散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆望話◆-のぞむはなし-

何年か前、やっしー君等と大河ドラマの話になった事が有った。

大河ドラマは基本的に日本の歴史上の人物や時代を取り上げた物語。
しかしその多くは戦国時代に偏っている。
大河ドラマの括りでは戦国は人気らしい。

だが折角他の時代も有るのだしもっと増やして欲しいというのが自分等の意見だ。
原作の小説だって色々有るだろう。
自分としては大化の改新辺りの時代とか、卑弥呼とかその位古い時代の物が観てみたい。
だがまぁ無理だろう事は判っていたので、段々とふざけた方向に話は進んだ。

で、解散後。
適当に考えて完成した内容をやっしー君にメールで送った。

原文のまま書く故、誤字については勘弁願いたい。

厠で生まれ、伯母である推古の舎弟として育った不運な鼻滴れ幼少時代。
成人した太子は野太い声で、老けた推古に下克上を叩き付ける!!

大河ドラマ「太子」新年一月四日(日)放送!!
~涙と感動?の物語を貴方に~


今改めて読み返してみたら意味不明…。
変なテンションだったせいか…。

嗚呼ホント、昔の時代が舞台の大河、観てみたいなぁ。
スポンサーサイト

◆命中◆-めいちゅう-

「どうぶつの森」にて。

ついに、ついについに「ぺりお」を撃ち落す事に成功した!!

昨日、映画を観た後によだれ丸と二人で水無月の家へ赴き、三人で「どうぶつの森」で遊んでいた。
よだれ丸はその後も予定が入っていた為、早めに帰り、後の時間は水無月とのんびり村を散策。

そして午後五時。
実を言うと飛ぶ姿を見るまで「ぺりお」の存在を完全に忘れていた自分。
上空を慌しく飛ぶ「ぺりお」の姿を確認し、大慌てで虫取り網からパチンコへ装備を代えた。

しっかり狙いを定めて撃つ…!

死ねっ「ぺりお」!!」(←気合

すると願いが通じたのか見事「ぺりお」に命中!
「ぺりお」は「ギャアアアアアアアッ」という断末魔の悲鳴を上げて地面へ落ちて来た。

だがしかし「ぺりお」は生きていた(当たり前)。
撃ち落されて一寸機嫌の悪い「ぺりお」にしつこく話し掛け、取り敢えず満足したのだった。

断末魔が予想以上に面白かったから、機会が有れば何回か撃ち落してみたいと思っている。

◆笑楽◆-わらってたのしむ-

hisyou88、よだれ丸と共に「ラッシュアワー3」を観て来た。
相変わらず笑い所が満載で楽しかった。

観た人しか判らない話で申し訳無いが、「スーパースパイ」最高!
リーとカーターの仲が良いんだか悪いんだかのコンビも面白い。

ただまぁ…あれだ。

白人のおっちゃんの顔の区別が難しかった。

並べてみれば全然違う顔なのに、別々で見ると間違える。
どっちがどっちかあやふやに…。まぁ白人に限らず外人は皆。
すいません、外国の人達。


やはり仲間連中と行く映画は面白い。
観終わった後に色々感想とかの話が出来るし。

次は日本のホラーがいいなぁ。
呪怨にはあんまり興味無いから別ので是非。


帰り際、錦糸町にて撮影、並んで停まってる電車発見。
位置に着いて…

近所の駅じゃあこんな絵面は撮れん。
やっぱ出てみるもんだな、外。

◆停電◆-ていでん-

凄かった、雷雨。
仕事帰り、外は結構激しく降ったり鳴ったりしていた。
小心者の自分は落ちやしないかとビビリ捲くりながら電車に乗った。

仕事先までは二種類の線を利用しているのだが、仕事先から最初に乗った路線で、トラブル発生。
降りた駅に落雷かなんかが有ったらしく、軽い停電になったのだそうだ。

故に自動改札と券売機が全て使用不能になっていた。

駅員曰く「運賃は降りた駅で支払ってくれ」との事。

いやいや違うんだ駅員さん。
自分はこの駅が降りる駅なんだってば。しかもSuicaなんだよ…。

それを伝えると駅員は言った。
では次回乗る時に精算して下さい


…めんどくせぇぇぇッ!!!

でも仕方無い。
明日は違う駅で使用するのだが、其処の駅員さんに言おう。

手間取りませんように…。

◆見下◆-みないでください-

元地元の寂れた商店街にて。
何故か今頃、妙に気合が入った代物を発見。
出会いを探して

頼む、そんな目で見るな

違う出会いが有りそうだよ…

誰だ、こんな怖い絵でOK出した奴は。
夜見たら御子達はトラウマになりかねんぞ。

まぁ、自分には面白いから良いけど。

◆燃華◆-もえるはな-

予定通り、昨日は仲間達と花火をやってきた。

参加面子は総長、水無月、よだれ丸、ぱヱ、秋狐。
本当はshawnも来る筈だったのだが、急用で来られなくなってしまったのだった。

今回、集合場所に全員が集まれず、買出し等は早い時間に集合出来る水無月、よだれ丸、秋狐が担当。
しかし今年はいつも買う店で既に花火が売り切れるという事態になり、彼方此方色々な店を回る破目に成った。

そして半ば諦めかけた時、目の前にコンビニが。
期待せずに入ってみると其処には花火が少ないながらも置いてあった。
暑さと疲労で下がり掛けていたテンションが一気に上昇。
有難う、コンビニ!!
花火購入後、直ぐにいつもの土手へ向かった。

土手にて。
他の面子が来る迄、先に買い込んだ食材と酒で夕飯。
暫くすると総長到着。
飯の後、いよいよ花火開始。
普通の花火とかイロモノとか、思い思いの花火に火を点け捲くる。

秋狐はコンビニで衝動買いした「マシンガン花火」で楽しんだ。
マシンガン花火

これには三本花火が付いていて、銃口に一本ずつ差し込んで火を点ける。
と、それがまるでマシンガンを撃っているかの様に見えるのだ。
因みにマシンガン本体は紙で出来ている。

そして花火開始から約三十分程経ち、ぱヱも到着。
今度はこのイロモノ花火で更に盛り上がった。
我々は「デコトラ花火」と呼んでいる。
デコトラ花火

噴出し花火なのだが、このデコトラの窓の中、つまり車内も火が点いた様に明るくなる面白花火だ。
もっと買えば良かったぜ。

あ、勿論普通の花火もやった。此れ証拠。
よだれ丸と花火

写ってるのはよだれ丸。

最後は面白がって普通の噴出し花火をデコトラに御見舞い。
炎上デコトラ

デコトラは華やかに散った


いやーー楽しかった。
今年は珍しく花火が余ってしまったが、皆と遊べて良かった。

さ、次は月見だ月見!
晴れてくれよー。

◆違薬◆-ちがうくすりを-

検査の結果、異常無し!

特に心配する様な物は無いらしい。
で、今回はビタミンB1の薬を処方された。

前回貰った「自律神経の薬」は効いたかと問われたのだが、これがイマイチだった自分。
恐らく不規則な生活を改めなかったせいかもしれない、と医師に言った所、明るく笑いながらこんな事を言われた。

飲んでて効いてるのか効いてないのか判らない薬は効かない事が多いんです♪

…マジで!?

故に今回はビタミンB1の薬を貰う事になったのだった。

…今度こそ効くと良いなぁ。

◆病否◆-やまいかいなか-

先週近所の病院にて行った採血の結果を明日聞きに行く。
今年も何ともないと良いのだが、やはり不安は不安だ。

さて、どんな結果が出てるやら…。


それよりも明日の仲間内での花火の宴が楽しみで仕方無い。
今年も呑んで食いつつ花火を楽しむのだ。

天気、どうか崩れませんように。
晴れでなくても良いから雨だけは勘弁してくれ。

◆涼来◆-すずしさきたる-

今日は午前中に雨が降った御蔭かとても涼しかった。

特に風。
ほんのりと秋の気配を感じた。

また直ぐに暑くなるのだろうが、過ごし易い秋は目の前だ。
今年も秋の味覚が楽しみ。

ここの所腹具合が最悪の状態なのだが、秋の味覚が楽しめる時期迄には治しておきたい。

土曜の花火が終わったら、月見の計画でも立てようか。
否寧ろ花火の最中に計画を立てよう

月見は日付をずらせないから参加人数に期待はしていないが、やるだけやろう。
無理なら一人ででも…!

今年も秋を楽しむぞ!!

◆空狙◆-そらをねらってて-

「どうぶつの森」にて。

ギャアアアアッッ!!「ジョニー」逃がしたあああっ!!

偶に、凄く偶に現れるUFOが有る。
こいつには「ジョニー」と呼ばれる奴が乗っていて、UFOを打ち落とすと何か貰えるらしい。
しかもこいつから貰える物は非売品ばかりな上、何か格好良い世界遺産等も多数。
いつか相見える日を心待ちにしていた。

だが今日は違ったのだ。
「ぺりお」を待ち構えていたのだ。

午後五時五分前に起動し、待っていた。
五十九分になったらパチンコに持ち替えて狙うつもりだった。
で、それまでは近くの虫をとっ捕まえて遊んでいた。

そんな五十八分。
何処からとも無く羽じゃない音が…

ハッとして空を見ると其処にはUFO!!
慌てて持物を持ち替えたが、遅かった。
一寸の差でUFOは画面外へ。

ああああああああああくそおおおおっっ!!
世界遺産があああああああああああああッッ!!!

今度は何時見る事が叶うのか「ジョニー」のUFO…。

次に見付けたら必ず打ち落としてみせる…!
首を洗って待っていろ、「ジョニー」!!

また自分、悪役みたいだが気にしない!

◆思出◆-おもいだしては-

「仮面ライダー電王」第二十九話視聴。

駄目だ面白過ぎる、あの四人…!

敵と同じ生命体の癖に主人公側に付いた四人の怪物。
モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス。
「俺が俺が」という性格ばかりな為、喧嘩が耐えない。

前回の放送で、四人が主人公に同時に付く電王のフォーム、「クライマックスフォーム」が登場した(通常時は主人公に一人しか憑依出来ない)。
しかしこのフォーム、四人の心が一つにならないとなれない。
「俺が俺が」な彼等にはとても難しい問題だ。

で、今回。
渋る四人を余所に一人盛り上がる主人公、良太郎。
あのダッセェ…じゃなくてイカシタ電王にもう一度なるべく四人を説得する。

しかし当然ながら巧く行かない。
仕方無く誰も憑依させずに一人で戦う良太郎。
だが彼自身は弱いので当然やられまくってしまう。
そんな事態を知ってか知らずか、デンライナー内で試行錯誤の四人。

取り敢えず形だけ、という状態に並ぶ。
当たり前だが「並んだだけ」なので主人公に憑依は出来ていない。
そんな状態で言い放ったこの台詞。
完成、クライマックスフォーム(棒読み)」。


あまりの間抜けさと馬鹿さに爆笑!
もう火曜だっつーのにまだ思い出し笑いしてしまう。
画像が乗せられないのが残念でならない。

どうかこのまま突っ走ってくれ、電王!

さて、これから「Aチーム」を観ながら酒を呑もう。

◆逃悶◆-にがしてもだえる-

「どうぶつの森」にて。

うがあああッッ!!「ぺりお」逃がしたあああ!!

稀に出るキャラ「ぺりお」。
奴は郵便配達の雄ペリカンだ。
毎回ではないが、午前九時か午後五時に出現する。

奴は空を飛んでいるのだが、それをパチンコで打ち落とすと一寸したイベントが起こるのだ。

故に機会を狙っていた。
だがなかなか見る事叶わず…。
半ば諦めていた。
そんな今日、一寸気が向いた為一か八かDSを起動して待ってみた。

午後五時ジャスト。
バサバサと翼を羽ばたかせ、空を飛ぶ「ぺりお」発見!!

喜びのあまり小声で奇声を上げながら構えていたパチンコで狙い捲くった。
しかし、後一寸の所で「ぺりお」は画面外へ…。

ううううううううううおおおおおおのれええええええええええ!!!
「ぺりお」の分際でぇえぇえええ!!!

屈辱だ。
このままにはしておけん。

待っていろ、必ず打ち落としてやるぞ、「ぺりお」!!

何か自分、悪役みたいになってるけど気にしない!

◆虫捕◆-むしとり-

「どうぶつの森」にて。

うわぁああしまった。
今日は虫取り大会だったのにうっかりシカトしちまった…。
優勝は前にしたから、今度は記録更新時に貰える物を狙ってたのに今回は一度も持って行かれなんだ…。

あの、虫取り大会の時だけ妙にテンションが高い村長にも話し掛けるの忘れたし…。

悔しいから今夜はレアな虫を求めて村をうろつくか。
良い物沢山採って釣って売るぜ売るぜ売るぜー!!

んで、あわよくばサソリに勝ちたい。
最近タランチュラすら見なくなった。
一匹で良いんだ。
一度で良いんだ。
サソリを我が手に!!

最後に、村長にあやかってあの台詞を。

虫じゃ虫じゃあーーっ!!

◆血採◆-ちとかとった-

病院に行って来たぜー!!

歯医者じゃない方の

「ほぼ毎日の体調不良」を治すべく、ついに立ち上がった秋狐。
近所の病院で診て貰って来た。
今迄どういった症状に悩まされて来たのかを説明し、尿検査と採血。

検査結果は来週位に出るそうで、今日は取り敢えずの薬だけ貰って帰って来た。

で、その薬。
出されたのは「自律神経の薬(と医師が言ってた)」と「精神安定剤」。

おおおおおおおおおおお。
何か如何にも「病気」って感じの薬じゃね?
「精神安定剤」なんてテレビでしか聞いた事なかったよ!!

医師曰く、安定剤は昼間に飲むと支障が出るから夜、寝る前とかに飲め、と。

それはいいんだけどさ、センセイ。

酒呑んじゃってても平気かな?

面倒臭かったから聞かなかったけど。

ま、大丈夫だよね。
一緒に呑むわけじゃないし…。

何にせよ、これで少しでも症状が改善してくれると助かる。

◆既知◆-すでにしってるが-

携帯サイトでまた新しい怪談のサイトを見付けた。

まぁ殆どが都市伝説で、しかも知ってる話ばかりだったが、楽しく読んでいる。

気に入らないのは、既に有る話をあたかも自分が体験した様に書いている人が居る事。
新しい話だと思っているのか態とやっているのかは知らんが、何だか一寸不愉快。一寸だけだけど。

だがやはり怪談は楽しい。
最初読んだ時は「怖ぇぇぇ!!」と思った「一寸ババア」という話なんか今じゃかなりのお気に入りだ。

まだこのサイトの話は序盤しか読めていない。
今後、暇な時間を作って読破したいと思っている。

寝る直前に布団の中でゴロゴロしながら読む怪談がかなり好き。
よし、今夜やろう!

◆癖見◆-くせでみる-

昨日、よだれ丸宅を辞す直前、気合を入れて付けようとした腕時計のベルト部分が引き千切れた。

よりによって使う直前に使えなくなるとは何事だこの野郎。

仕方無く、花火の待ち合わせ前にベルトを新しい物にしようと一寸早めに向かった自分と付き添いのよだれ丸。

だが、時計屋にはシャッターがガッチリと下ろされていた。

くそぅ、どうでもいい時には開いてるのに!!

しかし開いてないものはどうしようもない。
帰宅後、ママ上に時計を託し、本日の仕事には時計無しで臨んだ。

時計自体は携帯にも付いてるから時間を見るのにはあまり支障は無い。
が、いつも外出時は腕時計で時刻を確認するのが癖になっている自分、つい何も付けていない腕を見てしまう。

今回もついやってしまった。
何か恥ずかしいよね、こういうの。
だから腕が痒かったフリして誤魔化した
多分、誰も気にしてないだろうけど、一応。


仕事から帰って来たら復活した腕時計が置いてあった。
明日からはまた腕時計を付けて外に出られる。

あー良かった。

◆照華◆-てらすはな-

本日の体調はまずまず。
御蔭で毎年楽しみにしている花火大会を楽しむ事が出来た。

前日からよだれ丸の家に泊まらせて貰い、散々「どうぶつの森」で遊んだ後、待ち合わせ場所へ。
あまりの暑さに既に体力は尽き掛けていた自分、何とか気力だけで仲間を待った。

程無くしてよだれ丸と自分以外の今回の参加面子、総長、水無月、やっしー君が続々と到着。
近くのスーパーで総菜を買い込んだ後、花火の観易い土手の或る地帯までダラダラと向かった。

現地に着き、花火の時間迄談笑。
久々の再開になる者も居る為、話は尽きなかった。
まぁ、殆ど阿呆過ぎて此処には書けない話ばかりだったのだが…。

で、いよいよ花火が打ち上がり始めた。
雑談をしながらも異常に盛り上がる我々。
酒も進むという物だ。
2007年夜の華・壱

そして雑談と観賞の最中に頑張って写真を撮り続けた。
2007年夜の華・弐

動いている物を撮るのは結構難しいもので、何度も失敗してしまった。
それでも屈せず更に撮る。
2007年夜の華・参

しかし腕も疲れたし、肉眼でも観たいからという理由で撮影時間終了。
再び食と酒と雑談と観賞に戻った。


午後八時位で全ての花火が打ち上がり、のんびりお開きに。
今年の花火も去年同様楽しかった!
来年も今日位の良い天候に恵まれて欲しい。


さて、次は来週末の仲間内での花火が有る。
参加面子は今の所shawn、水無月、よだれ丸、秋狐。
当日は今日と同じ様に擦り切れる迄遊び倒してやろうと思っている。

どうかどうか天気が悪くなりませんように。

◆前夜◆-ぜんや-

明日の夜は秋狐の元地元で毎年恒例の花火が有る。
本当は終戦記念日のイベントのおまけの花火なのだが、その会場は一寸遠い為、いつも近所の土手で花火だけ楽しんでいる次第。
つーかあの辺の人は皆そんな感じで毎年集まっている観が有る。

で、今年は前夜祭ってんじゃないが、よだれ丸宅に御泊り会。
よだれ丸の家が近いわけではないのだが、折角だから前日からテンション上げて盛り上がろうという企画だ。

ただ、体調がこの前から微妙なのが不安。
一昨年の二の舞は嫌だ。何とか治ると良いんだが…。

まぁ取り敢えず、これから仕事を頑張ってこなさねば。
遊びの前の準備運動だ。

頑張れ、自分の身体!!

◆本日◆-ほんじつから-

今日の昼からまた、大好きな「特攻野郎Aチーム」の放送が始まった。
未だ今日の放送は観ていないのだが、録画はバッチリ。

早く観たくて仕方無い。
今回の放送は「~Aチーム」の第三シリーズ目。
DVD-BOXを二シリーズ目迄しか持ってない自分はかなり楽しみ。

頑張って時間を作らねば!

◆戻来◆-もどってきた-

「どうぶつの森」にて。

一寸前に引越していった雌アヒルの「アンヌ」。
奴がまた我が村に舞い戻って来た。
高飛車キャラが雌ペンギンの「サブリナ」と被るから、出て行った時は嬉しかったものだ。

が、奴は何故か戻って来た。
しかもあろう事か

人の埴輪置き場に家を建てやがったのだ。

こんの馬鹿者がああ!!
何の為に木を切ってスペース空けたと思ってんだ!


御蔭で一部の埴輪は消えて無くなった…。

おのれ「アンヌ」…。
この恨み、いつか晴らしてくれようぞ…!!
虫取り網とか被せまくってやる…!

◆縁尽◆-えにしがつきたか-

恐れていた事が起こった。
先日から煮え湯を飲まされてきたアレ。

華麗なる便器たち」。

そのガチャガチャがついに店頭から消え失せた。

ちきしょう!未だ一回もまともな便器を出せてなかったのに!!

恐らくアレが近所のスーパーの店頭に並ぶ事はこの先期待出来ないだろう…。
あああ悔しい…。


……捨てようかな、スライミーと野獣…。

◆抜筈◆-ぬいたはずだったのに-

嘘だろ?マジで?だってあんなに痛い思いしたのに…。

親知らずを抜いた場所からまた歯が出てる!!

最初は歯茎の腫れだと思った。
その期間があまりに長いからさっき指で触ったら硬い感触…。
それも爪で叩くとカチカチする強度。

そんな硬い物なんて食ってない。
仮にそうだとしても、ずっとその場所に有るって事は刺さってると言う事だ。
そんなもんが刺さってたら凄ぇ痛いだろ、普通。

で、小さな鏡と普通の鏡を駆使して無理矢理見た所、白い色を確認。

………これ、歯だろ…

だが四年前位に抜いて貰ったんだ、其処に生えてた親知らず。
それともアレは遅れて生えてきた乳歯だとでもいうのか?
否、違う。
歯医者は確かに「親知らず」だと言った。
ならば間違いは無い。

一体、どういう事なんだ?
自分の身体に何が起こっている??

早く診て貰って確認したいが、また「抜け」と言われるのが凄く嫌だ。
痛いし金も無いし怖いし金も無いし。

でも早く行った方が良い気もする。
今月末か来月頭位に勇気を振り絞りまくって行ってみようと思う…。

◆警戒◆-けいかい-

近所によく出没する野良の仔猫達。
とても警戒心が強く、なかなか近くに行かれない。
去年の仔猫は懐っこかったのに…。

今日も仕事帰りに二匹遭遇したのだが、悉く逃げられてしまった。
やはり手に餌を持つ作戦にした方が良かったのだろうか。

仕方無いとはいえ、何か悔しい。

猫、猫よ。
自分は確かに肉は大好きだが、猫を取って食う趣味は無いぞ。
一寸だけ、そのモフモフを撫で撫でさせてくれるだけでいいんだってば。

うーん…やっぱ、餌かねぇ?

◆漸手◆-ようやくてにする-

発売日に本屋に行っても影も形も無かった「新・学校の怪談③」、漸く手にする事が叶った。

以前も書いたが、このシリーズは幼少時から愛読していたシリーズ。
しかし、ジャンルが児童書の為、レジに持って行くのに些か勇気が要る。
それでもやはり読みたい気持ちは変わらず。
今回も己の心に正直になり、レジへ持って行った。

で、途中までワクワクで読んだ。
だが、何やら旧シリーズで見たイメージ写真や話と酷似した内容が見受けられる。

ううむ、やはりそんな沢山の違う話を集めるのは難しいのだろうか?
否、完全に同じではないし、自分の見間違いという事も有るからちゃんと確認するつもりではあるのだが…。

と文句は垂れてもやはり楽しい物は楽しい。
多分明日位には読み終わるが、恐らく存分に楽しめると思う。

◆病調◆-やまいをしらべる-

今日元気だ御飯が旨い!!
今日は珍しく体調が良いらしい。飯がしっかり食えた。良い事だ。

だが、体調の崩れは突然やって来る。
それも昔から。
不規則な生活じゃなくても崩れる体調…。これは一体??

というわけで一寸調べてみた。
すると或る病気が浮かび上がって来た。

自律神経失調症

と或るサイトにはこう書かれてある。
不規則な生活や習慣などにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な身体の不調のことです。
内臓や器官の病変によるものではないので病院で検査をしても「異常なし」。


……確かに…具合が悪いからと病院で検査したが「何処も悪くない」という結果が三年前から出ている…。
そしてこの「自律神経失調症」の主な症状は以下。秋狐の不調が見られる箇所は色付けしておく。

≪頭≫頭痛、頭重感

≪耳≫耳鳴り、 耳の閉塞感

≪口≫口の乾き、口中の痛み、味覚異常

≪目≫疲れ目、なみだ目、目が開かない、目の乾き

≪のど≫のどの異物感、のどの圧迫感、のどのイガイガ感、のどがつまる

≪心臓・血管系≫動悸、胸部圧迫感、めまい立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動

≪呼吸器≫息苦しい、息がつまる、息ができない、酸欠感、息切れ

≪消化器≫食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる

≪手≫手のしびれ、手の痛み、手の冷え

≪足≫足のしびれ、足のひえ、足の痛み、足がふらつく

≪皮膚≫多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ

≪泌尿器≫頻尿、尿が出にくい、残尿管

≪生殖器≫インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ

≪筋肉・関節≫肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない

≪全身症状≫倦怠感疲れやすいめまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい

≪精神症状≫不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる


…………これもう確定じゃね…?「自律神経失調症」だろ自分…。

だが規則正しい生活をしていた時もこんな感じだった。
実は違う病気ではなかろうか?
読み進めて行くとこの病気は四つのタイプに分類出来るのだという。
それがこれ。

◇本態性型自律神経失調症
要因:生まれつき自律神経の働きが乱れやすい
特長など:低血圧虚弱体質体力に自信がない人に多い
 
◇神経症型自律神経失調症
要因:心理的なことから
特徴など:自分の身体の不調に敏感な人がなりやすい
身体的な不調が多くみられる場合に神経症ではなく自律神経失調症と診断される

◇心身症型自律神経失調症
要因:感情や疲労などの日常生活のストレスを無理に抑えること
特徴など:約半数がこのタイプ。あらわれる症状やその重さが様々

◇抑うつ型自律神経失調症
要因:ストレスの慢性的な蓄積などによるうつ反応
特徴など:抑うつ気分が身体の症状に隠れて発見されないと『うつ』に対する適切な治療が行われないことになる



生まれつきだったのかぁぁああッ!!!

道理で幼少時何もしてないのに毎週体調崩してたわけだ。
興味本位で調べてとんでもない事実を知っちまったぜ。

なおせるといいなー(棒読み)。

◆作法◆-さほう-

何年か前、よだれ丸、ぱヱ、やっしー君等と雑談中に生まれた話が有る。
大いに盛り上がり、今でも偶に話題に上る。


「マナーのビデオ」という物が有る。
食事等の礼儀作法をビデオで見て学習するアレだ。
最近では小学校でもそういったビデオを観たりする機会があるらしい。
我々の小学校時代なんぞ、プラスチックの食器ですらない物で食事をしていたというのに。

で、直ぐに話題は変わる。派手な格好をした人間を見付け、「傾奇いてんなぁ」等と言う。
「ん?傾奇者(かぶきもの)?」
「傾奇者と言ったら織田信長だよな」
そう言えば信長って親父の葬式の焼香で抹香を位牌に投げたらしいじゃん

そして何故か前後の話を合体させる我々。
題して、

信長式 正しい御焼香のあげ方

・まず普段着若しくは傾奇いた出で立ちで式場に赴きます。
 履き物は下駄か草履で構いません。
 開始時間には遅れていくのがマナーです。

・式場に着いたら列席者達全員に軽くメンチを切ります。

・入口付近で荒々しく履き物を脱ぎ捨て、乗り込んで下さい。
 故人の位牌と遺影にもしっかりメンチを切る事も忘れずに。

・其れ等が済んだらいよいよ御焼香です。
 目の前に有る抹香を片手で鷲掴みし、渾身の力を込めて位牌に投げつけます。
 この時、位牌にはメンチを切り続けて下さい。
 御焼香は何度もやってはいけません。一度だけ投げつけましょう。

・御焼香が終わったら今度は脇目も降らずに式場を出ましょう。
 履き物は持って帰って構いません。


因みにこの話はあくまで冗談故、実行して何か問題が起こっても当方では一切責任は負わない

しかしながら仲間連中には、秋狐の葬式ではこの「信長式」で盛り上がって欲しいと思っている。

…馬鹿でごめん。

◆捨前◆-すてるまえに-

「どうぶつの森」にて。

雄兎の「モモチ」の家へ遊びに行ったら、部屋がダンボールだらけになっていた。
どうやら引越そうとしているらしい。
慌てた。

先日、うっかりしてたら雌ペンギンの「サブリナ」が引越してしまい、一寸凹んでいたのだ。
「モモチ」と「ジョン」はお気に入りだから、まだまだ我が村に留まって貰いたい。
故に一生懸命頑張って説得を続けている。

で、その説得の合間にふらりと村の役場に立ち寄った。
其処には処分品を入れておくデカイ箱が置いてあり、毎週月曜と木曜にその中身は廃棄される。

気が向いた自分はその箱を開けてみた。
すると、以前「モモチ」の家に置いてあった家具が有るではないか!
しかも自分が欲しかった「ししおどし」と「よろいかぶと」!!
「モモチ」にはすまないが、捨てられる前に頂いた。

御陰で現在、自分の家は着々と和風の一室が出来上がりつつある。
後は畳かなぁ。
早く見付けたいものだ。

◆信長◆-のぶなが-

よだれ丸とぱヱと共に、芝居を観に行って来た。

「エルプロダクツ」さんの劇で、数年前から足を運んでいる。
このブログによく書き込みして下さる遥さん、一番隊隊長さん、サコミズさん、福さんはエルプロさんの芝居に出演されている役者さんだ。

エルプロさんの芝居は面白い。
ギャグでキャラを魅せ、シリアスで更にそれを高める。
故にピッと締まる。
基本的に時代劇が多いのだが、役者全員が女性なのにも拘らず、刀を使う殺陣には生温い所が無い。

そんな所に惹かれ、毎回足を運ぶ。

今回の劇は「テッペンカケタカ」。
あの織田信長が主役の物語。
時代劇だが一寸アレンジが入っている為、歴史上の事実とは異なる展開になっているが、そこは芝居故、当たり前と言ったらそうかもしれん。

明日も公演が有る為、詳しくは書かないが、信長の孤独と蘭丸の妄執、光秀や散っていく武将の無念。
同じ場所に居るのに各々の心が別々の方向を向いているが故に、全てが悪い方へ向かって行く。
ほのぼのな前半から一転、後半は…。

興味が湧いた方は是非恵比寿エコー劇場へ。
つっても明日で終わりだが…。
因みに時間は十一時からの回と十六時からの回の二回。


で、今回の公演もかなり楽しく観劇出来た。
都合により、今回も一回しか観る事が出来ないのは残念でならない。
また来年も公演が有るなら、是非観に行こうと思っている。

芝居後は、ぱヱが用事が有る為先に別れ、よだれ丸と二人で回転寿司を食べてから帰宅。
寿司の御供

味噌汁、旨かったなぁ。

一寸早いですが、エルプロさん、役者の方々、関係者の方々、お疲れ様でした!

◆背長◆-せとながさ-

「最近の人って背の高い人多いよな」

或る時そんな感じで会話を始めたぱヱと秋狐。
この時はそれ程会話が続く話題だとは思ってもみなかった。

切欠はこの一言。
江戸時代は小さい人ばっかだけど、戦国時代の人は背が高かったらしいじゃん

この一言から妄想が膨らみ、とんでもない物に昇華してしまった。


「…でも日本人だしなぁ…。身長が180センチとかでも足は短そうだよな。
座高150センチとかさ


足の長さ30センチ!!?


それで馬に乗って戦に行くんだぜ!


かっけぇぇ!!それ見てぇぇぇ!!!



………いい歳してこんな会話…。
馬鹿でごめん。

◆苦瓜◆-にがうり-

苦瓜を買った。

先日の台風の影響で野菜の値段が上がり、苦瓜も高くなっていたのだが、今日の価格は一本百三十八円。
つい一週間程前は一本二百五十八円だった。

これは買うしかあるまい。

ついでに少量の豚肉も買った。
今夜はゴーヤチャンプルーもどきで酒盛りだ。

よしよし、食って呑んで明日も頑張るぞ。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。