えつきますが、自分の考えに対して執着はないので、引き際も鮮やかすぎるくらい鮮やか。長期戦をやるよりも、集中して短期決戦を繰り返す方が、良い結果が出せるでしょう。好奇心が強いため、目先の快楽だけを追い求める快楽主義者的なところもあります。
こっちの方が合ってるかもしれん。三成、友達になろうぜっ(違)。

犯罪者占い」→「人殺し
人殺しさんのあなたは、思慮深く、ものごとの表面よりも、本質に興味があるタイプです。何でも本質から理解しようとするので、即席の知識や技術を身につけることはどっちかというと苦手ですが、一度本質から理解したものは、自在に応用を効かすことができます。そのような特質は他人にはなかなか理解して貰えないかもしれませんが、一歩一歩進んでいけばやがて大きな実りを得ることでしょう。
「人殺し」なのに何か職人みたいな書かれ方だ(笑)。
「犯罪者」で占う意味は有るのか??こういうの嫌いじゃないけど。

死にざま占い」→「友達に押されて屋上から落下して死亡
友達に押されて屋上から落下して死亡さんのあなたは、一見おとなしそうに見えても、実は人並みはずれた好奇心と冒険心を持っています。何に対しても興味を抱くので、意外な趣味を持つことも多いです。オリジナリティを求められる職業に向いているでしょう。そのちょっと予測不能な性格とはうらはらに、周囲に対する面倒見は意外とよく、義理人情を大切にするお人よし。断れない性格なので物事を頼まれやすい所があります。
結構良い感じの性格なのに、友達に殺されるのか…。
あ、「お人よし」だから「死んでくれ」と頼ま…いや、よそう。

・あなたのバカ度・」→「・本格的バカ・
・本格的バカ・さんのあなたは、物事に対する探求心が旺盛。ひとつのことに凝り出すと、時間も忘れて没頭してしまいます。そうしてできた結果を自慢することない謙虚さも、一方では持っています。普段は物静かでも、勝負時になると人格が変わるところも。自分でも意外な行動を取って、周りをアッと驚かせることもあります。
……半分位は当たってるかも。でも「バカ」って…。ま、馬鹿だけどサ。

あなたの存在価値」→「電源のつかない携帯電話
……ゴミじゃねぇか!!
ああ、「価値は無い」って事か…。む、きっとこういう時に使うんだろうな。
…どうせ俺なんか…
あ、すんません矢車さん。ノリでつい。

随分長くなってしまったが、今回はここまで。
また何か見付けたら試してみる事にする。
スポンサーサイト

◆陽春◆-ようしゅん-

一月も明日で終わり。
だから今の内に此れを書いておこう。
一月の異称。因みに表題の「陽春」も一月の異称。

・解凍<かいとう>
・霞初月<かすみそめづき>
・暮新月<くれしづき>
・早緑月<さみどりづき>
・初春<しょしゅん>
・年端月<としはづき>
・子の日月<ねのひづき>
・初空月<はつそらづき>
・初月<はつつき>
・初春月<はつはるづき>
・初見月<はつみづき>
・睦月<むつき>
…むすびづき。むすびのつき。

うん。やはり綺麗な名ばかりだ。
嫌でも春を感じさせる。
まだまだ寒いってのに。

いや、別に一月が嫌いなわけではない。
寒いのが嫌いなだけで。

だって一月は正月が有るし、ママ上の誕生日も有る。
イベントが有る月は基本的に好きだ。

二月は節分。三月は桃の節句、パパ上の誕生日。
四月は総長の誕生日。五月は端午の節句。
六月は水無月、shawn、秋狐の誕生日。
七月は七夕。八月はhisyou88の誕生日。
九月は中秋の名月。十月はぱヱの誕生日。
十一月はよだれ丸の誕生日。十二月は妹の誕生日、クリスマス。年末。

おお!一年中好きな月ばかりじゃないか!
素晴らしい。

よし、次は節分だ!

◆珍買◆-めずらしくかう-

空腹だった。疲れも有った。
だからだろう。
いつもなら買わない物を買った。

洋物

ケーキはあまり食べない。
クリームで胸焼けするからだ。
故に食べる時は大体チョコレートケーキかチーズケーキ。

仕事中、突然ケーキが食べたくなった。
帰りにふらりとケーキ屋に立ち寄る。

店では何故かチーズケーキが根こそぎ売り切れ。
選択肢はチョコレートケーキだけ。
それでも良いかと一つ購入。

店の人、一つしか買わんですんません。
そんなに食えんのです、ケーキ。

帰宅後、夕食も済ませた。
雑務も終え、今からチョコレートケーキ。紅茶と一緒に。

明日はちょいと久々の仕事。
明後日明々後日はいつもの仕事。

だから今日は一寸だけ糖分でドーピング。

◆皆集◆-みながあつまる-

昨日はいつもの仲間と新年会だった。
口内炎の調子は全然良くなってなかったが、気にせず参加。

今回は珍しく七人集まった。
七人で肉を囲み、近況等を話す。

新年会の肉

今年の新年会で一番時間を割いた内容は、今年結婚するshawnと水無月の各々の式の予定について。
水無月は七月に、shawnは九月に挙式予定だそうだ。

実に目出度い。
目出度いのだが、結婚式に出席した経験の無い自分は焦りまくった。
何をどうしていいのかさっぱり判らんからだ。

一般常識?何だねそれは?

まぁ参加するかは追々ノリで決めるが。

ううむ。
それにしても「結婚」か…。
何だか漫画やドラマの中の話の様に聞こえる。

自分のこういう予感は結構当たるのだが、自分は恐らくずっと結婚しないで生きていくと思う。
何か、そういう当たり前の道を外れて歩いている感じがする。
否、無意識に避けて歩いているのかもしれない。

念の為に書いておくが、悲観している訳では無い。
寧ろこの状態を楽しんでさえいる。
何でか判らんが楽しいのだ。
……別に変な薬を服用してはいない。

まぁそんな話はいいや。
取り敢えず、新年会は楽しかった。

二人が結婚しても遠慮無く飲み会とか誘うから覚悟していて貰いたい。
色々なパーチーを催したいのだ。

ん?「ただお前が酒を呑みたいだけだろ」って?

あたぼうよ!

◆占再◆-うらないふたたび-

昨日の宣言通り、見付けた占いの紹介の続きを。

以前、「ドラゴンボールZ占い」を紹介したが、今回はこれ。
ドラゴンボールキャラ占い」→「バータ
…………バータ………。

気を取り直して次。
ルパン占い」→「石川五右衛門
………次元の方が…好きなんだが……。

もう一回気を取り直して次。
ちびまる子ちゃん占い」→「永沢君
………何も言うまい……。

未だめげない。次。
武装錬金占い」→「津村斗貴子
……まぁ無難か。

次。
おでんくん占い」→「おでん村の神様
……占ったはいいが、一回しか観た事無いから一寸判らん。
でも「神様」ならいいや。

一寸変わった所でこんなのも有った。
護廷十三隊占い」→「技術開発局
うわああああああああああああ…。マユリ様に仕切られるのか……。
開発自体は面白そうだが。
あ、じゃあマユリ様とは良い友達になれ……ないか。

これも変り種。
BLEACH占い~斬魄刀編~」→「氷輪丸
残念。「雀蜂」が良かったぞ。ライダースティ……何でもない。


今回はここまで。
次回は……気が向いたら明日。

◆電王◆-でんおう-

まず、「轟轟戦隊ボウケンジャー」第四十七話視聴。
………ガジャ、化けたな。
第一話からつい最近までただのギャグキャラだったのに。
どう終わらせてくれるのか、楽しみだ。


そして「仮面ライダー電王」第一話も視聴。
これは……(違う意味で)素晴らしい!

何度も爆散させられるモモタロスも最高だが、電王の技も最高。
だって名前が

俺の必殺技」!!

最初聞き間違いかと思った。
でも二回目に

俺の必殺技、パート2

って…。
……いいのか、それが名前で……。
いや、面白いけどサ。


疑問点は、モモタロス及び敵(イマジン)が砂状の時。
何故か地面に上半身だけ乗っていて、下半身は頭上の空間から生えている。
何ていうか一寸見辛い。
足要らなくね?それともこれから重要になるのか…?

次回以降も気になる作品だ。

◆唇病◆-くちびるにやまい-

数日前、うっかり唇を強く噛んでしまった。
翌日から噛んだ箇所が腫れ、その内痛みを伴う様になってきた。

「口内炎」だ。

「口内」ではないが。

今「口内炎」になっている場所は、以前から度々患っている場所でもある。
なりやすくなってしまってるのかもしれない。
何故なら、唇の他の場所を強く噛んでもこうはならないからだ。

で、問題は「これを如何に早く治すか」。
幸い、以前患った折に医者に出して貰った薬がまだ残っていた。
それを塗り、様子を見る事に。

実は一昨日からそうして様子見をしているのだが、流石に直ぐには治らない。
故に食事の際、大いに沁みた
いくら病院から出された薬でも、即効性が無いのは判っている。
それでも「早く回復して欲しい」と思ってしまう。

何故なら、本日二十八日は仲間と新年会が有るからだ。

だって肉食うんだもん。
沁みたら嫌ではないか。痛いし。

薬よ、いきなり「完治」までは望まない。
だからせめて少し位は症状を軽くしてくれ。

………頼んだぞ……!

◆笑占◆-わらえるうらない-

久々に占いを探したら、また面白い物をゴロゴロ発見した。
これから何回かに分けて紹介しようと思う。

最初は何の気なしにやったこれ。
仮面ライダーカブト占い」→「風間大介
ふーん。大介か。ザビーの方が好きだが、ま、ライダーなだけいいか。
ドレイクは嫌いじゃないし。

で、その後同名の違う占いを発見。それがこれ。
仮面ライダーカブト占い」。
折角だから本名でやってみた。すると…。

性格
あなたの性格に最も近いのは岬祐月といえます。
全て当てはまるわけではありませんが、岬祐月的な資質を持っています。
あなたの岬祐月度は53%です。

ふむ。そうなのか。ある意味当たってるっちゃあ当たってるかもしれん。キッツイとことか(笑)。

外見・ルックス
自分では気が付かないかもしれませんが、あなたの外見は影山瞬(仮面ライダーパンチホッパー)にそっくりです。
あなたの影山瞬(仮面ライダーパンチホッパー)度は91%です。


なッ……………か…………かげやま…?!?……影山かよ……。
しかも91%………。

じいやが良かったよ…。

本名で占っただけに、何か軽いショックを受けた(笑)。


では次。
特攻野郎Aチーム占い」→「モンキー
やった!!モンキー最高!

お次はこれ。
ビックリマン占い」→「アンドロココ
…あれか。キラキラになっちゃった聖フェニックス様だ。
どっちかってーとロココよりフェニックスの方が好きなんだが…。
ま、同じ奴だしいいか。

んで次。
アンパンマン占い」→「カビルンルン
……カビかよ!!
まだ骨とかの方が…。

好奇心は収まらない。次はこれ。
サザエさん占い」→「わかめちゃん
『わかめちゃんさんのあなたは、サッパリとした気持ちのいい性格。豪快なところがあり、仲間からも頼りにされる兄貴的存在です。』
だそうだ。「ちゃんさん」ってものアレだが…あ…兄貴??

そして、「サザエさん占い」をやったらこっちも抑えておきたい。
ドラえもん占い」→「ジャイ子
お、おお!出番は少ないのに妙に存在感のあるあの子か!!
じゃあきっとどっかに強い強いお兄ちゃんが…(笑)。

さて、次回は明日公開予定。

◆見目◆-みため-

これは今日の話。
レジ以外の仕事中、とある常連の客(年配の男性)に声を掛けられた。

「昨日、(秋狐の)私服姿見たよ」と。
自分は「そうなんですか」と笑って返した。
それだけで会話は終わるかと思っていたのだが、そうはならず。

その客は言った。「格好良かったよ」。
そして「はは、どうも(照)」と自分が返そうとした時…。

客「あれなら大丈夫だよ!

…な、何がですか…???

その客とは以前も何度か話した事がある。
前もその人は秋狐の私服姿を見た、と言っていた。
その時は「制服姿の時と随分イメージが違うね」と言われ、自分も前にぱヱから言われた「夜だと風景に溶け込んで見える」的な返事をした記憶がある。

実際、自分は黒や紺色の物ばかりを好んで身に着け、髪も染めてない為黒い。
冬みたいに露出の少ない季節は、後ろから見ると黒い影の様に見えるらしい。
因みにその時から今日まで外見を変えてはいない。

おじさん……一体自分にどんなイメージを持ってるんですか…??
あの、存在感は薄いですけど、顔色もいつも悪いですけど、別に危ない道に踏み込んでいるわけでは無いですから…。
ま。そういう扱いは慣れてはいますが。

自分は昔から見た目と中身にギャップが有ると人から言われる。
見た目の印象を高校時代の友達に聞いてみた所、
・大人しそう
・暗そう
・真面目そう
等と思われていたらしい。

実際は、このブログを見てくれている人ならば判って貰えると思うが、大人しくも暗くも真面目でもない。

恐らく、
ボーっとしていると「大人しそう」に見え、
人見知り故に一人で本等を読んでいるせいで「暗そう」に、
小心者故に決められた事をちゃんとやってしまう為「真面目そう」に見えたのだろう。

はは、誤解も甚だしいな。
教科書なんて燃やしてやりたかったぜ!
……まぁ、小心者だから出来なかったが……。

見た目を変える気は零だから、これから先もあんまりよくない第一印象を抱かれ続けるのだろう。
そんでもって、その受けた誤解をまたここで楽しげに曝すのだろう。

面白いからこれからも「話すまで判らない人」で居続けようと思う。

…「捻くれ者」?
上等だ。

◆埃及◆-えじぷと-

hisyou88と上野の国立科学博物館で行われている「ミイラと古代エジプト展」に行って来た。
hisyou88は生後五ヶ月の息子を伴っての参加。
自分は物心付いた時には既に妹は赤子ではなくなっていた為、乳飲み子を見るのは実に新鮮。
故にベタベタ触りまくっていた。
一歩間違えれば変態だったかもしれない。

博物館では、「ネスペルエンネブウ」という人間のミイラが、生前どういった人物だったのかを垣間見る仕様になっていた。

それは勿論面白かったのだが、自分が前々から気になっていたのは「ヒエログリフ」。
どう見ても「絵」なのに、それが「文字」というのが不思議で実に興味深い。
会場では嬉しい事に関連の本が売っていたのだが、例の如く財布にそっぽを向かれてしまった為、断念。

帰り掛けに小腹が減った為、軽く何か食べた。
その時に、hisyou88の愛息子を激写。
一応書いておくが、此処に載せるのはhisyou88から許可済み。

hisyou88 Jr.

まだ言葉も話せない赤子故、ぐずる事も間々有ったが、大体は楽しそうにしている子だった。
だが同時にhisyou88の携帯をよだれまみれにしていた猛者でもある。
ちゃんと父ちゃんに「今日は目一杯遊んだんだぜ!!」って自慢したか?

帰宅後は一寸した手土産を写真に収めた。

立体用眼鏡

これは博物館で観た3Dシアターで使用した眼鏡。
これを装着する事によって、流れる映像を立体的に観る事が出来る。
結構面白かった。

hisyou88、お疲れ。
愛息子に宜しくな。
また遊ぼうぞ!!

◆出掛◆-でがけに-

先週の今日、hisyou88とミイラを観に上野に行く予定だったのだが、hisyou88が急に結膜炎の魔の手に落ちた為、流れてしまった。
そのリベンジを今日行おうとしている。

まさに今から出掛けようというところだ。
ブログなんか更新してる場合じゃないのだが、何か気が向いたから。

実は今日も何か有るんじゃないかと心配してたのだが、何の連絡も来なかったから大丈夫だろう。

準備も出来た。
では、行って参る。

◆大事◆-おおごと-

この前新聞をちらりと見たら、番組捏造の記事が書いてあった。
某番組で偽りの情報を本物であるかの様に流したらしい。

自分はその番組を観た事が無かった。
故に先日、或る商品が馬鹿売れした時に初めて、その商品に関する内容の放送が有った事を知ったのだった。

その僅か数日後だ。
冒頭の記事を見付けたのは。
何だか大事になってるらしい。

テレビは万人が観る物。
「真実」と銘打って流すのだから捏造なぞ以ての外だ。

テレビや雑誌を信じて行動する人は意外と多い。
だからこそ、それに携わる人達にはもう少し責任を持って貰いたい。

……何だか久々に真面目な事を書いたな…。
決して別人が書いたわけではない。念の為。

◆我神◆-わがかみ-

守護神

これは何年か前、秋狐の誕生日の貢物にとぱヱが買ってくれた毘沙門天だ。

窓の方を向く様に安置し、「悪い物」が入って来ない様、見張って貰っている。
まぁ実際、「悪い物」が入って来てるかなんて自分には判らんから気休めでしかないが…。

……いや、きっと追い払ってくれているのだ。
信じよう、百均の毘沙門天を!!

◆不届◆-とどかずとも-

仮面ライダーカブト最終話視聴。

何か急いで終わらせた様な感じを受けたが、平和な世界で幕、というのは好みなので良かった。
腑に落ちない点も幾つか有るが、まぁ致し方有るまい。

一年通して観ていると、役者の人達にも愛着が湧いてくる。
最終話を観て、一寸寂しくなった。

それを見越して、本当は今年もイベントに行こうかと思ったのだが、いかんせんバッチリ金が無い。
故に断念…。実に無念。
生お喋りが聞きたかったよ…。

折角なのでここで一言。
役者の人達、お疲れ様。

本当はこういうのは役者のブログにコメント書くかファンレターを送るかにした方が直に届いていいのだろうが、自分にそんな度胸は無いので、敢えてここで書く事にする。

届かなくてもいいのだ。つーか十割届かない。
自己満足以外の何物でもない。でもこれでいい。

彼等とはまた別の何かで目にする機会が有ればいいなと思っている。

◆無情◆-むじょう-

散歩中

夕方、愛犬の天<あめ>の散歩に出掛けた。
しかし今日はやたら寒い。冬が苦手な身には堪える。

そんな自分を嘲笑うかの様にはしゃぐ犬…。
この写真を撮るのにも苦労した。
自分の首が絞まるのにも構わずぐいぐい引っ張るのだ。

いつの間にか天の口の端に白い物が付いていた。
あーあー、また泡吹いて…
一寸呆れていると、奴が突然身震いをしだした。

飛び散る泡。

ギャアアアッッ!!何すんじゃ貴様ァァッ!!!

心の中で絶叫し、さっと距離を取る。

……まったく…。
いつになったら静かに散歩が出来る様になるのやら…。

◆付直◆-つけてなおす-

つい数日前の事だ。
愛用の毘沙門天の梵字入りストラップ(二代目)が散った。
それも真夜中に。

二度目の事だし、どうして切れたのかも判っている為、動揺はしなかった。
ストラップの構造上、擦り切れてしまう箇所が在る。そこが切れたのだ。
因みに初代のもそうだった。

で、問題はそれから「どうする」か。
暫くは何もストラップを付けないで三代目を探しに行くか、応急処置をして存えさせるか…。
しかし考える時間よりも寝る時間が迫っていた為、取り敢えず応急処置を施す事に。

色々な事が有って中途半端に使ってあった接着剤に御登場願い、慎重に取り付ける。
接着剤は間違って皮膚などに付くと面倒故、一寸細かい作業になった。

そして無事、応急処置完了。
昨日また取れたが、再び応急処置をして今に至る。
暫くはこの方法で粘ろうと思う。

……(面倒だから)敢えて探しはしないが、どっかで三代目に出会える事を願っている。

◆編集◆-へんしゅう-

何だかんだで結局未だAチームを観る事が出来ないでいる自分。
取り敢えず先にCMを抜く編集をしようと、昨日の夜中、頑張った。

正直、二時間以上の番組の編集をするのはかなり面倒だ。
ちゃんと作りたいからこそ、余計に面倒臭く感じる。
だが、これも愛するAチームの為。
酒を呑みつつ作業を進めた。

さて、編集するにあたって、確認の為にどうしても何秒か視聴する事になる。
例に漏れず今回も数秒確認。

……ん?あれ?誰この人?
あッ!!えッ!?マジかあああああ!!

何と「フェイスマン」の役者がテレビ版とは違う人!
実はこの映画、パイロット版だったらしい。
…じゃあテレビ版はこの後に「フェイスマン」の役者を代えて作られたという事か。

ふむ。違う人が演じる「フェイスマン」か。楽しみだ。
今日は時間が無いから明日にでも。
あああああ早く観たいぞAチーム。明日は無理にでも時間を作ろう。

◆遠山◆-とおやま-

録画しておいた、松平健主演の「遠山の金さん」市長…違う、視聴。

「松平健」と言えば「暴れん坊将軍」、「遠山の金さん」と言えば「松方弘樹」だった自分。
どんな金さんが観られるのか、一寸ワクワクしていた。

やはり最初はヅラのせいか「上様」のイメージが強かった。
が、まだ一回目だし、そのうち慣れてくるだろう。
殺陣の場面はやはり松方版の方が激しいチラリズムが……いや、何でもない。

それよりもその他の何気無い場面に釘付けになった。
まず、遠山の金さん(以下、金さん)が船頭に扮して敵に近付いた場面。
まだ面識の無かった敵の会話が…。

場面は敵の前から金さんが去った直後。
敵「あの船頭、初めて見る顔だな」
手下「はい。金さんって野郎でさァ」
敵「金さん…?」


オイオイオイ。
まさか「さん」まで名前だと思っちゃいないだろうな?

この場面でぐっと心を捉まれた。

そして、予告ではもっと凄い物を見た。

EDテーマが流れ終わり、次回予告に切り替わった。
画面上下が黒く縁取られている部分にこんな一文が。

携帯サイトでプレゼントクイズ実施中!
正解者には金さんのコスプレ待受をプレゼント!


「コスプレ待受」って何!?

暫く笑いが止まらなかった。
金さんよ、色んな意味で次回からも期待している。

◆葛湯◆-くずゆ-

葛湯が好きだ。毎日飲んでも飽きない程に。
薄甘くてトロトロであったくて旨い。

そう言えば今冬は未だ飲んでなかった。
一寸飲みたくなった為、近々買うつもり…だったのだが、先日ぱヱが遊びに来た折、何と手土産として持って来てくれたのだ。
素晴らしい。素晴らしいぞ、友よ!!

因みにこれが例のブツ。

御抹茶葛湯

本当は五個入り。
うっかり写真を撮る前に一個飲んでしまった。
先に撮れば良かったと後悔した。
…さっき。

さて、実は葛湯好きのくせに、今まで普通の葛湯しか飲んだ事が無かった自分。
今回貰った葛湯は「抹茶」。
故にとても新鮮に見え、どんな感じなのかとワクワクしながらお湯を入れた。

うん。いつ飲んでも優しい味だ。
疲れててもほっと癒される気がする。まぁ多分「気」だけだろうけど…。

残りは四個。大切に飲もう。
ぱヱよ、忝い!!

◆録画◆-ろくが-

今、「特攻野郎Aチーム」の二時間放送を録画中だ。
先日この放送がある事を知り、狂喜した自分。

録画が終わったらCM編集をして視聴する。
勿論、DVDにも保存する。

今夜は酒を飲みながらAチーム観賞だ。決まりだ。
嗚呼早く大佐やモンキー達に会いたいぜ!

……いかん。
一寸ワクワクし過ぎて「ヤバい人」になってる…。
致し方無い。これから犬の散歩に行って頭を冷そう。

本当は寒いから外に出たくないんだが、これも我が家の犬の膀胱を健康に保つ為だ。

じゃ、一寸行って来ます。

◆無謀◆-むぼう-

確か去年に見た夢だ。
具体的にいつ頃かは失念してしまったが。

夢の中、よだれ丸と一緒に居た秋狐。
何故かこんな事が決まった。

チャリで静岡の温泉に行こう!!

何故突然そんな事になったのか、全く以って不明。
だがそのまま話は進んでいく。

ふと見渡すと都合よく近くに自分のチャリ(何故か小学校時に乗っていた奴)を発見。
だがもう一台を見付ける事が出来ず、二人乗りする事に。

最悪だ。これで東京から静岡まで?ありえない。死んじまう。
だがそのまま話は進んでいく。

…と思いきや、ここで或る決定的な問題が二人の前に立ち塞がった。
それは道が判らない事。

そもそも静岡の何処の温泉に行くのかすら判らない。
もう致命的だ。

それでも諦めないのが夢の中の我々。
二人してどっから出したのか地図帳をめくる。
そして或る頁を指して言った。

このデカイ道路真っ直ぐ行けばよくね?

そんなアバウトな意見もあっさり通り、チャリで道路を直走る。
暫く走ると普通の住宅が並ぶ所へ入ってしまった。
まだ静岡では無い筈。地図を見ても判らない。
どうやら早速迷ったらしい。
仕方無く一旦チャリを置き、その辺を見て回る事にした。

皆目検討が付かぬまま、チャリを置いた辺りに戻って来ると、チャリが無い。
同じく戻って来たよだれ丸に訊くと恐ろしい答えが返って来た。

よだれ丸「…ごめん。失くした。

な、何をやっとんじゃお前ッ!!

一気にテンションを下げた我々は静岡行きをあっさり断念。
帰る事に…。

ところが、一寸歩いた先には今まで無かった広大な沼地が在った。
沼には何故かありえないデカさの蓮の花が浮いている。しかもあちこちに。
嫌な事にここを抜けないと帰れないらしい。
どうしたもんかと思案していると、よだれ丸が立ち上がった。
「一寸待ってて」
そう一言残して何処かへ…。

信じて待つ自分。だが待てども待てども戻って来ない。
…野郎…。
バックレやがったな?!

そこで何故か悪夢へシフト
ランドセルを背負った、小学校五、六年位の女の子が一人、向こう側から蓮を踏み台にしてやって来た。
そして執拗に沼に入る様に言い寄ってきたのだ。
何かヤバい物を感じた自分はその少女を振り切って逃げた。

そんな所で目が覚めたのだった。
何だよ。結局何もしないで終わっちまったじゃんか。
温泉には行かれないわ、チャリは失くすわ、悪夢に変わるわ…。

でも何かリアルで忘れられないでいる。
つーかよだれ丸、…チャリ返せや。

◆描画◆-えがいたが-

気が向いた故、今年、一部の人達に送り付けたイロモノ年賀状の絵を曝そう。

ぱっと見で判る人には判って貰える筈。
まぁ「秋狐の画力で判って貰えるのか?」と言われると恐ろしく自信が無いが…。

ちゃんと見れば、もう少し広範囲の人達に判って貰えると思う。
……思いたい。

自信が無いので「続きを読む」の方に曝す。
クレームは一切受け付けない。
……受け付けないぞ!!

...続きを読む

◆夜食◆-やしょく-

ああああああああああああああああ駄目だ!!
小腹が減って寝る気になれない!!

と、言うわけで夜中の一時半にカップ焼きそば「俺の塩」を作った。

お夜食

んじゃ、頂きます!!

……こんな事ばっかやってるから、次の日に胃がもたれて苦しむんだろうな…。

でも美味しかったよ、「俺の塩」…。

……オヤスミナサイ……。

◆回幸◆-まわるしあわせ-

今日も『都市伝説』の話を。

「幸福のメール」。
このメールを受け取った女性はこのメールを知人に出し、それがまた自分の所に戻って来ると、嫁に行けるという。
故に「幸福のメール」と呼ばれているらしい。
以下が幸福のメールの中身。長い為、一部抜粋。

●先日、ぼくが友達とファミコンをしていると通りかかった母が、「お前たちはいいねぇ、毎日がエブリデイで」と言った。母はいったい何が言いたかったのだろう・・・・・。
●家族揃って夕食をとっているとき、何かの拍子に怒った父が、「誰のおかげでメシが食えると思ってるんだ」と言おうとして、「誰のためにメシ食ってんだ!」と怒鳴った。私と姉は「自分のためだよ」と答えた。
●夫婦ゲンカの時、父が母に「バカモノ!」というのを、間違って、「バケモノ!」と怒鳴ってしまった。ケンカはさらにひどくなった。
●うちの母は、頭が痛くなると氷でおでこを冷やします。先日も夜中にかなり痛みがひどくなり、暗闇の中をフラフラしながら台所へ。冷凍庫から、あらかじめビニール袋に入れてある氷を取り出して、おでこの上にのせて眠りました・・・・・・。翌朝、目が覚めてみると、母の枕元には解凍されたイカが転がっていました。
●甘味屋さんで、母は田舎汁粉を、私は御膳汁粉を頼みました。店員さんが「田舎はどちらですか?」と聞いたら、母はとっさに、「はい、新潟です」と答えてしまいました。
●先日、父は男にフラれて落ち込んでいた姉をなぐさめようとして、「おまえ、人間は顔じゃないぞ」と言うところを、「おまえの顔は人間じゃないぞ」と言ってしまった。
●妹が夕食にスパゲティを作ってくれることになりました。妹は、「今日はカルボナーラを作るね」と母に言っていました。夕方、私が外から帰ると母が、「もうすぐボラギノールができるってよ」と言いました。ソレって痔の薬じゃ・・・・・・?
●エアロビクスを習いに外出していた私に、友達から電話がありました。横文字に弱い母は何を思ったのか、「娘はアクロバットに行っています」と答えたそうだ。
●弟は誰に似たのかとても勉強ができる。それで高校一年生のとき、アメリカに留学することになった。そのとき、母は親戚や近所の人に、「うちの息子をアメリカにホームレスにやるんですよ」と言って、自慢して歩いていた。ホームステイとホームレスを間違えていたのである。
●先日、父はメガネを作りにいった際、「無色ですか?」と、店員にレンズの色を聞かれると、何を勘違いしたのか、「いえ、銀行員です」と、自分の職業を答えていた。
●うちの父は、沖縄に向かう飛行機の中でエラソ~に、「沖縄は島全体が『さんしょううお』なんだぞ!」と言った。それを言うなら、サンゴ礁だろ!!
●私の高校時代にS健という体育の教師がいた。皆からバカ健と呼ばれていた。それはなぜかというと?
・ある日の体育の授業中のこと、バカ健が言った、「それでは出席番号で列をつくるぞ。偶数は左、奇数は右、他は真ん中まわれ~右!」真ん中に並ぶ者は誰もいなかった。
・修学旅行中、金沢の兼六園を訪れたとき、看板に「鯉の餌10円」。彼は10円玉を投げていた。
・課外研修でバスで移動した時、バスの入り口に「後乗り」とあった。彼は後ろ向きでバスの階段を登っていった。
●母は、まだ40台前半の若き頃、私の受験用航空券を買いに行き、旅行代理店のお姉さんに「スカイメイトでお願いします」と言うところを、「スクールメイツでお願いします」といって、店内の時を止めてしまった。
●夕食後、テーブルの横でうたた寝をしていた父がうなされていたので、私は母と、「悪い夢でも見ているのかな?」と話していると、突然、「ライダー、助けてっ!」と父が叫んだ。ちなみに父は56歳です。
●うちの母がテレビを見ていると、美人のアナウンサーが出てきた。母は「こんな人が嫁にきてくれるといいわ」と言ってニコニコしていたが、ウチの家族で男はお父さんしかいない。母はいったい誰の嫁がほしいのだろうか・・・・・・。
●お風呂に入っていた父が突然、大声でわめきだしました。「大変、大変!どっかから鼻血が出てる!」いったい父のどこから「鼻血」が出たのでしょうか・・・・・・?
●私の母方のおばあちゃんの話です。お医者さんに行き、「お尻に入れなさい」と渡された座薬を、おばあちゃんはお汁に入れて飲んでしまいました。

個人的には「毎日がエブリデイで」や「バケモノ!」、「ライダー、助けてっ!」がお気に入り。
人間が皆こうなら毎日がエブリデイで楽しいに違いない(笑)。

◆名笑◆-なにわらう-

或るサイトで読んだ「都市伝説」の話を書こう。

『エロマンガ島は潮流の変化によって既に水没した。』
という物だ。

イロマンゴ島(イロマンゴとう、Erromango Island)は南太平洋、バヌアツに存在する島。
日本ではエロマンガ島という名前で呼ばれる事も多いとか。
実際その名で地図に載っている事もあり、(自分はこのサイトを見るまで知らなかったが)結構メジャーらしい。

真実はといえば、このサイトを見る限り曖昧だ。
もしかしたら本当に水没したのかもしれないし、ガセかもしれん。

面白かったのが、その後に書かれていた、世界各国の面白い地名だ。
現地では当然、普通の名前なのだが、判っていてもつい笑ってしまう。
以下、地名。一寸多い為、一部の抜粋。

・スケベニンゲン(Scheveningen、オランダ)
・エロマンガ(Eromanga、オーストラリア、クイーンズランド州)
・アホ(Ajo、アメリカ合衆国、アリゾナ州)
・ボケ(Boke、ギニア)
・ハゲ(韓国)
・バカ山(インドネシア)
・シリフケ(Silifke、トルコ)
・シリブリ(Silivri、トルコ)
・パンティ(Panti、マレーシア)
・イボ(モザンビーク)
・クサイ(コスラエ)島(Kusaie、ミクロネシア連邦)
・ボイン川(Boyne、アイルランド)
・シワ(Siwa、エジプト)
・オナラ スカ(Onalaska、アメリカ合衆国)
・ナンパ(Nampa、アメリカ合衆国)
・イロイロ(Iloilo、フィリピン、パナイ島)
・ワインガプー(Waingapu、インドネシア、スンバ島)
・アシニボイン山(Asiniboine、カナダ)
・オトコ谷(Otoko Valley、ニュージーランド)
・アウアウ海峡(Auau Channel、ハワイ)
・アフォバッカ(Affobakka、スリナム)

因みに日本ではこんな地名も。
・大歩危・小歩危(徳島県)
・馬鹿川(青森県)
・ワルイ川(北海道)
・阿保(全国)
・貧乏山(北海道)
・毛無山(全国)
・のぞき(全国)
・鼻毛石(群馬県)
・鼻毛橋(宮城県)
・土居中(愛媛県)
・後免(高知県)
・裏金山(新潟県)
・浮気(滋賀県)
・昼寝山(香川県)
・面白山(山形県)
・毛呂山(埼玉県)
・毛穴町(大阪府)
・ボケ谷(京都府)
・増毛(北海道)
・ヤリキレナイ川(北海道)
・牛鼻毛(福島県)
・小浮気(茨城県)
・股下山(北海道)
・紫波(岩手県)
・極楽(愛知県)
・上臼井(福岡県)
・前後(愛知県)
・左右(福井県)
・イ(千葉県)
・新幹線(静岡県)
・セメント町(山口県)
・オランダ島(岩手県)
・コックリ湖(北海道)
・接待(静岡県)
・快楽(佐賀県)
・毛穴(大阪府)
・若白毛(千葉県)
・発作(千葉県)

うん。日本も負けてないぞ。

◆中毒◆-ちゅうどく-

前に一寸ここで書いたが、今、「都市伝説」にハマっている。
ほぼ九割方、嘘の話なのだが面白い。

先日、携帯で「都市伝説」を検索した所、幾つか面白いサイトを発見し、暇さえ有れば読み耽っている。

端から見れば、携帯依存者に見える事だろう。
それを軽減する為、電車の中では携帯を弄らない様心掛けている。

何故なら、電車の中で平気で電話を掛ける人間や、優先席で堂々と携帯を弄くってる人間と同じ目で見られたくないからだ。
携帯が無いと暇も潰せない様な人間に見られたくない。

と言っても、電車の中は優先席及びその付近以外ならば、通話をしない限り使用は認められている。
だがそこは天邪鬼な自分。
周りに携帯を弄っている人間ばかりが居ると、逆にわざと遠ざけてしまう。
「天邪鬼」と言うよりもただの「捻くれ者」かもしれない。

そして今日も電車での携帯操作を我慢し、帰宅後、思う存分「都市伝説」を楽しむ。

ああ、でも「恐怖系都市伝説」を読むのは明日にしよう。
もう金縛りもどきは御免だ。

明日は(気が向いたら)先日見付けた「都市伝説」の面白話でも書くとしよう。

◆餅食◆-もちをくう-

黄粉と砂糖で

本日の昼飯の一つ。
秋狐政策、違う、製作「黄粉餅」。
昨日買った総菜の残りだけでは足りない為、正月の余り物の餅を使って。

今まで作った事が無かった自分。正直心配だったのだが、思ったよりちゃんと出来た。
餅をパリパリに焼かない為に一寸頑張った位で。

餅を焼く際、磯辺とかにするのなら軽く焦げ目を付けるが、黄粉餅ではやりたくなかった。
故に、過程はこうなった。

・オーブントースター等で焦げ目の付かない程度に焼き、
 沸かしたてのお湯に二、三分浸けておく。
・その間に黄粉に砂糖をよく混ぜて、黄粉餅用の黄粉を作る。
・軽く水分を切った餅を黄粉と絡めて完成。

さっき、総菜共々美味しく食べた。
簡単に作れるし旨い為、暫く黄粉餅にハマりそうだ。

◆遂開◆-ついにあける-

いつぞやの記事で、衝動買いした目薬の事を書いた。
その時はまだ古い目薬が残っていた為、暫くは使わない、という事で終わった。

その目薬を昨日遂に開封した。
だが前の目薬を使い終わっての事ではない。

先日からちょこちょこと目が痒くなる現象に見舞われ、目薬のお世話になっていた自分。
ふと使用期限を見ると、「2006.9」の表示。

不味い!バッチリ過ぎてる!
今は何も無いとはいえ、これ以上使用して目がヤバい事になっては困る。

故に、未だ半分残っている目薬を泣く泣く捨て、待望の新しい目薬を開封したのだった。

因みに画像は使い回しだが、新しい目薬はこれ。

哀愁漂う目薬

今日の仕事中、早速使ってみたのだが、思っていたよりも刺激は少なく、快適。
これからもこんな感じで効いてくれると嬉しい。

◆直前◆-ちょくぜん-

雨だから

雨故、今日の散歩は雨合羽を着て臨む愛犬、天<あめ>。
普段何かを身に付ける事が無いせいか、物凄くウザそう。
辛うじて尻尾は垂れ下がってはいないものの、何だか項垂れ気味。

何かを身に付けるという事に違和感があるらしく、最初はガニマタで歩いていた…。
気持ちは判らんでもないが、情けないから止めなさい、天…。

無事、散歩は終わり、帰宅後はずっとダラついていた。
こら、皆の夕飯のお零れを貰うんじゃないよ。
最近、首回りの比率がおかしいんだから!

甘ったれな所も直さんといかんわなぁ…。

◆爪切◆-つめがきれる-

極稀に、ホント極稀に起こる謎の現象が有る。
足の爪の一つが、爪を切った後の様に剥がれているのだ。

爪が丸々剥がれているわけではないから当然痛みも無い。
故に自覚も無い。

ある日爪を切ろうと足を見ると一つの指だけ切らずに済む状態になっている。
引っ掛かった記憶も無いし、そんな行動は取っていない。

未だにこれは何故か原因が判らない。
まぁ大した事ではないのだろうが。

先日も左足の薬指の爪だけ、切らなくていい状態だった。
怖くは無いが、何だか不思議。

この現象が何かの吉兆なら嬉しいし面白いのだが、まず違うだろう。
別にデータを集めて調べる程気になるわけじゃないから、これから先、この現象が起こっても放置するし。

……何か今の家に引越してから、色々と異変が多い気がする。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。