散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆旅帰◆-たびからかえって-

うっかり更新を忘れていた。

ちゃんと無事、旅先から帰還致し候。

楽しかったー!!
が、ちょいとPC絡みで忙しくなる故、旅の日記は後日。

今日は取り敢えず生存報告を。


旅の後も仕事を休まず頑張ったよ!
物凄い強烈な睡魔王との闘いも頑張ったよ!


さぁ今宵は一杯呑んでゆるりと休む!

肴?

勿論もやしだぜ!!
スポンサーサイト

◆寝為◆-ねるために-

明日から待ちに待った奈良旅行。
今日の仕事はそわそわするのを抑えるのに必死だった。
んで、頑張って、やっと帰宅。


荷造り完了。
後は寝るだけ。


では有るのだが、いつもの寝つきの悪さに加えて楽しみな旅行。
す ん な り 寝 ら れ る 筈 が 無 い 。


そんな訳で今宵も一杯。
一週間の疲れと酒の力を以ってすれば、のび太を超える速さで意識を飛ばす事など造作も無い。
問題は眠気を自覚する前に勝手に意識が飛んでしまう為、目が覚めた時に色々物が散乱していたりする事。
まぁ、そうならぬ様、寝る前の支度は済ますつもりだが。


さて、こうしている間にも睡眠時間はドンドン削られている。
当たり前だが…。

ささっと呑んで備えよう。



旅先で面白い事が沢山起こります様に。



御休み!!

◆炒食◆-いためてたべる-

「もやし日記」第七回

再び大分間が空いてしまったが、それなりに続いている。
未だ飽きるものか!

そんな約一週間前。
ママ上から、材料を一、二品と一緒に炒めるだけで一品出来る、というタレの使用許可が下りた為、それを使って炒めたもやしで乾杯。

韓国風ピリ辛炒め。

ピリ辛韓国風

タレの分量的に、もやしを一袋使わねばならんかったが、この際仕方無いと腹を括った。
何、メインはもやし。
大したカロリーにはならぬ。

そして味。
これが意外と旨くて驚いた。
正直ナメてた。
結構やるものだ。
この日も旨い酒が呑めたのだった。


その後ももやしで呑む日は有ったが、此処に乗せた一品ばかり故、割愛。
以下は、つい二、三日前の一品。

ガリバタ醤油で

以前茸を炒めた時に使った、牛角ブランドのタレ「ガリバタ」を使用し、豚肉ともやしを炒めた。
しかし「ガリバタ」だけではどうも一味足りぬ。
其処で、醤油を一掛け。
これで大分旨くなった。
やはり醤油は良い。

良い酒の時間で有った。


因みに今宵の肴は竹輪を揚げた物で一杯。
衣に青のりかなんかを混ぜて揚げてある。
そいつを辛子醤油で食べるのだ。
シンプルだがなかなか旨い。

きっと今宵も良い酒の時間になる。


さて、明日も仕事。
頑張る。

◆地道◆-じみちに-

久し振りに殺陣の稽古。
此処の所、別の予定や体調不良で不参加だった故、約一月振り位の参加だった。

変更箇所も幾つか有り、四苦八苦。
基礎練習では遥さんに大変御世話になってしまった。

遥さん、有難う御座居ました<(_ _)>


さて今回の殺陣。
以前此処で書いた会津での殺陣披露は何と大人の事情で流れてしまった。
だが、その代わり十一月、浅草の他に京都でも暴れられる事になり、冷や汗が止まらない。

浅草と京都。
何だか凄い。
つい「参加します」とか言っちゃったが、良かったんだろうかとふと思う…。

否しかし、今度も最低限、他の役者さんの足を引っ張らない様勤めよう。
大それた事は考えず、ただただ地道に。


そんな稽古後。
京都での殺陣で参戦する役者さんに素敵な衣類を頂いた。

でも何だか細身…。
頂いたは良いが、着られるんだろうか…。
ケンシロウみたいにならないだろうか…。

…や、痩せれば良いんだよねっ!
頑張ろう。

有難う御座居ました!


さてさて明日からまた仕事だ。
一杯呑んで気合を入れよう。

◆回想◆-かいそうが-

新・某携帯サイトとの闘い~其の拾参~

いつもは古い順から迷惑メールを曝しているのだが、今回は最近送られて来たメールを一件だけ曝す。
何故って、

何か長いから。

因みにメールの表題は「お金ってこんなに簡単に手に入るものだったの!?」。

では、いざ!



はじめまして。佳奈31歳で家事手伝い。趣味はTV観賞です。
先日、スッゴクビックリなコトがあって、誰かに聞いてもらいたくてメールしちゃいました。

↓回想です↓
それは2ヶ月前のことでした。
何気なく携帯をいじっていると見慣れないアドレスからメールが来ていました。
そのメールにはこう書かれていました。
『誰でも一攫千金のチャンスです』
当時、収入がなく色々な料金を滞納していた私は、藁にもすがる思いで飛びつきました。
どうせ嘘だろうけど、騙されたって損するわけでもないし、もし本当だったら生活が楽になる・・・
そう思っていました。
早速登録して、指示通りにプロフィールに「悩み聞きます」と入力しました。
すると、5分ほどで携帯がなりました。
見てみると、男性からのメールでした。
「悩み聞いてもらえるって本当ですか?月50万ほどでお願いできますか?」
そんな感じの内容でした。
いきなり50万もの大金の提示に、からかわれているのかと思い、軽く頭にきました。
そこで、「もちろんです。でも私も今切羽詰っていて、出来れば先払いでお願いします。必ずメールは継続します。」と送りました。
こういっておけば、からかうのを諦めるだろう。そう思っているとすぐにメールが来ました。
「わかりました。では口座番号を教えてください」と返ってきました。
この人は何を言ってるのだろう。
そう思ったのですが、なんとなく引っかかるところもあり、とりあえず口座番号を教え、その日は眠りにつきました。
翌日、昼近くに目が覚めた私は、ふと昨日のことを思い出し銀行へ向かってみました。
通帳をATMに通し、少し待ち、処理の終わった通帳に目を通しました。
色々な料金の引き落としが記入されて残高が1万円を切っていました。
ため息混じりにページをめくると一番下の行にありました。50万円の入金が。
それでも信じられなかった私は、ほっぺたをつねった後に、50万円を引き出してみました。
今までに持ったことのない厚みが私の手の中にありました。
おどおどしながらも、そのお金をしっかりと握り締め、コージーコーナーへ向かう私の姿がそこにありました・・・

あれから2ヶ月。
その時の彼とは今でもメールを続けています。
彼以外にも2人とメールしていて、今では月110万稼いでいます。
あの時、嘘だと思いながらも始めてみて、本当に良かったと思います。
↑回想おわり↑

どうでした?
私の体験を少しは理解してもらえたかな?
これを観て、始めるかやめるかはあなた次第だけど、やってみないと何も変わらないよ。
ガンバってね。佳奈でした




回想長ええええええええ!!!!!

もっと掻い摘んで書かんかい!

つーか料金滞納してるのに五十万丸々下ろしてコージーコーナー行くなよ!!
どんだけ買うつもりだお前!

それに「あれから2ヶ月~」の後に「回想おわり」っておかしくね?
此処はもう回想じゃないじゃん。

もう、ツッコミ所が多過ぎ(笑)。

こんなのに誰が引っ掛かると言うのだ。


しかし女性からの迷惑メールでは珍しい面白さだったな今回のは。
野郎からのは結構色々有るんだが、女性のはイマイチなのが多かった故。


今後もこういうのを期待している。

◆特攻◆-とっこう-

やーーーーーーーーーーっと観て来た。
「特攻野郎Aチーム」の映画。

内容はテレビ版の冒頭でさらっと説明だけされている、Aチームの過去話から始まる。
無実の罪で捕まり、脱獄する迄の第零話的な話だ。
ただし、テレビシリーズとは少々設定が変わっている為、これがそのままテレビシリーズに繋がる訳では無い。

基本的にアクションは派手だし、所々に挟まれるコメディシーンも面白かった。
が、テレビシリーズを多少見知っている身としては、四人のキャラには若干の不満が残った。

先ずリーダーのハンニバル。
テレビ版に有った「変装の達人」設定が消滅。
悪戯っ子の様な性格もなりを潜めて、「危ない作戦なんかもやっちゃう大人なリーダー」に。
追って来た敵の車にクレーンで鉄球をブチ込んで破壊し、慌てふためく敵を見て満足そうに「お見事!」と言ってた彼を期待していたのだが。

次にフェイスマン(映画ではフェイス)。
先ず見た目からしてテレビ版と掛け離れていた。
ワイルド過ぎる。
そして何でも出来る奴になっていた。
テレビ版は顔と口の巧さと腕っ節の弱さが目立つキャラだったのに。
しかも何でも出来るせいで後半、ハンニバルの役目を引き継ぎ、敵を倒す作戦を立ててしまう。
それ故、後半のハンニバルは要らない子状態。
実質後半はフェイスが主役。
テレビ版から引き継いだのは女たらしな所だけに。

続いてコング(映画ではB.A.バラカス)。
見た目はテレビ版に近い感じで良かった。
だがメンタルが弱くなっており、子供好き設定も消滅。
モンキーの一人遊びにもキレずに穏やか。
テレビ版から引き継いだのは自分のバンへの強い愛情位。

そしてモンキー(映画ではマードック)。
クレイジーの方向が違う。
テレビ版でのモンキーは人には見えない愛犬のビリーと遊んだり、突然明後日の方向の会話を投げ掛けてみたり、奇声を上げたりするだけの無害なクレイジーだった。
しかし劇場版では怪我をしたコングの腕をテキトーに縫い合わせたり、フェイスの腕に火を点けたりと、有害なクレイジーに。
「稲妻縫い」には笑ったが、これはモンキーじゃないな、とも思った。
で、最初はこうして飛ばしてたのに、後半は何故か大人しくなっていて影が薄い。
ビリーかソッキを出せば良かったのに。
役者には好感が持てたので、実に惜しい。


現代風にリメイクとはいえ、この作品はキャラの濃さが魅力なんだし、それを薄くする様な味付けにしたら「Aチームじゃなくても良くね?」ってなると思う。

まぁそういう個人的なマイナス点が有ったせいで、一番テンションが上がったのが最後のおまけになってしまった。
エンドロール後に有ったシーンではテレビ版でフェイスマンとモンキーを演じた役者がちょろっと出演していたのだ。
フェイスの所にはフェイスマンが、マードックの所にはモンキーが。
モンキーの役者はテレビ版の頃より太ったせいか、一瞬判らんかったが、フェイスマンの役者はじー様になっても色男だったなぁ。
あの場面だけ繰り返して観たい。

後、吹き替え版も観たい。
テレビ版でハンニバルの声を当ててた人が参加している故。
最初から吹き替えを観れば良かったのだが、近場では字幕しかやっとらんかった…。
来週末はもう上映無いみたいだし、DVD待ちになりそうだ。


しっかし、これだけ文句を書いておいてアレだが、やっぱAチーム最高。
久し振りにテレビ版が観たくなった。
DVDはシーズン2迄しか持って無いけど…。

今度時間作って観ようっと。

◆御浸◆-おひたしで-

「もやし日記」第六回

暫く間が開いてしまったが、未だ飽きてないよ!
まぁ、ちょこちょこママ上から発令される「これ食べちゃって」指令が有るせいかもしれんが。

でもま、続けてますよ、って事で。


そんな先日は、妹が会社で貰って来た頼りないボディのゴーヤともやしをおひたしにして乾杯。

ゴーヤともやしで

鰹節と醤油の相性は抜群だね。
幾らでも食えそうだったわー。


因みに本日は番外編。
酒のお供は胡瓜と茄子の糠漬け。
夕飯の餃子が重かったから、コレ位が丁度良い。

…後は…一寸長めに歩いてカロリー消費に励もうかな。
現状維持じゃ意味が無い故。


よし、頑張るぞ。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。