散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆篭遊◆-こもってあそぶ-

今日明日は近所で祭り。
折角だからと仲間に誘いを掛けた所、参加可能の返事が来たのはよだれ丸とぱヱのみ。

だが二人の予定は合わず、今日はよだれ丸だけがやって来た。
まぁ「参加」と言っても祭り自体に参加するわけではないから、少なくてもいいんだが。


で、そのよだれ丸と今日は一日祭囃子を聴きながら部屋に引き篭もってDSをやっていた

勿論、出店を楽しむ事も忘れず、買った食物を囲んで。
屋台を楽しむ

うん。
旨かった!

そしてDSではマリオの対戦で白熱。
秋狐がマリオ、よだれ丸がルイージを操作。
幾つかの種類のゲームで遊んだが、尤も白熱したのは相手を出し抜いて一つのアイテムを必要数集める物。
マジになるあまり、お互い己のDS画面を凝視しながら相手に向かって「くそっ、しっ、死ねっ」なんぞと言いまくっていた。

いや…あんなに盛り上がるとは思わなんだ。


これで天気が良くて暖かかったら言う事無かったが、まぁそう巧くはいかんか。



で、明日。
ついさっきぱヱから「仕事で不参加」とのメールが来た。


致し方無い。
明日は一人でダラつこう。
ベビーカステラでも買って来ようかねぇ。
スポンサーサイト

◆夏向◆-なつにむけて-

「トラックバックテーマ」にて。

今回のテーマはこれ。
夏に向けての準備、してますか?


夏。
夏かぁ。

そうだ。
もう直ぐ梅雨だがそれが明ければ夏なのだ。



はて。
「夏の準備」とは??


あ!アレか!

花火の事か!

そういやこの前コンビニで花火売ってたな。
…いかん。
去年の苦労を繰り返さぬ為にも今年は早めに買っておかねば。


よし、皆に花火の御誘いメールを…!!


集え!仲間達よ!!

◆声掠◆-こえがかすれる-

かなり久し振りによだれ丸とカラオケに行って来た。

二人で六時間。
いやぁ歌った歌った。
久し振りの歌

だが無理な声の出し方をしていたらしく、一寸掠れてしまった。
今度行く時はもっと無理無く出したい物だ。
とはいえ、練習でもしなけりゃそんなの無理だが。

きっと次回もまた同じ過ちを繰り返すだろう…。

まぁでも楽しかった!

次によだれ丸と会うのは明後日。
秋狐の自宅近所で毎年行われる祭りにて。


体調整えて肉を貪り食うぜ!!

◆輪切◆-わぎり-

先日百均に行った時、興味を引かれて菓子を買った。
別段不可思議な味がするとかそういう物じゃない。

これ。
輪

うまい輪

あの「うまい棒」を輪切りにした代物らしい。
んで、「チーズ味」…。

これって「カー…い、否、食わずに判断するのは早計だ。
百円だし、買ってみるか。

そういう訳で衝動買いした。


果たして味はどうか…?
ちゃんと「うまい棒」か、はたまた泥棒髭のオッサンの商品か…。


いざ、開封!



…。




あ、「うまい棒」だ。
本当に輪切りにしただけだったのか。

しかし味的には泥棒髭のオッサンの商品の方が好みかな。
あっちの方がチーズ味が濃くて良い。


うん。
今度「カール」を買って来よう。



…別に回し物じゃないぞ。
念の為。

◆腹筋◆-ふっきんとか-

一寸久し振りに「トラックバックテーマ」を利用。
今回のテーマは「腹筋は何回ぐらい出来ますか?

ふふふ。
自慢じゃないがこの秋狐、腹筋なんぞ

二十回が限界です!!

だが運動不足故、二十回程度で結構体力を消耗する。
何か凄い運動した気になる。
もう明日から超ムキムキじゃね?」位。



運動は苦手だ。
短距離ならちったぁマシだが長距離も球技も水泳も全部駄目。
好きにもなれん。
学生時代なんかこの時期、「プールなんて爆発すればいい」と思っていた。

身体も硬い。
滅茶苦茶硬い。
「足を百八十度開け」と言われてやらされたら死んでしまうだろう。
…筋が。


こんな堕落した状態で夜中に肉とか食っていれば当然、メタボまっしぐらだ。
が、幸い歩くのは好きな為、メタボになるのだけは免れている。

…でもなぁ。
体力はもう少し付けといた方が良いよなぁ。
旅行行った時の為にも。


困ったぜちくしょう。

◆斬夢◆-きるゆめ-

昨日見た夢だ。




場所は元地元。
誰かと一緒に居た。
失念してしまったが、多分よだれ丸かぱヱだったと思う。

最初は職探しをしていたのだが何故か途中から妙な条件が発生し、それ先をクリアしなければならなくなった。

その条件とは。

日本に居る「人外の者」を斬る事

何だか凄くゲームっぽくなったなぁ等と思っていると、以下の設定が頭に流れ込んで来た。

・「人外の者」の見た目も動くスピードも人と変わらない
・人語を話せる
・人間を発見すると問答無用で攻撃を仕掛けてくる
・人間と見分ける目印は奴等の行動だけ


気が付くと周りには誰も居らず、目の前には日本列島だけが乗っている馬鹿デカイ地図が一枚。
その地図には一部うっすらと茶色や灰色等の色が付いている。
それを見た時、再び世界設定が頭に流れてきた。

・色が付いた土地は「人外の者」を倒し済みの土地で、色の付いていない土地は未処理
・地図上の白い土地を選択すると、現地へ勝手に転送される
・転送された土地の「人外の者」を全て斬り倒さなければ元の場所へ戻れない


めんどくせーと思いつつも仕方無く白い土地を選択する。
その瞬間、周りの景色が一瞬で変わり、見た事の無い場所になった。
周りは岩ばかりで、空は無く、ドームの天井みたいな物で覆われている。
その上いつの間にやら右手には剥き身の日本刀一振りを握っていた。

マジかよ何だよここは。

ふと顔を上げてみると十数人の人が。
だが「人外の者」だったらしい。
奴等は此方の姿を見ると血走った目をして一斉に走って来た。
手には各々鈍器の様な物を持っている。
どうやら集団でフルボッコにする気らしい。
ゲームの様なふざけた設定とはいえ、このままでは己の身が危うい。

意を決して使った事も無い日本刀を構える。
奴等は何か言っていたが、失念。
確か「死ね」とか「殺す」みたいな事を言ってた気がする。

殺意を持って向かって来るなら容赦する義理は無い。
片っ端から叩き斬った。

流石、夢。
持った事も無い日本刀を簡単に操れる。

一通り斬ると再び一瞬で景色が変わり、目の前にはあの馬鹿デカイ地図が。
改めて見ると地図の色が付いているのは北海道を始めとした幾つかの北国。
全国に色が付くには未だ未だ時間が掛かりそうだ。

ちっ、何だこの面倒な事態は。
溜め息を一つ吐き、楽そうな白い土地を探す。
北の方から色が付いてきているから順番に南に向かう事にしようと、北国から一つ選んだ。
するとまた設定が頭に…。

・今選んだ土地は「人外の者」では無い、違う民族が住んでいる
・彼等は敵では無いが友好的でもない
・しかし味方にすれば大きい


つまり、何としても味方に付けろ、という事らしい。

おい。
どうでもいいけど他に味方は居ないのか?
何で秋狐一人で全国辻斬りゲームをしなきゃいかんのだ。

だが文句を言っても誰も居ない。
そしてもう転送は終わっていた。

砂と岩ばかりの場所に、白いというかやや黄ばんだ外套に身を包んだ集団が居る。
彼等は攻撃こそしてこないが、嫌悪感を顕わにした目で此方を見る。
そうかアレが「人外の者じゃない民族」か。


さて、どうやって話し掛けよう?
それよりも自分、人見知りだから無理じゃね?
絶対溝作って終わるだろ。
つーか向こうさん、「話し掛けんな消えろや」みたいな目してんだけど。
行きたくねーんだけど。


と、剥き身の刀を持ったまま暫し思案。


…しかし、途中で目が覚めてしまった。




一昨日は爽やかな夢だったのに、何で昨日はこんな殺伐とした夢を…。
まぁ後味悪い夢じゃなかっただけマシか。

◆泳撮◆-およぐをとる-

「品川アクアスタジアム」とやらに行って来た。
暇を持て余していた総長と。

実は昨日の宴の三次会迄くっ付いて行った秋狐。
夜中の三時頃に渋谷から目黒迄歩いて始発で帰って来た。
それから軽く寝てからの出発。
微妙に酒も残っていた。

夜中に歩いている時は胃凭れに苦しんでいたのだが、寝る前に胃薬を飲んだ御蔭か起床後はそれ程でもなく、一寸ホッとしながら待ち合わせ場所へ。


まず、水族館。
秋狐が狙うは唯一つ。
「エイ」だ。
前にも書いたと思うが、あの水中を飛行する様な姿が気に入っている。

その「エイ」。
水族館へ入ると早速遭遇。
あちらこちらを飛び交っている。
でもこの時は写真には収めず、その先へ。

奥へ進むと蟹発見。
仲良く(?)並んで居たので撮ってみた。
蟹
うん。
旨そ…否、なんでもない。

撮影後、戻って再び「エイ」の場所へ。
今度はちゃんと写真を撮る。
水中飛行・壱

水中飛行・弐

水中飛行・参

本当はもう少し撮ったのだが、何しろ奴等泳いでいる為巧く撮れず、まともな写真はこれだけ。
それとこの他に二つ程動画を撮影。
後でこっそり楽しもうと目論んでいる。
写りが悪かったら消すけど。

水族館を辞した後は海豚のショーを見物したり、一寸した乗り物系で平衡感覚をブチ壊してみたりして楽しんだ。

…後から書くのも何だが、乗り物系に乗る前の注意事項で「乗れない人」の条件が書かれてあったのだが、その中に「低血圧」も含まれていた。
…ははは…無事で良かった。


その後は特に観る物も無かった為、御開きに。

総長、御誘い忝かった!
今度は仲間総出で遊べると良いな!


さぁて、次の遊びはよだれ丸とカラオケだ!

◆善宴◆-よきうたげにて-

五月に行われた「ひの新選組まつり」に参加したエルプロさんの本打ち上げに混ぜて貰って来た。
役者及びスタッフの方々と顔を合わせるのは約二週間振り。
此処だけの話、軽く緊張していたのだが宴会は楽しく、緊張も直ぐに消えた。

さて、緊張が解れたらこれをやらねば。
酒宴の写真撮影。
飯の

今回も役者の遥さんに御協力頂き、馬鹿写…じゃなくて、イイ写真を撮る事が出来た。
遥さん、有難う御座居ました<(_ _)>



酒宴開始後、最初にサラダが出た。
のだが、めんど…否、敢えて撮らずに次ぎの皿から。
たまご
この皿、他の物も乗っていたのだが、最初から普通の写真じゃ面白くない。
というわけで、一番最後に残った物を激写。

で、次。
さかな
今度はまともな写真を。
カツオか何かのカルパッチョ…だったと思う。
旨かったぁ…。

此処で再び馬鹿写真。
トマトで顔を
じゃがいもとトマトとたらことチーズを焼いた物だった。
折角だから、とトマトを穿り出して顔っぽく配置。

…何かバケモノみたいになった。

次。
最後の一口
二枚目の写真のその後。
旨いであります。

次。
とり
多分、鳥の唐揚げ。
最後は満腹で残してしまった事が心残りだ。
……肉……。
よりによって肉を……。

気を取り直して次。
最後の芋
バケモ…じゃなかった、三枚目の写真のその後。
旨いであります。

そして最後。
〆のデザートの前にパスタが出た。
のだが、これも普通に撮っては面白くないのでこの量で。
麺
一寸ピリ辛で旨かった。
やはり炭水化物は旨い。


飯を食い、酒を呑み、面白い話も聞けて非常に楽しい酒宴だった。


エルさん、役者の方々、スタッフの方々。
本打ち上げとても面白かったです。
今後の皆さんの御活躍にも期待しております。
有難う御座居ました!





…あ。
酒の写真撮り忘れた。

◆鯨烏◆-くじらとからす-

凄く久々に面白い夢を見た。
幾つか移り変わった夢の中の一つ。
他は失念。



気が付くと広場に居た。

白くてデカイ噴水が有って、イベントでも有るのか老若男女が大勢居る。
服装はRPGに出てくる様な、中世ヨーロッパの庶民風。
何処の国かとかは不明。
広場の地面と噴水はタイルの様な石で敷き詰められている。

其処に秋狐は相棒と一緒に居た。

相棒と言っても夢の中の設定で、現実には存在しない生き物だ。
その相棒は「」。

勿論普通の烏ではない。
中型犬より一回り小さい位の馬鹿デカイ烏だ。

その烏は言葉こそ話せないが意思の疎通が出来る、不思議な生き物だった。
因みに夢の設定は雄。



ふと空を見上げる。
晴天。
その青い空を蒼い鯨が泳いでいた。
だがその鯨も普通ではない。
空を泳いでいる時点で普通ではないのだが、体が透けていて、中身が機械なのだ。

鯨はクルクルと楽しそうに空を泳ぐ。
すると周りから歓声が上がった。

キカイクジラだ!

まんまじゃねーか…じゃなくて、一寸驚いた。
周りの人々の騒ぎをこっそり盗み聞くと、あの空を泳ぐ鯨が出現するのは珍しい事らしい。

もう一度泳ぐ鯨を見る。
何だか楽しそうだ。
秋狐は相棒に言った。


こっちも飛ぼうぜ


あの鯨を近くで見たい。
そう思った。

烏からは返事は無かったが、「判った」という「意思」というか「気配」というかが秋狐に流れ込んで来た。
その直後、烏が巨大化。

夢故、そんなぶっ飛んだ事にも動じない。
相棒が巨大化するのは「当たり前の事」だった。

象よりデカくなった烏の背に飛び乗ると、烏は空を飛び始めた。
まず水が絶え間無く噴出している噴水の上迄。
いよいよ鯨の元へ、と思ったが、鯨の姿は既に無かった。

仕方無く広場の上空を旋回。
青空の中を飛行するのは楽しかった。

と、その時。
どっかから巨大な生物(何かは失念)が飛行の邪魔をしてきた。
その生物の上には小学生位の男女が五、六人乗っている。
こちらと何かを競いたいらしい。
何か喧嘩腰だった。

しかし面倒なので無視して地面に降りる。
鯨も居ないし、飛ぶ理由はもう無い。


地面に降り、数歩歩く。
其処で残念ながら別の夢に切り替わってしまい、終了。





何か良い夢だった。
久々に楽しかった。

やはり夢はこうでなくては。

◆方位◆-ほういを-

百均に行って来た。
DVDを入れるケースが欲しかった故。

だが態々出向いたのに一つだけ買って帰るのも勿体無い。
「折角だからこれから必要になりそうな物もついでに買っておこう」と思い、暫く店内を物色する事にした。

相変わらず面白そうな物も色々有り、目移りしまくる。
しかし無駄遣いは良くない。
厳選して必要そうな物を選んでいった。

その時だ。
これが目に飛び込んで来た。
方位磁石
方位磁石。
実は結構前から欲しかったのだが、なかなか買う機会が無く、「今度でいいべ」と先延ばしになっていた。

百円とはいえ、此処で目に付いたのも何かの縁。
これは買えという事か?

ざっと見ると店内にはこの画像の方位磁石の他にも幾つか種類が有った。
が、十二支が書いて有るのはこれだけ。

…もう買うしかねぇ。


というわけで、この方位磁石は我が部屋で懸命に北を指し示している。
いやぁ良い買い物をした。


今後は何処へ行っても無意味に方位を調べて楽しもうと思う。

◆潤心◆-うるおいをこころに-

昼間は凄い暖かかった。
きっとアイスとか食ったら旨かったんだろうな。
冷凍庫に有るキャラメルのアイス、食えばよかった。

夜。
今窓を開けているのだが、丁度良い夜風がそよそよ流れてく来る。
やっぱこの時期と秋は良い。
昨日は良い月も出てた。

心に余裕が生まれると、無理せず面白おかしい事が考えられる様になってくる。

まぁ去年と同じ様な予定だが、まず今月末、近所で祭り。
来月、大生誕祭。
七月、出来たら仲間とバーベキュー。
八月、出来たら仲間と花火。
九月、出来たら仲間と旅行。んで月見。
十月、十一月、鍋を囲む。
十二月、クリスマス、年末馬鹿騒ぎ。

やはり最低でも月一で何かイベントを設けないと呆ける気がする。
心の刺激は大事だ。


まだまだ沢山笑って過ごしてやろうぞ。

◆猫啼◆-ねこがなく-

近所で野良の仔猫がまた生まれたらしい。
今日四匹程見掛けた。

非常に可愛い。
全然人間に懐いてないのが残念だ。


その仔猫。
若しかしたら近い内にまた増えるかもしれん。
夜になると春を迎えた猫の声がする。

こんな事を書いてはいかんのだが、仔猫が楽しみだ。
例え触れずとも、見るだけで心和む。


うむ、いいなぁ。
猫。

◆狂並◆-くるうならび-

久し振りに「どうぶつの森」で獲得したアイテムを書き出す事にした。
前に書き出してから結構品も揃ってきたからだ。

しかしアイテム数が多い為、手書きだと異様に時間が掛かってしまう。
其処で、エクセルを使ってみる事にした。

狸の店でカタログを見て、アイテムを入力…の前に一つ。

最終的に、いつでも見られる様に印刷をしておきたい。
では紙の大きさを決めよう。
あまり大きいと邪魔になるから葉書サイズでいいや、と設定を変える。

そして入力開始。
印刷プレビューによって現れた葉書サイズで区切ってある点線を目印に黙々と。

或る程度入力後。
試しに再び印刷プレビュー。


………あれ?
アイテムの順番がおかしい
何で入力した通りの順番が勝手に狂ってるんだ…?

慌てて順番通りに並べ替える。
ちっ、余計な手間掛けさせやがって。

入力再開。
レア物は色を変えて更に頑張る。
そして再び印刷プレビュー。


また順番が狂っている


エクセル!てめぇ何してくれてんだ!!


悔しいから今日はとことん頑張ってやるぞ。
覚悟しやがれ。

◆海老◆-えびを-

昨日の夜は仲間との酒宴だった。

場所は総長御薦めのモツ鍋屋。
参加面子は総長、水無月、shawn、よだれ丸、秋狐の五人。
この中でshawnとは四ヶ月振りの再会だった為、テンションが上がった。

そしてモツ鍋。
これがかーなーり旨い!
酢モツも旨かったなぁ…。

…で、また肉に夢中で写真撮影を失念。
気が付いたら締めとなっていた。
しかし折角気付いたので、「締めでもいいや」と写真を一枚。

……が。
具材を殆ど食い尽くしてしまった為に、鍋の中が殺風景になっていた。
すると続々と協力者が。

よだれ丸が近くに有った殻付きの海老を「麺に入れよう」と言い出した。
「よっしゃ入れちまえ!」とその案に乗り、海老を麺の中に逆様に突っ込む
だがやはり麺だけでは海老は支える事叶わず、倒れてしまった。
其処でshawnが御玉を使い、海老を固定。

そして出来上がったのは見事な馬鹿鍋。
モツ鍋の宴にて

この後、海老は秋狐が美味しく頂いた。
麺も旨くて満足満腹。
いつかまた行きたいものだ。


あー楽しかった!

◆昼麺◆-ひるにめんを-

今日の昼は久し振りに自分で作った。

スパゲティが食いたかったのだが偶には既成のソースを使わずに作ってみたいと思い、思案。
するとツナ缶発見。
よし、これを使おう。
だが流石に具材が一品というのも虚しい。
どうせなら後もう一つ位具材が欲しい。

其処で冷蔵庫を漁る。
しかし無闇には使えない。
冷蔵庫統括者のママ上が許可した物でなくては後で怒られる。

どうしようかと冷蔵庫内を物色していると、「古いから使っちゃって」と少量のレタスを貰った。
よし、材料は揃った。
早速調理に取り掛かろう。

フライパンでツナとレタスを炒め、茹った麺を加えて炒める。
味付けは塩、胡椒、味の素。

そして完成したのがこれ。
ツナとレタスで
思ったより食える物が出来たのが嬉しい。
それなりに美味しく食って本日の昼飯終了。

今度はもう少し凝った物が出来ると楽しいなと思っている。



本日はこの後仲間との呑み会が有ったのだが、その話はまた明日。

◆緑代◆-みどりにかわる-

ついに後悔…じゃなくて公開!
我が家の愛犬、天<あめ>の新しくなった首輪!

青から緑へ

今度はだ!!
これは長持ちするといいな、天よ。



因みにこの写真を撮った時、凄く嫌がられた。
その上、シャッターを切る直前に狙ったかの様に動く。
これを撮る迄七枚位失敗した。


んだよちきしょー。
首輪の写真位いいじゃねーかよー。


……今度撮る時はまた餌で釣るか…?

◆飯思◆-めしにおもいを-

一寸辛い物が食いたい。
何か、担担麺的な奴が。

後、中華的な物。
麻婆、エビチリ、青椒肉絲、肉まん、炒飯、焼売、雲呑、餃子…。

近い内に中華食いに行こうかなぁ。
最近中華街にも行ってないし、いっそ其処迄足を伸ばすか。

あまり暑くならん内のが良いだろう。
今月か来月か…。

へへへ、楽しみだぜ、中華。



あ、その前に道連れを探さねば…!
共に中華を!イロモノ探索を…!

◆酒頼◆-さけにたよる-

呑まなきゃやってらんねーぜ!!

…寒くて。


早く暖かくならんものか。
この時期にカイロ使うとかおかしいよマジで。
冷え性を何だと思ってやがんだこの野郎。
手が冷えたら字が巧く書けねぇだろーがあああああああああああああああああ!!



……昼間から呑めればいいのに。
熱燗とか御湯割りとか。
んで、肉が食えれば最高だ。


明日もきっと呑む。

◆寒眠◆-さむいしねむい-

さーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーむい!!!!

何だこの気温は?
五月だぞ?

このままでは風邪を引く気がする。
最近の秋狐は風邪を引く時、諸症状の前にいきなり高熱が出る。
だから「咳が出始めたから薬を飲もう」とか「鼻が出始めたから薬を飲もう」とかが出来ない。
ここ数年は高熱を出しては居ないが、こう変な陽気だと危うい。

疲れも多少有るのだろうが、いつもと同じ時間に起きて同じ位の時間に寝るのに、やたら眠い。
睡魔が強過ぎる。
この秋狐が酒飲まないでアッサリ眠りに就けるなんて由々しき事態だ。
納得はいかないが下手に体調崩しても困る故、寝たくなくとも寝ないといかん。



今週末は仲間と呑み会が有る。
尚の事体調は万全にしておかねば。
今宵は睡魔に負けてあげよう。

◆水食◆-みずとしょく-

五月十日と十一日は「ひの新選組まつり」へ出掛けていた秋狐。
十日は舞台に立った。

「舞台に立った」だけ書くと何か台詞とか一杯喋る様な印象だが、本当に冒頭で一寸だけ出るだけの役だ。
雄叫びは上げど、「喋る」という事は無い。
そして出番が終われば後は楽屋のモニターで芝居を観賞。
観客になる。


つまり、運動量は極めて少ない。


それなのにこうなった。
水分

なーんか、喉渇く。
いつもならこの写真のお茶の量で一日もつのだ。
そしてこの日は寒くて汗もかかなかった。
にも拘らず、カラカラになった。

因みに写真に写っている物以外も飲んだ。
全部思い返し、写真の飲料と一緒にすると、この量になる。

190gのアセロラ 二本。
200mlのパックのジュース 二本
345mlのペットボトルの茶 一本



…凄くね?


もう答えはこれしかないだろう。

緊張


何も舞台の上に立つのが初めてだから、というだけではない。
楽屋での過ごし方等も含めて全て初めてなのだ。
正直、何処でどうしていようと緊張する。
だから喉がカラカラになったのだ。


水分を摂るのは悪い事じゃない。
摂りすぎなければ。
秋狐は元々水分を摂らない方だから、これでも何ら問題無い。
寧ろ健康的になっているとさえ言える。

まぁ今は元に戻ってしまっとるがな、水分摂取量。



そんな事や芝居も終え、日曜のパレードも無事終了。
一同、酒宴と相成った。

で、その酒の席でブログ用の写真を撮ったのだが、綺麗に盛られた皿を撮っても普通で面白くない故、有る程度箸で蹂躙された皿をロックオン。
酒宴のサラダ

これを撮影後、「何故食い掛けのを撮ってるんだ」とツッコミが入った為、上記の様に答えた。

そして次の皿をロックオン!
すると、向かいに座っていた遥さんが皿を前後に動かしだした。
何か「撮れるもんなら撮ってみよ」と言わんばかりの動きだ。

無論、これしきでめげる秋狐ではない。
根性でシャッターボタンを押した。
動く天麩羅

何とか「写っている物が何か」の判別が付く状態で撮れた。


遥さん、御協力感謝致しまする<(_ _)>



いやー楽しい食の時間だったなぁ、この土日。
やはり飯は笑って食えるのが一番だ。

◆打上◆-うちあげ-

「ひの新選組まつり」無事終了!

心配だった秋狐の殺陣も何とかクリア。
祭り後は今回も御世話になったエルプロさんとの酒宴に。

役者の方々から公演中のハプニングや客席の反応の話やらを聞き、楽しく過ごせた。
ここ数日の寝不足や疲れが有った為、早々に酔いが回る不安が有ったが、そんな事は無く、実に身体に良い酒宴だった。


エルさん、役者の方々、御疲れ様でした!今回、自分は初舞台でしたが、その初舞台がエルプロさんの公演だったのは、とても嬉しかったです。
今後もファンで居続ける所存で御座居ます。

今回は本当に有り難う御座居ました!




さぁぁぁて。
今宵はゆるりと寝ようかね。

◆斬斬◆-きられてきられる-

初舞台、終了!!


お客さんの反応も良かったとか。
どうやら秋狐は芝居をぶち壊す事態を避けられたらしい。

…良かった…。


しかーし楽しかった。
勿論一回目は緊張で軽く震えが来たが、二回目はそれも消え、ニヤニヤ…じゃなかった、楽しく斬られに行けたのだ。


さて、公演は終わったが祭りは未だ続く。
明日は路上で殺陣だ!

頑張るぜ!!

◆舞台◆-ぶたいに-

いよいよ明日、舞台に上がる。

恐ろしい事にこんな時間になっても実感が湧かない。
どうしたものか…。


今日は早く寝ねば。
明日は五時半起きなのだ。



どうかどうか、楽しんで貰えて楽しめます様に!



っしゃ!
今宵は気合入れて寝るぜ!

携帯の目覚ましよ、後は頼んだ!!

◆蜘蛛◆-くもが-

暖かくなって来たからだろうか。
我が引き篭もり部屋に赤子の蜘蛛が出没する様になった。


うっかり踏んで殺してしまうと凹むので、なるべく外等に逃がすのだが、どういうわけか気が付くとまた居る。
違う個体かもしれないが、小さい生き物な以上、踏み殺す危険は有る。

今日も居た。
今回は外ではなく部屋の隅に吹き飛ばしたのだが、恐らくまた遭遇するだろう。

踏んだりしないといいのだが。



あ、後、我が部屋に出没する蜘蛛に忠告。


長生きしたけりゃ表へ出ろ。

秋狐の部屋はどういうわけか虫の死骸が出易い。
うっかり踏んだとかじゃなく。
気が付くと勝手に死んでるのだ。


……やっぱ何か居るのか?この部屋…。

◆首緑◆-くびにみどり-

二、三日前の事だ。
帰宅すると犬の首輪が替わっていた。
今度は緑。


……いやいやいやいやいや。
替えるの早過ぎだろ。
新しくしたの先月じゃん。

若しや壊れたのか?


違った。
あの青い首輪は一応中型犬用だったのだが、中型犬でも大きい部類の代物だったらしい。
故に、一般の中型犬より(肥満児とはいえ)若干小さめの我が家の愛犬には大きかった。
其処で態々新しい首輪を用意したらしい。


いやぁ、別に替えなくても良かったんじゃね?
だってアイツ、首見えないんだぜ?


で、例によって写真は取り忘れた為、後日改めて公開しよう。

別に普通の首輪だけどな!




…「面倒くせーから今度で良いべ!」とか思ったからじゃない。
思ったからじゃないぞ!

◆沁優◆-しみるやさしさ-

本日、殺陣の稽古最終日。

色々間違えてしまったが、無情にも稽古終了。
後は本番の直前に部隊の…違う、舞台の確認をするだけだ。

……ああ、不安さ。
舞台なんて小学校の学芸会以来立った事が無い。
後はずっと観客として観るだけだったのだ。

しかし時が止まる筈も無い。
腹を据えねばならん。


そんな時、思ってもみなかった事が起こった。

今迄練習時には木刀とアルミ刀を役者の方に貸して頂いていたのだが、今日、何とそれを頂いた。

最初は冗談かと思った。
確かにいつも御借りするのは心苦しいと思っては居たが…。


予想外の御心遣いにテンションが上がる。
その上、主催のエルさんからは「記念に」と今回の台本を頂いた。

本当に申し訳無い位良くして貰っている。
仲間以外で此処迄秋狐に親切にしてくれる人達も珍しい。
危うく涙目になりそうだった。


稽古後は軽く打ち上げ。
もうマジで面白かった。


エルさん始め役者の皆さん、有難う御座居ました<(_ _)>
当日は精一杯頑張ります!


よっしゃ、当日迄に家で納刀練習するぞ。
何かやればやる程下手になって行くが、気付かなかった事にしよう。

◆楽呑◆-たのしくのむ-

三日の土曜、稽古が終わった後に総長と酒を呑みに行った。
土曜の二、三日前に突然誘いが来たのだ。
行きたい店が在ったらしい。

酒の席ではいつもの通り、他愛の無い話で盛り上がった。
次の呑み会の話とか。
後、芝居の宣伝も(笑)。

因みにこんな物を囲んで酒を呑んだ。
チーズロール

特製ピザ
結構旨くて満足。

総長、御誘い忝かった!
また呑みにいこうぞ!


さて、明日は稽古だ。
前日の金曜には仕事で参加出来ない為、秋狐には明日が最後の稽古になる。
…よし、頑張るぞ。
頑張って「きんのうのしし」になるのだ。

◆祭迄◆-まつりまでに-

本日も殺陣の稽古。
自分の出番じゃない箇所の方が多いのだが、その練習風景は滅茶苦茶面白く、全く退屈しない。

もうすぐ本番だが、妥協する事無く稽古は進む。
秋狐も頑張って食らい付いて行こうと頑張る。


そうして夢中で稽古していると、いつの間にか終了時間に。

その後は呑みの席に移行。
駅近くの居酒屋で酒宴と相成る。
宴は物凄く楽しかった。

芝居の本番は土曜。
しかもこの日一日限りだ。
出番は極小だが物凄く緊張している。

だが何としても舞台が壊れない様にしたい。
他の役者の方々に続いて行かれる様、頑張らねば…!



余談だが、当日の舞台のパンフか何かに記載される名前を訊かれた。
普通の名前じゃ面白くないから別名にした。

故に「秋狐」では載っていない。

きっと判るまい。
どれが秋狐か。


……と言いたい所だが、残念ながらモロバレだろう。
何せ一番下手なのだから


次の稽古は明後日。
今宵はノンビリ寝ますかね。

◆宣伝◆-せんでん-

本日、殺陣の稽古。
本番迄後僅かという事で、自然と気合が入る。
…出来る出来ないは別として。


今日も芝居の内容以外で面白おかしい事が多々。
出番の無い時間でも楽しく過ごす事が出来たのだった。


折角だからその芝居の日時を書こう。
良い作品なので出来るだけ色々な人に観て貰いたい。
ホント、自分の目で舞台本番を観る事が出来ないのが残念…。



で、烏賊…じゃなくて以下、舞台情報。

L.PRODUCTS 第十一回公演
「新撰組烈伝 残-zanshin-心」

場所:日野市民会館小ホール
日時:2008年5月10日(土)
    12:00/18:00
チケット:前売/当日¥1800(全席自由)


会場へは
JR中央線 日野駅
⑤番乗り場から京王バス【日03】系統
実践女子短大経由 高幡不動駅行

京王線 高幡不動駅
②番乗り場から京王バス【日03】系統
実践女子短大経由 日野駅行

のいずれかを利用して『実践女子短大バス停』下車



公演に関しての情報は「斬心」に詳しく有る故、其方も見て頂く事を御勧めする。



興味が有る方で、尚且つ時間と財布の中身に余裕の有る方は是非。
祭り、楽しいっすよ?


さて、明日も稽古だ。
頑張るぜ!

◆一息◆-ひといき-

ついに連休に入った。
これから四日間は集中して殺陣稽古や趣味に専念出来る。
とても嬉しい。
一息つけるって気がする。

自然、気持ちも大らかになってくる。
酒も旨いぜこの野郎

後は明日の天気がもう少し良くなれば言う事無し。
傘、邪魔。
手荷物、嫌い。


さぁ今日は(出来たら)早めに寝ようかね。
明日の楽しい時間の為に。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。