散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆夫流◆-おっとがながした-

「どうぶつの森」にて。

「メッセージボトル」という物が在る。
これは瓶詰めの手紙で、海に流す。
すると時間差で誰かに届く、という一寸小粋な手紙だ。

だが「誰か」というのが落とし穴であったりもする。
この「メッセージボトル」、誰に届くか判らないのだ。

普通なら、海に流したボトルは通信した相手の村に届くと考える筈だ。
しかし、このボトルはそうとは限らない。

例えば、面識の有るAとBが通信したとする。
・Aは通信前に予めボトルを流しておく。
・だが通信後、Bの村には届かない。
・別の日にBは、Aとは面識の無いCと通信をする。
・その後Cは、AとBの知らないDと通信をする。
・数日後Dの村に何故かAが流したボトルが届く。

こんな事が起こりえるのだ。
で、先日こんなボトルが我が村に流れ着いた。

つまへ


一寸一寸だんなさん!!
折角粋な手紙を流したのに失敗してますよ!!

「つま」は知らんのだろうな、この手紙を…。
一体誰なんだ、「つま」…。


メッセージボトル、あんま興味無かったけど今度流してみようかな。
たすけてたすけてたすけてたすけてたすけて」とかいう文面で。
ふふふ、きっと面識の無い人が受け取ったら驚くに違いない。
スポンサーサイト

◆筋叫◆-すじがさけぶ-

初めてだらけの事をやらせて貰って来た。


先日、いつもお世話になっている劇団「エルプロダクツ」の責任者のエルさんから「ワークショップのお知らせ」というメールが来た。

「ワークショップ」なんて言葉、今迄知らんかった自分。
初めて見る単語に戸惑ったものの、内容が面白そうだった為、参加する事にした。


そして今日、エルプロさんの「ワークショップ」当日。

まずゆっくり時間を掛けて準備運動。
柔軟等を念入りに。

運動不足で身体が錆切っている秋狐、大苦戦
少し身体を曲げたりしただけで筋が捩じ切れそうになる

他の方々は流石、床にべったり身体が付く人も。


やっとの思いで準備運動を終えると、今度は発声練習等を。
だが一寸尻込み。

いつも比較的ボソボソ喋る秋狐。
舞台の役者さんと同じ様には行く筈も無い。
それでも頑張ってやってみた。巧い下手は別として。

その後は滑舌練習に苦戦。
「貨客船マンギョンボン号」「火星探査車」「光速増殖炉もんじゅ」のどれかを割り振られ、言わねばならない。
二回やって、自分は「貨客船~」と「~もんじゅ」を言ったのだが、「~もんじゅ」の言い難い事!
何回か練習したのだが、どうしても「こうそく・ぞうそくろ」と言ってしまう。
仕方無いので物凄くゆっくり言ったのだが…。

それが終わったら今度はダンス。
と言っても激しい物ではなかった。難しい物でもなく、基礎的な物。

しかーし幼少時に踊った盆踊り以来、踊り全般やった事がなかった為、これまた大苦戦。
何度もステップを間違え、ペアになったサコミズさんをどつきまくってしまった。

……サコミズさん、本当にすみませんでした…。


それ等を一通り終えて、今回の「ワークショップ」終了。
慣れない事ばかりでテンパリっぱなしだったが、とても面白かった。
見知った人が多かったのも大きかった。
これが知らん人ばかりだったらイッパイイッパイでそれ程楽しめなかっただろう。

次回は来月予定らしい。
もし出来るなら次回も参加してみたい。

脱、ナマケモノ!

◆喉痛◆-のどがいたくて-

火曜日辺りから喉の調子がおかしい。
痛い。

乾燥等で痛んだ時は割りと直ぐ治るが、そうではない。
という事は「風邪」か…。

幸い熱は無いし(計ってないから判らんが)、その他の諸症状も無い。
咳も出ない。

というわけで痛みが引くまで思い出した時にだけ風邪薬を飲む事にした。

朝は寝てるから除外。
昼は食べてから。
夜は寝る前に。

昼しか正しい飲み方をしていないが、昨日よりも喉が楽になっている。
移動中に舐めている喉飴の御蔭も有るかもしれん。

兎に角、熱を出して寝込んでいる時間等無い。
咳すら出ない内に治してしまおう。

よし、今日も寝る前に風邪薬だ。
酒入ってるけど多分大丈夫さ。いつもそうだし。

◆鼠村◆-ねずみがむらに-

「どうぶつの森」にて。

つい先日、「あたし系」の雌猫「たま」が引越して行った。
暫くは新しい村民が来なかったのだが、昨日起動したら新顔が。

早速そいつの家に行ってみる事にした秋狐。
村の地図を開いてみた。


……?
とても嫌な予感がする…。


向かった先には新たな家が有った。
そして案の定、「嫌な予感」は的中。


切り崩されている埴輪置き場。


うわあああああああああああ!!
誰だ馬鹿野郎!!!
人の埴輪置き場に何してくれてんだ!!



だが新しい村民は気になる。
一先ずその家に入ってみた。


鼠が居た。
雌だ。そして「あたし系」だった。


とてもがっかり。
早く引越して行ってくれと願うばかりだ。

◆目凝◆-めをこらして-

大分前から計画していた、仲間との月見に行って来た。

家を出た時には期待していた空模様、現地について空を見て落胆。

雲しか無ええぇぇぇ!!!

最初こそ流氷レベルだった雲。
それは時間を追う毎に大陸レベル迄進化してしまった。
月の光すら判らない、厚すぎる雲…。

この日の為に集まった水無月、よだれ丸、ぱヱ、秋狐は、雲のほんの少しの隙間から顔を出す月の欠片や光を目を凝らして拝むのが精一杯。

モザイク仕様…

何これ?イジメ?
何このチラリズム!

この写真が撮れたのは奇跡の様なものだった。

しかし仲間と集まっていた為、テンションの下がりは然程でもなかった。
寒かったのは痛いが、途中から総長も参戦。
更に場は盛り上がった。

そして、来年こそはまともな月見を、と決意しお開きに。


今度会うのは来月の呑み会(予定)。
実に楽しみだ。
水無月、セッティング頼んだよ!

◆名月◆-めいげつ-

今日は満月ではないが仲秋の名月が拝める日だ。
今、窓を開けて月を見つつ、酒と肉を楽しんでいる。

そう、「独り月見」だ。
一寸雲が多いのが痛いが、月は綺麗だ。

深夜の名月

携帯だとあまり良く撮れないのが残念…。


そして明日はいよいよ仲間との月見。
実は今日既に月見用の菓子を少し買ってある。
ふふふ、明日いきなり持って行って驚かしてやろう。
嗚呼楽しみ!

皆、明日は晴れると良いな!!

◆皆祝◆-みなでいわう-

今日は小学校時代からの仲間、shawnの結婚式に出席して来た。

仲間内での参加面子は総長、水無月、ぱヱ、秋狐の四人。
場所が一寸遠かった為、少し早起きして向かった。

いつも秋狐と一緒に馬鹿な事ばっかやってるshawn。
その奴が結婚…。
何だか不思議な気分だった。

だが素直に感動等する我々ではない。
普段から弄られキャラのshawnをネタに馬鹿話が炸裂。
本人も巻き込みつつ、大いに楽しんだのだった。

折角なので式の最中の一枚を。
神の御前で

shawn、花嫁さん、御目出度う!!

…また是非遊んで下さい<(_ _)>

◆猫娘◆-ねこむすめも-

本日之衝動買い「猫娘汁」。

猫娘が…

あの、ねずみ男に凄んでいる時の形相で林檎を掻き毟っている。

この写真には写せなかったが、猫娘のもう一寸右にはビビリまくっている火の玉、鬼太郎の左には闇に溶け込みそうな子泣きじじいが佇んでいるのだ。

未だ飲んではいないが「りんごはちみつ味」らしい。
林檎ジュースはあまり好きではないのだが、猫娘のステキな表情にやられてつい買ってしまった。


…さて飲むのは明日か明後日か。

◆暴君◆-ぼうくん-

何ヶ月か前、shawn、水無月、hisyou88と共に焼肉を食いに行った時の話だ。
いつもの様に下らない話に花を咲かせていた我々。

色々な事を話したが、ふとマリオの話になった。
あの有名なゲームのマリオ。
そう言えばマリオは配管工だったな、とか話していた。

と同時にマリオシリーズ全体の話に。

ピーチ姫って王国の姫なのに捕まり過ぎじゃね?
わざと捕まってんじゃないの?実は黒幕とかでさ
何の為に?

配管工の腕を(仕事に関係無く)試す為


で、それを総合したら姫がとんでもない事になってしまった。
以下、あくまで我々の妄想だが、それでもイメージが壊れるのが嫌な人は読まない事をお勧めする。
読んで何が起ころうと当方では責任は一切負わない。







<マリオシリーズで物語が始まる一寸前>

ピーチ「おいクッパ、俺が捕まってやるからマリオ呼び出せよ」
クッパ「…は、はい」

<ここからゲーム本編開始>

<クッパ一味、奮闘中>

<その頃クッパ城では…>

ピーチ「あー…暇だなぁ。おいお前、何か一発芸やれよ」
ノコノコ「…!……は、はい!」
ピーチ「遅っせぇなマリオの奴。ったく使えねぇ」

<マリオ到着>

ピーチ「ありがとう!マリオ!!」


ここに暴君ピーチが誕生した。




…ごめんねピーチ。

◆出迎◆-でむかえつつ-

つい先日の話。

帰宅すると(食に夢中でない限り)ちゃんと御出迎えする我が家の愛犬、天<あめ>。

先日も仕事から帰って来た秋狐を尻尾を振りつつ出迎えてくれた。

よしよしと撫でてやる。
「出迎え御苦労」、と。
その時だ。


天「…ゲフッ」


……お前……。
何だよその「あー食った食った」的なアクションは…。
疲労と空腹で帰って来た秋狐に対する挑戦状か?


その後天は眠そうなおっさん顔でUターンしていった。
今度やったら「純次(「◆愛犬◆-あいけん-」参照)」と呼ぼうと思っている。

◆器長◆-うつわがながい-

先日近所のスーパーで衝動買いした「男前豆腐店」の「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」三連と共に、こんな豆腐も買っていた自分。
マブ

一見飲料の様だが違う。
「~ジョニー」と同じく「男前豆腐店」の商品。

オボロドーフ「マブ」

因みに蓋の上部はこうなっている。
マブ上部

初めて見たのは別の場所だったのだが、その時は持ち合わせが無かった為に諦めたのだ。
実際、一寸高いし。

で、今回思い切って買ったわけだ。


容器の形状からして初めての豆腐。
ワクワクしながら蓋を開け、中の豆腐を掬ってみた。

……お、硬い。
「やっこ野郎」レベルの柔らかさだと勝手に思っていたから吃驚…。

味は勿論旨い。
今回はポン酢だけで。


やはりここの豆腐は面白美味しいな。
次の新商品が(有るか判らんが)楽しみだ。

◆卵昼◆-たまごとひる-

東京都美術館で開催されている「トプカプ宮殿の至宝展」に行って来た。
暇を持て余していた総長を道連れに。

数々の至宝や実用品に唸り、菓子係とシャーベット係に笑い、大いに楽しんだ。

帰りは総長も自分も朝から何も口にしていなかった為、一寸遅めの昼飯を元地元で摂ろうと言う事になった。
そして駅ビルのレストラン街をブラブラ物色。

その時或る店が目の前に。
その名も「卵と私」。
卵と私

この不思議な名前とオムライスしかないメニューに惹かれ、フラフラ入店。

店内のメニューもデザート以外の食事メニューはほぼオムライスばかり。
しかし当然同じオムライスではない。
チーズが入っていたり、コロッケが乗っていたり、シチューに浮かんでいたりと様々。

今月末結婚式を挙げる仲間のshawnの話をしつつ、オムライスを楽しんだ。
総長、御馳走様!!


機会が有ればまたこの店で、今度は別の種類のオムライスを食べたいと思っている。

◆変文◆-へんなふみ-

「どうぶつの森」にて。

先日秋狐がサボった「むしとりたいかい」の結果発表の手紙が村長から届いた。
掲示板にも書いてあった為、既に知ってはいたのだが、一応読んでみようと文を開いた。


そんちょうより


……村長、この文って炙り出し??

それともサボった事への意趣返し??


当然、真相は藪の中だ。
ホント、何がしたかったんだね?村長…。

◆横三◆-よこにみっつ-

本日近所のスーパーで衝動買い。
あの「男前豆腐店」の商品。

三連の「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」!!

ジョニー三連

……まぁ横に三つ並んだだけで後はそれ程変わりは無いのだが、面白くってつい買ってしまった。
まいったなぁ完全に踊らされてるよ…。

後悔はしてないけどさ。旨いから。


というわけで今夜の肴は冷食の小籠包とこれ。
どちらも美味しく頂いて明日の仕事に備える。

頑張るぞ!

◆暈頭◆-ぼけるあたま-

体力が無いというのは不便極まりない。
一寸無理しただけで直ぐにバテてしまう。
幾ら気力で頑張ろうと思っても全くもって身体は付いて来てくれない。

そして気疲れ。
あまり親しくない人と話すのは短時間でも疲れる。
人見知り故余計に。

それでも話し掛けられたら無視するわけにもいかないから無理して話す。
そして疲れる。
その上で仕事によって上乗せされる肉体的な疲労。
仕事が長引くとだんだんと思考が鈍っていく。


そのせいだろう。
そのせいだきっと。


今日の帰宅途中近所で見た、風に揺れる柳の木が

巨大なヅラに見えたのは。


ええ、早く寝ます。

◆絵浮◆-えがうかぶ-

最近、「ロジックパズル」というのにハマっている。
携帯のゲームに最初から入っていて、何となくやり始めたらこれが意外と面白かった。

「ロジックパズル」は、欄外の横と縦に書いてある数字の通りに枡を塗り潰していくと絵が浮かび上がるパズル。
何年か前迄は遊び方が判らず断念していた。

だが最近一寸やり始めたら遊び方が判って来て、パズルを完成させる頻度が上がった。
完成させる事が出来ると嬉しくて、次のパズルに挑戦してみたくなる。

この循環でどんどんのめり込んで行った。

携帯に入っているゲームのロジックは問題数が多く、未だ全てをクリア出来ていないのだが、時間を見付けては少しずつ進めている。

で、疲れたら「冒険野郎」で遊ぶ。
もっと時間が有る時は「どうぶつの森」を。

故に外出時の空き時間は時間が空かない。
寧ろ足りない。
だがこれからも遊び続ける。

よっしゃ、頑張るぞ!!

◆減物◆-へらされるもの-

「どうぶつの森」にて。

最近気付いた事が有る。
我が村の村民の部屋について。

村民は引越して来て暫くは、とても生活感の有る部屋に住んでいる。
ベッドやクローゼット、テーブル、ソファ等等がしっかり揃っていて、如何にも「家」という感じで。

ところが彼等の部屋は何日も経っていく内に何故か生活に必要な物がどんどん消えていくのだ。

初期の頃から居る雄アヒルの「フォアグラ」の家なんて寝袋と虫しか居ないし、雄兎の「モモチ」の家は化石と虫と魚しか居ない。
お前らどうやって生活してんの?

最近越して来た雄犬の「ベン」や雌コアラの「アデレード」の家は未だ生活感が有るが、その一寸前に越して来た雌アリクイの「パトラ」の家もそろそろ生活感が薄れてきた。

何で?何でなんだ?
うちの村って生活用品無くても生きていかれるのか??

この前「モモチ」が秋狐の部屋に来た時、こんな事を言ってきた。

お前、こんな部屋でよく生きていけるなー


それはこっちの台詞だ!!

お前等の家なんか只の物置じゃねぇか!!

うちは二階にちゃんと寝られる所とか作ってあるからいいんだよ。


今後も我が村の村民の生活から目が離せない。

◆昇寛◆-のぼってくつろぐ-

先日、秋狐の部屋にゴロゴロしに来た我が家の愛犬、天<あめ>。
久し振りに写真を撮ってみた。
昼の一時

耳も入らない位のドアップ。
でもやはりカメラからは顔を背け気味。

この後も散々ゴロゴロしてから出て行った。
まぁ「出て行った」と言っても奴は階段が下りられない為、一階迄は秋狐が抱き上げて下ろしたのだが…。

つーか直ぐに飽きる癖に何故いつもいつも昇ってくるんだ、お前は。
体重二桁のお前を下迄下ろすのは結構大変なんだぞ?

お前の身体と秋狐の体力の為にもう少し軽くなってくれ。

◆懲占◆-こりずにうらなう-

昨日に引き続き、面白占いを。

あなたの精神年齢は?」→「幼稚園児
……やっぱりな……。自分でも薄々そうじゃないかと思ってたんだ、うん。

鍋占い」→「白菜
周りの人があまり関心を持ってくれないが、「だし」がフォローしてくれるそうだ。
よし、今度「だし」を探してみよう。

戦隊占い」→「横分け戦隊プリリンジャー
プリリンジャーのメンバー構成は次の通り。
 レッド…秋狐
 ブルー…城みちる
 グリーン…Gackt
 イエロー…浜田雅功
 ピンク…井上晴美
 頑張ってください。

……どんな敵にも勝てる気がしない…!!

言葉責め占い」→「どマゾタイプ
どマゾのあなたは、責任感が強い人です。
頼ってくれる人にはできるだけの事をしてあげたいと思います。
強い者には徹底的にへりくだりますが、弱い者に対しては傲慢な態度をとります。
不器用なのでおもしろみに欠けますが、自分の気持ちには正直なタイプです。

「強い者には徹底的にへりくだりますが、弱い者に対しては傲慢な態度をとります」って、最悪な野郎じゃねぇか…。

おとぎ話占い」→「一寸法師
(中略)ものごとに対して慎重すぎるところは、あなたの弱点といえそう。
自分では行きたいと思っているし、本当は行けるはずなのに、勇気のなさから違う方向に行ってしまったり、始める前から結果を心配してしまったり…。
少しだけいい加減になってみると、世界が広がるでしょう。

……そうか。いい加減になればいいのか!!よっしゃ、頑張っていい加減になろう!!


今回は此の位で。
次回は未定。気が向いたら。

近々また新しい面白占いでも探しに行ってみようかな。

◆変笑◆-へんだからわらう-

ひっさびさの占いの話。

以前から時間が空いた時にちょこちょこ面白占いを探していたのだが、それ等の幾つかを書こう。
中々イロモノ揃いで楽しめる事請け合い。

スパゲティー占い
→「ミートソース・スパゲティ人間

ちょんまげ占い
→「江戸町奉行
因みに相性が良いのは「八丁堀の旦那」、悪いのは「火付盗賊改方」。

死に様占い
→「不治の病のため、冷凍睡眠で未来の世界へ送られる。只今冷凍中。
おめでとう!あなたは生き残りました。

嬉しい様なそうでもない様な…。

スーパーマリオ占い
→「役名:メット
……メット……。

オッさん占い
→「ビキニ狂のオッさん
『ビキニ狂のオッさん』のあなたは、勝気で負けず嫌いな不屈のファイター。
おかしな理屈を並べたり、筋の通らない話を強引に押し進めようとする人がいると、それが先輩や上司であっても、ハッキリと意見をするタイプです。
中にはあなたのことを生意気だと言う人がいるもしれませんが、悪いことは悪い、ビキニは小さいほどいいと、臆面もなく言い切れるあなたに、喝采を送っている人も多いはず。
トラブルにも大胆かつ積極的に取り組んでいくため、なにかと頼りにされることが多いでしょう。
ですが、この豪快さの裏側には、意外なほどの繊細さが隠れています。特に恋愛面では、臆病とも言えるほどの照れ屋さん。
変に身構えたりせず、そのままのあなたを出してみて。


「ビキニは小さいほどいい」って…(笑)。


では今回はこれ位で。
また気が向いたら明日とか明後日とかに書くかもしれん。

◆増痛◆-ふえるいたみ-

人を呪わば穴二つ。

呪ってないのに穴二つ。


本日、バイト先の健康診断へ行って来た。
起きてから健康診断の前に寄る場所が有った為、診断を受ける頃にはちゃんと目も覚めていた。
体調もまずまず。

今回はいいんじゃないの?
健康体として認めて貰えるんじゃないの?


だがやはり期待してはいかんかったのだ。

尿検査、身長、体重、血圧と順調に済み、次は採血。
ふっ、先日病院で受けた時もスムーズに済んだ。
今日の体調的にも楽勝だろ。

左腕を差し出す。
採血は短い試験管の様な容器其々三本に血液を採る。

一本目、あっさりクリア。
ま、当然っしょ。

二本目、一寸スピードが落ちたがクリア。
うん?担当の女性の表情が微妙だぞ…?

三本目、血が止まった。

あああああああああああああああまたかあああああああああ。
二年前の時の採血がフラッシュバックす……ん?

よく見ると注射針の刺さり具合が浅い。
何か「シューシュー」と音がしている。

おいおい。ちゃんと刺さなきゃ流れていかんだろ、血が。
そう思っていると向こうも気付いたのか再びしっかり針を刺す。

だが血は流れていかない。

何という事だ…!!
一寸動揺して(←小心者)ふと針ではなく自分の手を見た。

一寸紫になっていた。
しかも若干冷たくなっている。

あららららららら。
こりゃあ出ないだろなぁ、等と思っていたら向こうもそう思ったのか、右腕を御指名。
今度は細めの針で挑戦してみるらしい。
担当の女性、一寸焦っていた。
「痛いでしょ?ごめんね!」と凄い謝られた。
いえいえ、悪いのは恐らく十割方自分です

で、細い針が功を奏したのか、右腕からの採血は実にスムーズに終わった。


後ろの人達、待たせてすいませんでした。
担当の女性の方、不健康ですいませんでした。


さて、今年の健康診断の結果は如何様になっているのだろうか…?
通知は来月。

うん、不安だ!!

◆越来◆-こしてきたのは-

「どうぶつの森」にて。

漸く新たな村民が越して来た。
新しい我が村の仲間は雄コグマの「ポンチョ」(おいら系)。

越して来たばかりだというのに何故か、秋狐がデザインした服、「あふるるおとこぎRX」を既に着ていた猛者だ。

「おいら系」が被ってしまったのは残念だが、暫くは我慢しよう。

出来れば次の動物は猫がいいな…。
で、「オレ系」か「ボク系」。
「おいら系」も嫌いじゃないが、三匹以上居るととても暑苦しいのだ

出て行く村民の希望としては再び雌アヒルの「アンヌ」にお願いしたい。
…埴輪置き場の為に。

◆闇走◆-やみをはしる-

よだれ丸に教えて貰って知った新しい携帯ゲームが有る。
以前此処でも紹介した「突撃!冒険野郎」の三作目だ。

一作目は大河をひたすら泳いでいく「大河濁流編」。
二作目は降り注ぐ落石を避けながら山道をひたすら走る「火山爆発編」。

そして今回、第三作目となる冒険は「暗黒洞窟編」。
前回までと違うのは、いつもの隊員三名に加えてシークレットメンバーが追加されている事。
勿論「シークレット」だけあって、或る程度のスコアを出さないと謎のまま。

で、今回のプロローグはこんな感じ。

彼等は命知らずの冒険野郎。
スリルとロマンを求め世界の秘境を冒険していた。

ついに彼等は捜し求めていた伝説の黄金地下都市の入口である洞窟の前にいた・・・。

隊長:「遂に、ついにここまで来たな」
隊員:「そうですね。」
隊員:「しかし、疲れましたね。ここで一旦食事にしませんか?」
隊長:「うむ、そうだな。」
   「しかし、既に食料は底をついている」
隊員:「隊長、これ、食べられませんか?」

見るとあたり一面には毒々しい色をしたキノコが・・・・。

隊長:「うむ・・・。俺達は命知らずの冒険野郎だな?」
隊員達:「はい!」
隊長:「よし!まずはこれを喰って力を付けよう!!」
隊員達:「了解しました!」

パクパクパクパク・・
ムシャムシャムシャ・

隊長:「よし!腹も膨れたことだし、洞窟にもぐるぞ」
隊員:「た、隊長~
    なんだか体が痺れてそれに頭もクラクラしますぅ~・・・」
隊長:「やはり、毒キノコだったか!!!」
   「喰わなくて良かった~」
隊員達:「ええぇーー!?」

その時、洞窟の天井が崩れ始めた・・・・。

隊長:「よし、お前達、がんばって洞窟を探してこい!!」
   「俺は外でミキと供に連絡を待つ!!」
隊員達:「どええぇーー!?」

こうして冒険野郎達の新たな挑戦が始まったのだ・・・



このゲーム、やってみたが、今迄の冒険野郎の中で一番難しいかもしれない…。
巧く前方に進めないのだ。
隊員達は毒キノコのせいで目が回っている為、ゲーム中のキャラはずっとその場で回転している。
回転しているキャラには矢印が付いて回っており、その矢印が進みたい方向に来た時に携帯の決定キーを押すとその方向へキャラが動く、という仕組み。

そうやってキャラを移動させて洞窟内に落ちている金を拾い集めていくのだ。
しかし当然それだけではない。
後方はどんどん崩れていっている為、モタモタしていたり方向を間違えると即死。
また、洞窟内にはサソリや毒蛇、コウモリ等の生物が進行を阻む。
コウモリに接触すると一定時間動きが鈍くなり、サソリや毒蛇に接触すると体力が減ってしまうのだ。

回復アイテムも有るには有るが、取り逃す事も多い。
その他、一定時間無敵になるキノコや回転方向が逆になるキノコも存在する。

自分はサソリと毒蛇と逆回転キノコによって大苦戦。
それでも、ゲームオーバーになった時の隊長やミキの台詞に悔しさがこみ上げ、ついついやり込んでしまう。

今、ようやっと四百二十六万迄記録を伸ばした所。
未だシークレットになっているメンバーは出てこない。
今後暫くは熱心に冒険しそうだ。

◆系統◆-けいとう-

「どうぶつの森」にて。

「どうぶつの森」にはキャラクターの性格を幾つかの一人称で区分けする事が出来る。
因みに男女各三種類ずつ。

「ボク系」…のんびりやで食べるのが好き。ママのことを考える。
「おいら系」…筋肉命で鍛えるのが好き。男の性格では一番早起き。
「オレ系」…強面だが、気さくで鈍感。男の性格では一番遅起き。
「わたし系」…敬語口調で気弱。落ち込みやすい。女の性格では一番早起き。
「アタイ系」…お転婆でとっても元気。アイドル命で優しい。
「あたし系」…高飛車で恋話が好き。女の性格では一番遅起き。

で、前々からほんのり「ウザいのぅ」と思っていた雌牛の「カルピ」が引越してった。
やった!
どうにも「アタイ系」というのが性に合わんらしい。
だが運悪く我が村には二人も居たのだ「アタイ系」…。

どっちかってーと、天然の「ボク系」(「フォアグラ」「ベン」)と一寸渋めの「オレ系」(「ジョン」)が多い方が嬉しい自分。

序でに我が村の村民達の種別を御紹介。
「ボク系」…雄アヒル「フォアグラ」、雄犬「ベン」
「おいら系」…雄兎「モモチ」
「オレ系」…雄犬「ジョン」
「わたし系」…雌コアラ「アデレード」
「アタイ系」…雌アリクイ「パトラ」、雌牛「カルピ」(此方は元村民)
「あたし系」…雌アヒル「アンヌ」

今度引越してくる奴がどの系統なのか一寸不安ではあるが、楽しみでもある。
明日位には来てくれるかな?新しい村民。

◆暴風◆-ぼうふう-

台風だ台風だ。

だが雨よりも風の吹き方の方が激しい気がする。
雨はそんなに降っていないのに生温い風は色々な方向から吹いている。

一寸位の強風ならいいが、今迄吹いて来た方向とは違う方向から突然突風じみたレベルの強さで吹いてくるから困る。
傘がイカレてもおかしくない。今の所自分の傘は無事だが。

そんな台風、これから明日の朝に掛けてが一番酷いらしいのだが、あまりそれらしい感じがしない。
台風らしいのは風だけだ。

…まさかピークの時間がズレたのではあるまいな?

台風よ、頼むから明日の昼迄には過ぎ去ってくれ。
暴風雨に依って気力と体力を無駄に削られたくないんだ。
仕事前にバテたらどうしてくれる、ええ?
五月蝿い、貧弱って言うな。生まれつきだ。


さて、明日は笑っているやら泣いているやら…。

◆読謎◆-よんでもなぞ-

一寸変な風に捻ったらしい。
左手首を痛めた。

其処で、それ程酷くはないから寝る時だけ湿布をする事に。
しかし余っていた湿布が少なかった為、早々に無くなってしまった。
仕方無く仕事帰りにドラッグストアに立ち寄ろうと思ったのだが、一寸の差で閉店後…。

最後の手段として、ママ上に何でも良いから余ってる湿布があったら譲ってくれと頼んでみた所、以前貰った(試供品?)という湿布を譲ってくれた。

箱は無く、銀の袋に入った茶色の湿布だ。
ふと袋の裏面を見ると湿布に関しての注意事項が。
何となく読んでみると不思議な事が書いてあった。
注意事項

まぁ、判るさ。
強い薬だから患部を紫外線に当てるな、という事だろう?

しかし、これにはイマイチ納得がいかん。
何だ?この
はがした後、少なくとも4週間は同様に注意してください」って。

洗っても駄目なのか??

しかも剥がした後、八時間以上経ってたのに貼ってた場所が薄っすら赤いまま。
こんな事今迄無かった。
強すぎるのか合わないのか…。
故に未だ一回しか使用していない。
手首は治っていないのだが変に爛れても後が面倒だし。

今日は流石に赤くはなってないから貼って寝てみるか。

◆犬肴◆-いぬとさかな-

先日、酒の肴に味を付け様と冷蔵庫を開けていた時、妹が通り掛かった。
何をしているのかと訊かれた為、上記の様に答えた。

すると妹は言った。

(酒の肴に)胡椒のマルチーズ食べる?


!!!!

こ、「胡椒のマルチーズ」!?!



ぎょっとして詰め寄ると、どうやら言い間違えていたらしい。
本当は「胡椒の(味付けの)チーかま」だった。

素面なのにこの有様…。
先がとても心配だよ…。

妹よ、悪い事は言わない、指先の運動をしなさい。


因みに「胡椒のチーかま」は有難く頂いた。

◆虫欲◆-むしがほしいらしい-

「どうぶつの森」にて。

我が村の村民達は昨今虫捕りにハマっているらしい。
話し掛けると、虫をどっちが早く捕えられるかの勝負を持ち掛けられる。

虫の種類は村民によって様々だ。
雄兎の「モモチ」と雄犬の「ジョン」はショウリョウバッタ。
雄アヒルの「フォアグラ」はダンゴムシ。
雌アリクイの「パトラ」はクモ。
雌牛の「カルピ」は兎に角珍しい虫。等。

勝ち負けに拘らず虫捕りの勝負が終わって暫くすると今度は別の虫での虫捕り勝負を持ち掛けられる。

先日「ジョン」御所望のショウリョウバッタをくれてやった。
「ジョン」曰く「姪っ子の為に」虫を捕っているらしい。
だが虫をやった後に話し掛けると奴は言った。

部屋に虫を飾るのが楽しみだぜ

おいッ、
姪っ子にやるんじゃなかったのかよ!?

暫くして「ジョン」に話し掛けるとまた虫の勝負。
奴は言った。

姪っ子の為にゴキブリを探してんだ

お前、姪っ子に恨みでも有んのか?!

だがまぁこのまま放っておいても勝負がゴキブリから離れない。
仕方無く捕ってくれてやった。

その後、「ジョン」は言った。

姪っ子の為にノミを探してんだ

…いつか刺されても知らんぞ…?


で、ノミはというと、未だ捕れていない。
ノミ捕り勝負の決着が付くまで暫く奴はノミに夢中だろう…。

「ジョン」よ、暴走も程々にな…。

◆選言◆-えらべといって-

「どうぶつの森」にて。

九月一日は村のフリーマーケットだった。
外出していない村民の家に行くと、本人が売りたくないと言う物以外なら買う事が出来る。

最近新しく我が村に来た雄犬の「ベン」の家に行くとこう言われた。

気に入った家具が有ったら優しく触って教えてね

残念ながらロクなもんしかな……否、特に必要な物は無かった為、「ベン」宅を後にした。


折角だからと他の在宅者の元へ向かった自分。
やはり我が村に長く居る様な奴はキャラが濃い。

雄兎の「モモチ」はこんな事を言った。

気に入った家具が有ったらキツク握り締めて教えてくれ!

流石だよ、「モモチ」。
暑苦しいぜ!!(←褒めてる)


そして雄アヒルの「フォアグラ」はこう言った。

気に入った家具が有ったら鷲掴みにして教えてね

…家具鷲掴んでいいの!?

「フォアグラ」、やっぱりお前は最高だ。
お前とはさぞや旨い酒が呑める事だろうよ。誕生日も同じだしな。


さて、明日は「モモチ」の為にショウリョウバッタでも捕まえに行くかね。

◆涼秋◆-りょうしゅう-

今日から九月。
というわけで、旧暦の異称シリーズを今回も。

当然ながら表題の「涼秋」も九月の異称。
その他はこんなのが有る。

・色取月<いろどりづき>…木の葉が色づく月の意
・小田刈月<おだかりづき>…田の稲を刈り取る月の意
・菊月<きくづき>
・梢の秋<こずえのあき>
…梢の色づく秋に末をかけていう語
・菊秋<きくあき>
・季秋<きしゅう>
・大衝<たいしょう>
・長月<ながつき>
…古くはナガヅキとも
・寝覚月<ねざめづき>
・晩秋<ばんしゅう>
・無射<ぶえき>
・暮秋<ぼしゅう>
・紅葉月<もみじづき>
・授衣<じゅい>


おおおお、如何にも「秋」といった感じの単語ばかりだ…!
四季の中では秋が一番好きな自分はこの単語達を見ただけで何だかテンションが上がってくる。

そう、いよいよ秋だ。
秋刀魚とか梨とか柿とか栗とかが美味しい季節。
ぅうわぁ楽しみだっ。

今年の秋も食うぜ食うぜ食うぜーーッ!!

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。