散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆毒倒◆-どくにたおれる-

冷食の餃子を食べて食中毒を起こした事件が有ったらしい。
昨日、ニュースを見て知った。

該当の餃子は中国で生産された商品だという。
餃子には農薬が入っていた。

その餃子を作った工場では餃子以外にも日本に出回っている製品が多数有った為、輸入した日本の会社は自主回収をする破目になった。


秋狐のバイト先でもこの餃子を取り扱って居た為、商品の回収と購入者への返金をしなければならなかった。



中国の人達、もう一寸しっかりしてくれ。
人間なんて簡単に死ぬんだから、生産者として製品には気を配って貰いたい。
今回、五歳の女の子が死に掛けたのだから。

後、頑張れJTの人達!!
スポンサーサイト

◆来月◆-らいげつこそは-

ゲームがやりたい。
結局、今年に入ってからもずっと出来ず仕舞いの日々だ。

去年の暮頃買ったホラーゲームは相変わらず二つとも封すら開けられていない。
一時間位なら時間は有るのだが、ああいった物は集中して(夜中に)やり込みたい為、未だ部屋のオブジェ状態だ。

嗚呼、欲求不満がクライマックスになっていく…。

来月こそは一個だけでも遊びたいものだ。
せめて、「大神」だけでも…!


あ、その前にメモリーカード買わんといかん。
…面倒くせぇ…。

明日忘れなかったら寄るか、店に。

◆予防◆-よぼうには-

雨が降りやがった。
只でさえクソ寒いのに。

雪なら未だ赦せる。
だが雨だ。
冷たい上に濡れる。
冷たい癖に遊べない。
そして寒い。

御蔭で夕方頃からくしゃみの回数が増えた。
やめろやめろやめろ。
また風邪かよ…!


去年の暮れからよく風邪を引く様になった。
力が付くように、肉は(胃の調子が悪くても)ちゃんと食べている。
水分も秋狐にしては結構頑張って摂っている。

てー事はアレか?
葱か?
葱が足りないのか?
だから風邪を引きやすくなっているのか?

何かそんな気がする。


…そうだ、葱を買いに行こう。

◆本求◆-ほんをもとむ-

気が付いたら、本を読んでいなかった。
漫画は読むが、小説は一年以上触れても居ない。

飽きたわけではない。
元々本を読むのは好きだ。

ただ、時間が無い。
図書館へ行く時間は有っても、本を読む時間が無い。

まぁ、ゲームやってて空き時間が無くなっているだけなのだが…。

今迄はゲームに夢中だったのだが、最近或る程度落ち着いてきて、また本が読みたいと思う様になってきた。
最後まで読んでいないシリーズも有るし、近い内に図書館へ行ってみようか。
一冊だけ借りてゆっくり読めば何とかなりそうだし。


さて、今から何のシリーズを制覇しようか考えておこう。

◆何言◆-なにをいっても-

「どうぶつの森」にて。

本日は「ホメる日」だった。
前回、只褒める事に飽きた秋狐は悪口を言うという暴挙に及んだ(「◆悪言◆-わるくいったのに-」参照)。

しかし予想外に気に入られ、肩透かし。
そこで秋狐、今回は別の言葉を入力してみようと立ち上がった…!


そして二十秒程悩み、今回は「言葉に出来ない文(記号等)や会話にならない言葉にする」と決めた。


次はターゲット探し。
取り敢えず悪口じゃないし、誰でも良かった。
その辺をウロウロしていた雌黒山羊のスミには絵文字的な記号の羅列を放ってみる

気に入った様だ。

雄狼のチーフには「!!!!!!」を御見舞。

気に入った様だ。


………何故だ?
何故気に入る…??
くそ、こうなったら…!!


次のターゲットは雄犬のジョン。
ホメ言葉を入力し、いざ決定ボタン!
食らえ!!

グアアアアアッ!!!


ジョン「シブい!シブすぎるぜ!!」


何でだよ!!
シブくねぇよ!!


ちきしょう!よし、次だ!
ターゲット、雄犬のベン、ロックオン!
食らえ!!

ギャアアアアアア!!


………気に入った様だ

その後ベンに何回か話し掛けたら、その褒め言葉は自分に合っているのかと聞いて来た為、「バッチリ」と返したら、御機嫌。
ホメる

ベン「エヘヘ、ボクって やっぱり
ギャアアアアアア!!!!」



【実験結果】
やはりどうあっても喜ばれて仕舞う様だ。

◆河童◆-かっぱ-

総長の買い物に付き合って、「合羽橋」迄行って来た。
其処は何年か前に「見掛けた」位の場所。
殆ど記憶に無かった為、とても新鮮だった。

結論から言うと、総長目当ての物品は発見出来なかった。
だが、ブラブラ歩いただけでも充分楽しい。
飲食店用の不気味な看板は一見の価値が有った。

因みに歩いている途中、凄い像が有ったので激写。
河太郎氏

度肝を抜かれた。

何だこの像!?
何だこのリアルな大きさ!?
しかも前身金!?

この像が置いてある場所には地名の由来等が書かれた看板も有った。


さて、上にも書いた通りこの通りでの収穫は望めず、諦めた我々は昼食後、折角だからと浅草へ。
約一時間程ブラつき帰宅した。


総長、収穫無かったが御疲れ。
そしてまた色々忝い。
お互い、風邪には気を付けようぜ。

今度は仲間達と徒党を組んでどっか行きたいものだ。
三年前の林間学校もどきの様に…!

◆荒沁◆-あれてしみる-

漸く気が付いた。今日、風呂に入って。

思っていたよりも手が荒れていたという事に。

一寸関節の一部が薄っすら赤いなぁとは思っていても、別に痛くも痒くも無かった。
手を洗った時も、全然。

が、風呂では沁みたのだ。
薄赤くなっている箇所が。


ここの所ハンドクリームを塗るのをサボってたツケだろうか…?
未だ「霜焼け」や「あかぎれ」等に昇華はしていないが、放っておいてはいかん気がする。

また今夜から一生懸命ハンドクリームを塗りたくって寝よう…。
ヌルヌルするからあんまり塗りたくないが、致し方有るまい。

◆暖取◆-だんはとらせない-

昨今、窓も開けたくなくなる寒さが続いている。
当然、冷え性の秋狐、暖房を点けていても素面じゃ指先が冷えたまま

其処で、モフモフの我が家の愛犬、天<あめ>に温めて貰おうと立ち上がった…!

ゴロゴロしている天にまずは軽くアプローチ。
「お手」
差し出される前足。

内心ニヤつく秋狐。
…掛かった!

すかさず掌の上に乗せられた前足を握り込んだ(注:力は入れてない)。
肉球等からじわじわと暖かさが伝わってくる。
ほほほ…良い感じじゃあ!

その時…。

手の隙間から前足が消えた。

そう、奴は逃れたのだ。
秋狐の(冷えた)手から。

しかしこちらも負けてはいられん。
もう一度挑戦。

結果→同じ。


…野郎、明らかに嫌がってやがる…!!

何て奴だ。
こっちの手が冷たいったって、何も氷より冷たいわけではないのだ。
外の水溜りの方が余程冷たい。
その外の水溜りはバシャバシャ踏み込むくせに人の手を逃れるたぁどういう了見だこの野郎。


そういうわけで、今日は両前足で暖を取ろうと試みた。


…失敗に終わった。

◆離動◆-はなれるうごき-

本日も先週に引き続き、いつも御世話になっている役者さん方に殺陣の基礎を習いに行って来た。
そして先週に引き続き、直しに直される無能者、秋狐…。

上半身の動きに気を取られると下半身が疎かになり、下半身に気を取られると上半身が疎かになる。
自分でも「ヤベッ間違えた!」と思う所も多々有り、頭の中は徐々にテンパって来る。
テンパる事に依って、益々怪しくなる動き

表情は半笑いだったが、内心は変な汗が出まくっていたのだった。

しかし、丁寧な指導の御蔭で何となくだが感覚的に判って来た。
後はこのまま退化せずに進歩出来れば、と思う。


無様な醜態だけは何としても避けたい。
次回以降も必死で頑張らねば…!

◆暇無◆-ひまがない-

近頃、携帯のフラッシュゲームに大ハマりしている。
あちこちの無料サイトに有るフラッシュゲームを画面メモに保存し、暇な時間はそれに没頭。

殆どが馬鹿ゲームなのだが、暇潰しにはもってこいなのだ。
つーか暇じゃなくてもやっている

こうなると困るのが電池残量だ。
たかが画面メモを弄くっているだけで消耗が激しい。
これでカメラなんぞ使おうもんならあっと言う間に残量零だ。

聞いた話だと充電中に携帯を使用するのは電池に負担が掛かるらしい。
まぁあんまり気にしてないが。
だって普通に使ったって一年もすれば電池の消耗度合いは酷くなってくるのだ。
大して違いは無い。

そういうわけで、充電中であろうともゲームに興じ続けている。


…益々「空き時間」という物が無くなっちまったぜ…。
多分今後も増える事は無いだろうな。

◆山葵◆-わさびの-

お気に入りのふりかけが有る。
以前よだれ丸と入ったスーパーで衝動買いした品なのだが、これが意外に旨かった為、この時買ったふりかけを全て食べた後にまた買ってしまった。

そんな一品がこれ。
山葵ふりかけ
丸美屋の山葵ふりかけ。
唐辛子バージョンも有る。

よだれ丸と買った時はよだれ丸が山葵を、秋狐が唐辛子を買い、中身を半分ずつ分けた。
そしてどちらも食べた結果、秋狐は山葵の方が好みだと判ったのだ。
一応誤解の無い様に書くておくが、唐辛子も旨かった。

因みに新たに買った方はゆっくり食べている。
そんなに安い物ではないのだ、ふりかけ。
たかがふりかけ。
されどふりかけ。
去年に引き続き大金欠に見舞われている秋狐には結構な痛手になる。

だが旨いは旨い。
今有る分が終わったらまた買いに行ってしまうかもしれん。


香辛料は恐ろしい。

◆終着◆-しゅうちゃく-

「仮面ライダー電王」最終回視聴。

一年間、ハマりにハマったライダーが終わった。
仲間は誰も観てなかったから誰とも感想を話し合う事は出来なかったが、毎週楽しみにしていたのだ。

そして今日でそれも終わった。
何だか一寸空虚な気分だ。

響鬼の時もカブトの時も最終回の駆け足気味な展開は変わらずだったが、この作品も先の二作同様、それなりに明るい終わり方をしてくれたのは嬉しかった。

やはり「何か」が有って戦うのだから、犠牲が有っておかしくない。
だがそれでもその戦いが無駄にならない、且つ「頑張って良かった」と思える最後は観ていて気持ちが良い。

電王は今迄戦って来た仲間の怪人が敵と共に消滅してしまうかもしれない危ない状態だったのだが、最後の最後、消えたと見せ掛けていつもの馬鹿なノリで主人公の前に戻って来た。
味方の怪人達も個性豊かで好きだっただけに先週迄はマジで消えるんじゃないかとヒヤヒヤしていたのだ。


で、例の如く、直接どっかに書き込む度胸は無い為、ここでこっそり書かせて貰う。

役者の人達、御疲れ様。
一年間楽しませてくれて有難う!


これからも「電王が好きだ」と言い続けて行く所存。



……さて、自分も誰かの記憶から零れ落ちない様、頑張って行かねばな。

◆雪寒◆-ゆきだからさむい-

明日は雪が降るらしい。
駅に有る電光掲示板みたいな天気予報板に書いてあった。

雪。
雪か。


つまりアレだな?

「寒い」って事だな?


あー嫌だ。
考えただけでも目が死ぬ。
雪は嫌いじゃないけど、寒いのはどうも…。

…「怠惰スーツ」(@WJ「封神演義」)が有ったらいいのに…。


明日の試練は「布団からどう出るか」、だな。

◆予言◆-よげん-

今更だが、今月二日に初詣の為に川崎大師へ赴いたのだが、その時に引いた神籤の話を。

川崎大師の神籤は「大吉」とか「凶」とかは書いていない。
その代わり紙は二枚に分かれており、「基本の性格」と「其々の運勢」を見る事が出来る。

で、毎年大師へ赴くと新年最初の神籤を引くのだが、今年はこんな事が書いてあった。
神籤

真ん中位を見て頂きたい。
こう書いて有るのが御判りだろうか?

紛失 既に遠くに持ち去られている。

………。
秋狐は未だにパパ上から貰い受けた月の動きが判る腕時計を見付けていない。
そんな中、この神籤。


誰だ!遠くに持ち去った奴!!
ナメた真似しやがって!!



この「紛失」の運勢だけは信じたくない。
今年こそは見付けてみせる、あの時計。

そうだ、いつも秋狐の願いを叶えてくれる(百均の)毘沙門天に御願いしよう。

どうか、どうかパパ上から貰い受けた腕時計を再び我が手に…!!!


諦めてなるものか…!

◆壱始◆-いちからはじめる-

凄く久し振りに殺陣の練習をしてきた。
いつも御世話になっている役者さんの一番隊隊長さん、遥さん、福さんの中に混ぜて貰う形で。

長物を持って動いたのは去年五月の新選組祭り以来。
それ以降、秋狐は殺陣どころか運動すらしないまま今に至っていた。

当然、習った所作は全てリセット。

また一から教わる事態に。


相変わらず頭で理解した物が身体に伝わる迄やたら時間が掛かる。
思った様に出来ない焦りと指導して下さる方々に対する申し訳無さでテンパり、虚ろになる目無駄に滲む手汗乾いた音が鳴りまくる関節


そうやって必死になっている内に時間は過ぎ、稽古終了。
駅の近くで茶をしばいて帰宅したのだった。

次の稽古は来週。
今度はもう少しまともに動けると良いのだが…。


折角だし、楽しく長物をブン回したい。

◆徹男◆-てつお-

久し振りに「男前豆腐店」の豆腐を買った。
珍しく秋狐のバイト先に置いて有ったのだ。

そしてその豆腐は初めて見る商品だった。
硬派 徹男

硬派絹豆腐 徹男
その下には「豆腐料理全般対応」と書かれてある。

相変わらずオイシイネーミングセンスだ、「男前豆腐店」。
秋狐はどっちかというと木綿豆腐が好きなのだが、この会社の豆腐は面白いから買う事にした。


夜、いざ開封!
胴色のフィルムを剥がすと真っ白な塊が其処に有った。
徹男 中身

見た目は普通の絹豆腐だ。

此処の豆腐は比較的柔らかい事が多いので、予め用意したスプーンで掬ってみる。

硬かった

「絹にしては」という感じではない。
木綿より硬いのだ。

そのまま何も浸けずに一口食べてみる。
今迄食べたこの会社の豆腐から想像してほんのり甘いのかと思っていたが、意外と甘味は少ない。
だが不味いわけではない。
旨い。

よし、じゃあいつもどおりポン酢で頂こう。
再びスプーンで掬ってポン酢にブチ込んでから、食べた。
……やっぱり旨い。


久々に今宵は豆腐で楽しく酒盛りが出来そうだ。

◆知貼◆-しらせがはられる-

此処最近、あちこちで「恵方巻」のポスターを見掛ける。

節分は二月三日。
もう一ヶ月を切っている。

時間が経つのは早いな…。
二週間前は元旦だったのに。


去年は恵方巻じゃなくて只の海苔巻きを買った。
今年も近所の寿司屋で海苔巻き買って酒を呑もうかね。


そして今年の節分用の豆は凄く小さいのを買おう。
じゃないと絶対余る。
余るのは困る。
あの豆、ずっと食ってると飽きるから。


……とか言って、当日海苔巻きが売り切れてたら凹む。







どうでもいいけど「凸凹」って漢字、昔から

レゴブロックみたいに見える。

◆進病◆-すすむやまい-

おおおおおおおおおおおおおおおおお。

風邪薬は飲んだが、何故か症状か進行している。
昨日迄は少々鼻水が出る程度だった。

薬を飲んで就寝後、目が覚めた今日、新たな異変。
喉が痛い
極軽くなので気にはならないが、明らかにいつもとは違う感覚だ。

くそ、地味に進行しやがって…!

これ以上の悪化は御免被りたい。
明日から土曜迄仕事なのだ。
倒れるわけにはいかん。


…頼んだぞ、肉と酒と薬!!

◆風刺◆-かぜがささる-

寒いいいぃぃぃ!!!

何だこの風の冷たさは!!
昨日より酷いじゃないか!

御蔭でまた風邪を引いちまった。
何てこった、参ったぜ…。

明日は朝が冷え込むらしい。
勘弁してくれよ。
これだから冬はよぅ…。
熱が出ては困るから、今宵は酒を呑んで暖かくして酒を呑んで寝よう。

この文章を読んで、「こんな時位酒を控えろ」と思う人も居るだろう。
秋狐だって出来ればそうしたい。
だが、極限迄疲れでもしない限り、布団に入っても一時間は眠れないのだ。

とても不便。
しかし眠れないのはもっと困る。
だから一寸胃が凭れてても仕方無く呑むのだ。


………。


違う、違うぞ。
誤解しないでくれ。
未だアル中じゃないんだ!


…しっかし寒いよな、風。
初夏が恋しい…。

◆肉始◆-にくではじめる-

新年会、決行!!

本日は仲間のshawn宅にて新年会を行った。
参加面子は家主のshawn夫妻、総長、ぱヱ、秋狐。

集まった当初は総長、shawnの細君共に仕事だった為、買い出しやらは三人で済ませ、総長の到着を待つ。
ところが、予定より総長からの連絡が遅い。
痺れを切らした我等三人、先にハムを食うことにした。
と言っても全部を平らげたわけではなく、塊ハムのほんの一部だけ。
食べたのは中にチーズが散りばめられているハム。
チーズ入りハム

軽くホットプレートで炙ったらチーズが溶けてかーなーり旨かった。

ハム終了後、宴の下準備開始。
慣れないながらも野菜や他の材料を洗ったり切ったりしていく。
中でも一番苦戦したのは烏賊の皮剥ぎ
三人で交代しながらやっても巧く剥ぐ事が出来ない。

そうしている内、漸く総長から連絡が。
しかし烏賊の皮は未だ剥げていない
其処で、shawnが駅迄総長を迎えに行っている間、ぱヱと二人で烏賊と戦う事に。

地道に皮を剥ぎ、「もうこの位で良いか」という頃、shawnと総長到着。
ふと時計を見る。何と烏賊の皮如きに一時間も費やしてしまっていた


時刻は午後五時。
昼飯を食っていなかった我々、総長が到着したので一足先に宴を開始する事にした。

さぁ焼こう、肉を!
やはり焼き始めるのは肉から。

買い出しで得た肉をホットプレートに所狭しと滅茶苦茶に並べて焼いていく。

その際、野菜一切無視だった為、プレートは一面茶色に…
一面茶色

そして肉を焼きつつ茶碗に白米を盛った所で、いよいよ宴開始!!
腹減りな我等サクラ会連合、一心不乱に肉を貪る。

少ししてshawnの細君の仕事が終わったのでshawnが迎えに行った。
細君到着後も宴は続き、締めは塩焼きそば。
勿論、先に白米を鱈腹食っていたので量は少な目で。

焼きそばを食い終わった所で、総長の手土産のチョコレートケーキ登場。
だがケーキを切りつつ、全員で摘み食い
甘さ控えめのケーキは実に旨かった。
総長、忝い!

ケーキ終了後、テレビを観ながら暫く談笑し、御開きに。


皆御疲れ!
shawn夫妻、忝い!!


新年会、とても楽しかった。
仲間達よ、またやろうぞ!!

◆餅代◆-もちがわりに-

本日は鏡開きの日。
というわけで我が家でも汁粉を作った。

ただし、鏡餅は使っていない。
つーか今年は買ってもいない。
そんな我が家の汁粉は毎回、餅の代わりに白玉を入れる。

白玉入り

白玉、昔から好きだ。
一時期なんか「白玉だけ食いたい」と思っていた程。
あのモチモチ感が堪らん。


我が家の汁粉を食うのは久方振りだ。
今宵は白玉を存分に楽しもう。

◆整喜◆-ととのえるよろこび-

先日、「どうぶつの森」内で「所持した事の有るアイテム」と「所持した事の無いアイテム」を書き出す作業を行ったのだが、「所持した事の無いアイテム」が幾らか減ってきた為、再び書き直す作業を始めた。

「所持した事の有るアイテム」はたぬきの店へ赴き、カタログに書いてあるアイテムを書き出す。
「所持した事の無いアイテム」は前に書いたリストを整理して書き直す。

前にも書いたと思うが、秋狐はこういった作業は大好きなのだ。
きちんと判り易く表等が完成すると嬉しい。

酒を呑むのも忘れて黙々と書き出していく。
……楽しい…。
しかしアイテム数が多い為、なかなか終わらない。

今回は無理をせず、何日かに分けてゆっくり作業を進める事にした。
と言っても心は逸る。
早く纏めたい。終わらなければ資料としては使えない。


その為、今宵も少し頑張る。
目指すはアイテムコンプリート…!

◆三杯◆-さんばい-

そろばん塾に行って来た。
塾の新学期は昨日からだったが、仕事だった為、今日が新年最初になる。

そして今日は算盤塾で毎年行われる「御汁粉会」の日。
いつもはぱヱと二人で楽しく汁粉を食うのだが、今年はぱヱは仕事の為不参加。
よって一人で汁粉を楽しんだ。
新年初汁粉

汁粉には小さく切ってはあったが餅が結構入っていた為、三杯でギブアップ。
しかし久し振りの汁粉は旨かった。


甘い物も食ったし、今からは肉。
明日からまた頑張るぜ!!

◆宴近◆-うたげちかし-

仲間との新年会が近付いて来た。
今年の新年会は新婚のshawn宅で行う宴。
手土産はハム

恐らく、「ハムの宴」になるに違いない。


当日はハムを含め肉を鱈腹食う筈。
今から頑張って野菜摂取に励まねば。


否、別に野菜が嫌いなわけじゃない。
腹が減るとつい肉に手が伸びるだけなんだ!
酒の時も!
そして今も!


さて、新年会の日に体調を崩さん様、今から頑張るか。
肉を食って!!

◆足旨◆-たりないからうまい-

キャベツが旨い。

一昨日生まれて初めて焼きうどんを作ったのだが、それに入れたキャベツが異様に旨かったのだ。
キャベツ自体は普通のスーパーで買った極普通のキャベツだから、特別に旨いわけではない。

そして、今日、生まれて初めて塩焼きそばを作ったのだが、それに入れたキャベツも異様に旨かった。
このキャベツは一昨日使ったのと同じキャベツだから、特別に旨いわけではない。

因みに秋狐は特別キャベツが好物なわけでもない。


この事から導き出されるのは一つ。

ただの野菜不足


ちきしょー、またかよー。
野菜ジュース買っとくの忘れてたよー。

このままではいかん。
今週は野菜強化週間にしよう。
野菜じゃないけどアボカドでも買ってくるかね。

◆土産◆-みやげ-

先月、秋狐のバイト先のスーパーでの事。

青果コーナーの一角に里芋等が積まれていた。
その里芋が積まれた台にはプレートが貼って有り、「土物コーナー」の文字が。


仕事中の秋狐、忙しかったせいもあり、若干ぼんやり。
その時はレジから離れ、カート等の片付けをしていた。

そして件の「土物コーナー」に差し掛かる。
台の上に乗っている物を見る前に目が捉えたのはプレートの文字。
しかし、思考が鈍っているのが不味かった。

秋狐は読んだ。

土産物コーナー」と。

文字を捉えた瞬間、急激に上がるテンション


が、直後に上に乗っている物体を見て間違っていた事に気付き、テンションダウン。
つーかどんだけ旅行に行きたいんだよ自分…。


ストレス溜めない様に、今年はどっか行こう!旅行に!

◆金団◆-きんとん-

「栗金団」が好きだ。
主に栗じゃない所が

いや、栗は旨い。
旨いが、先に栗以外の所を食ってしまうと、栗が物足りなく感じるのだ。
食感や甘さが。

そりゃあ栗以外の場所は薩摩芋だから甘いのは当然だし、食感だってまんまの栗と餡状にした薩摩芋だったら違って当然。

ならば栗から先に食えば良い。
だが薩摩芋の餡と絡んでいる為、栗「だけ」食べるのは殆ど不可能だ。

かといって栗だけ残せば怒られる。
幼少時にかーなーり経験した。
まぁ当たり前だわな。


そんな今年もおせちに「栗金団」の姿が。
勿論、食いましたとも。
栗も一緒に。


…で、今までの経験から導かれた結論。
秋狐には「栗」よりも「栗を加工した菓子」の方が口に合うらしい


いつか生クリームの入っていないモンブランが食べたい。

◆武将◆-ぶしょう-

ついさっき迄やってた「天下統一!三武将SP」という番組を夢中で観てしまった。
あの有名な戦国武将の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人が主役の番組で、彼等の生き様を順に見ていく。
番組は「信長→秀吉→家康」と次の主人公にシフトしつつ代わっていく構成。


最初は信長の最期の地、本能寺後の出土品等から話が始まっていき、徐々にその人柄や人生に内容が移って行った。


この番組を飯を食いつつ観ていたのだが、本能寺の模型に感心し、天正大判の値段に口が半開きになり、秀吉の出自に吃驚したり、家康の脱糞逃走劇に笑ったりとなかなか楽しませて貰った。


やっぱ世界史とか日本史とか面白いなぁ。
昔の文書とか読めたら犬の散歩もサボって読み耽りそうだ。

あ゙!しまったもうすぐ広辞苑第六版の発売じゃん!
金を確保しておかねば!!

◆鬼火◆-おにび-

これはぱヱと先日の正月の宴にて呑んだ酒だ。

正月の鬼火

焼きいも焼酎 古酒 熟成鬼火

なかなか旨かったのだが、大晦日の日は意外と減らなかった為、ぱヱが眠ってから一人で呑み続けた秋狐。
翌日、残りをぱヱと呑みつつその話をした所、ぱヱには呑み難い酒だったようだ。

しっかし「焼きいも焼酎」なんて初めて見た。
紫芋を使っているらしい。

ところで、何でこの酒を買ったかと言うと…。




……名前が気に入ったから。

いいよねぇ、「鬼」。

◆凭苦◆-もたれてくるしむ-

参ったぜ。
年末からの胃の凭れが治らない。

今日は初詣の為、例年と同じ様に川崎大師へ赴いた。
其処で一寸遅めの朝飯を食ったのだが、胃凭れのせいで完食ならず。
しかも薬を飲まなかったらどんどん調子がおかしくなる始末…。
帰宅早々、胃薬に手を伸ばした。

何て面倒なんだ。こんな長引くなんて思わなかった。
おのれ、正月に肉を鱈腹食うと言う野望が…!

明日から仕事になる故、早めに治ってくれないと飯の都合とか色々困る。


…暫くは胃薬を手放せない生活になりそうだ。


負けるものか。
ハムの宴迄には治す!!

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。