散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆高杉◆-たかすぎが-

世界史日本史に限らず、歴史が好きだ。
特に好きなのは日本の幕末。
その中で一番好きなのは新撰組と高杉晋作だったりする。
対極にいる二者だが、良いのだ。

そんな訳で今年の大河もちゃんと見ている。
主役は坂本龍馬だから新撰組の活躍があまり無いのは当然の事として、実は結構期待してたのが高杉。
「新選組!」の時は出なかった故、今度こそ、と思っていたのだ。

いやぁ出てくれて良かった。
顔の長さが足りなかったけど、そこは我慢。

で、その高杉がちょいと前の放送で死んだのだが、その回のビデオ編集をしていたせいか今朝の夢に大河の高杉が出て来た。

フィクションの方か、残念…ってのはさておき、夢の舞台は現代日本。
大正とか昭和の古めかしい雰囲気漂う寮みたいな場所。
その寮のだだっ広い和室が最初の舞台。
部屋を見渡すと幾つかの布団がバラッバラに敷かれてあった。

そして何故かずっと夜。

其処には自分の他に何人か居て、更に結核末期の高杉が。

何で隔離してねーんだよと先ずは軽く心の中でツッコむ。

高杉はタイムスリップでもしてきたのか、着流しに三味線、と大河と同じ感じの服装。
そんな彼と何人かを交えて雑談をしたが、その会話の最中もふらっと抜けてトイレに吐血しに行ったりしていた。

しかし高杉、病なんてなんのその。
自由にやりたい放題。
三味線を右に、芸子の様な綺麗なオネーチャンを左にダラダラゴロゴロ。
その上、その場で漢詩の書き下し文みたいな謎の文を秋狐に音読させる始末。

本人、それを空で言えるのだ。
人に読ませる前に三味線弾きながら詠ってたから。
それなのに敢えて人に読ませる。
意味が判らない。
しかし紙を渡されたし、受け取ってしまった故、取り敢えず読んでみる秋狐。

ところがその文章に有る難しい漢字が読めず、更に噛みまくりで真面に読めなかった。
だが高杉は何故か怒りも呆れも馬鹿にもせず、楽しそうにしていた。
が、その後もどういう訳か何度か読まされたのだった。
本当に意味が判らない。


突然、場所が変わった。
どっかのデカい病院みたいな場所に一人。
院内は空港の様な混雑具合。
本当に具合悪い人居るの?な活気。

何か用を済ませたらしい自分、外に出た。
やはり夜。

病院の敷地に若い男女六、七人が集まっている。
その中心には高杉晋作。
青白い顔で三味線を弾き、若者達と笑いあっている。
現代人の中に一人だけ幕末人。
物凄い違和感。

何やってんだあんたは…
再び心の中でそっとツッコみつつ、歩み寄る。

すると此処で超展開発生。

六、七人の男女は実は忍者らしい

で、その忍者の里だか一族に伝わる何か(詳細失念)を使えば高杉は助かるかもしれないから、一寸待っててくれみたいな事を言われた。

その言葉に高杉が頷いた。
自分もその忍者達の存在をあっさり受け入れ、お願いしますとは言ったものの、正直、それ迄持たないだろうと思った。

その瞬間、高杉と目が合う。

高杉は薄く笑った。
あ、本人も間に合わないと思ってる、と判った。


そして…


単音の「宇宙戦艦ヤマト」が鳴り始めた。


目覚まし、発動。
もう朝。

妙な夢を見たせいか一寸心が戻って来てなかったが、仕事が有る故、無理矢理起きた。


今度は元気な高杉(史実)が出て来てくれないかなぁ。
この人と酒が呑めたらさぞや面白可笑しいだろうに。

うむ、今宵も頑張って寝るぞ。
スポンサーサイト

◆切散◆-きれてちらばる-

ストラップ ガ 壊レマシタ。

バラバラ

バカヤローォゥォゥ(」´Д`)」ォゥォゥォゥォゥ


長年大事に使って来たのに…。
ストラップ引っ張るなんて所業もしてなかったのに…。
超お気に入りだったのに…。
探しても滅多に無いのに…。


…そんな訳で現在秋狐の携帯にはストラップ零。
何だか寂しい。



今度何か見に行ってみようかな。
趣味に合うのを見付けるのは至難の業だろうけど。

うむ、頑張る。

◆偶然◆-ぐうぜんに-

偶々偶然すんごい事が今日起こった。

突然引っ越したまま音信不通になっていた幼馴染に十一年振りに再会したのだ。


事の起こりは仕事の帰り。
よだれ丸と一緒に本屋に寄り、折角だから夕飯を食って帰ろう、という事になった。
目的はラーメン屋。
だがその店が混んでいた故諦め、肉を食おう、と計画を変更。

肉の店候補は二店舗。
どっちにするか迷ったのだが、偶々秋狐が「こっちにしよう」と選んだ店に、その幼馴染が働いていた。
あまりの偶然によだれ丸と二人、妙なテンションに。


虫の知らせか何か知らんが、実は今日の勤務中、ふとこいつの事を思い出した。
いつもの仲間と呑む時等に話題に出る位だから、今迄完全に忘却の彼方だった訳では無い。
そう言えば、なんて偶に昔の思い出を振り返ったりとかは有るのだ。

だからあまり気にしてなかったのだが、まさかふと思い出した日に再会するとは。
寄り道して良かった!

やはり「縁」という物は有るのだな。
正直もう二度と会わないんじゃないかと思ってたし。


そんな幼馴染とは連絡先の交換も完了。
これからは空白の十一年を根掘り葉掘り聞いたり聞かなかったりしたいものだ。


今宵は祝いに一杯やりますか!




…え、いつも呑んでるじゃんって?




別 腹 で す !!

◆体験◆-たいけんを-

【奈良旅行日記 三日目】

二年振りの旅行もこの日が最後。
夕方には、帰る為に京都駅に向かわねばならぬ。
未だ朝だというのに、名残惜しさが押し寄せ、「一週間位居られたら良いのに」等と夢を述べる我々。

だって二泊三日じゃ足りないって。


そんな三日目最初の観光場所は法隆寺。
超有名な場所だが、今迄一度も行った事が無かった。

今回、hisyou88から「金剛力士像が観たい」というリクエストが有った故、コースに加わった。
うん、やっぱ格好良いわ、金剛力士。

金剛力士・阿

金剛力士・吽

五重塔も非常に面白かった。
中を覗くと、塑像群とか言うのが有り、東西南北で様々な仏教のエピソードが再現されていた。
ただ、暗くてよく見えなかったのが残念。
劣化を防ぐ為なのだろうけど、判り易い写真なり絵とかが横に有ると嬉しかった。
感動、半減。
それでも十分面白かったけど。

それから夢殿を見たり、法隆寺敷地内を暫くうろついていると時間はそろそろ昼。

午後に向かうは平城宮跡。
どうやら千三百年の祭りの為か知らんがフードコートが有るらしい故、昼飯は其処で食べる事にした。

平城宮跡に着き、屋台飯の様な昼飯を終えると、いよいよ散策開始。
いやぁ、広いねぇ。

平城宮跡

中では色々イベントをやっていて、衣装体験やら仕事体験やらをして楽しんだ。
仕事体験は、朝廷に納める税の荷札を書く体験。
何処の国が何をどれ位納めます、というのを木の板に書く。

例えば「下総国 酒 三合」ってな具合に。

秋狐は関東だから武蔵国。
納める物は何を書いても良い、と自由だった故、さて何を納めようかと思案。
折角だから普通じゃ無い物を書きたいではないか。

因みにhisyou88は「美酒」、やっしー君は「若水」を納めた。
それを見ても未だ良いのが思い付かない。

仕方無く、冗談で話してたこいつを納める事にした。

朝廷に納める

武蔵国 雑草汁 十合

「十合」は本当は「拾合」と書きたかったんだが、焦ってミスった。
でもきっと朝廷の人達は喜んでくれる筈だ!
だって普段見る事なんて無いだろうし!

そんなこの板の裏には、年月日や自分の名前やらを自由に書いて下さい、との説明が。
今度こそ、と表より一寸小さめの字で「武蔵国 雑草汁 弐拾合」と書き、イベント用のスタンプを押して「八世」の名を入れた。

十五分位の仕事体験だったが、なかなか面白くて満足。
出来れば当時実際に使っていたサイズの超小さい板に書きたかったけど、これはまぁ仕方有るまい。


その後、平城宮跡内をブラブラしていたらあっという間に帰る時間になってしまった。
未だ全然物足りなかったのだが帰らねばならぬ。
後ろ髪引かれる所かごっそり毟られる思いを抱えて奈良を後にしたのだった。


そんな訳で長々書いた【奈良旅行日記】、今回にて仕舞。
お付き合い有難う御座居ました!


しっかし、一人旅も良いけど、下らない馬鹿話が出来る仲間との旅も格別だね。
テンション振り切り過ぎて後で滅茶疲れるけど(笑)。

次は来年行かれると良いなぁ。

…金貯めとかなきゃ。

◆飯京◆-めしはきょうで-

【奈良旅行日記 二日目・後篇】

昼御飯を食い終えた我々、次の目的地は京都。
折角だから悪縁を断ち切って貰おう、と安井金比羅宮へ。
何故か結構人が並んでたから有名なあのモサモサは潜らなかったが、参拝はして来た。

それにしてもあそこに有る絵馬には昼ドラ顔負けの凄い願い事が書いてあるねぇ…。
正直、ネタであって欲しいと思いたくなる物が幾つか有った。
幽霊の類も怖いけど、生きた人間もなかなかやりおる。


そんな感じで暫く絵馬を見てガクブルした後、夕飯の時間が近付いて来た故、金比羅宮を後にした。

向かった先は三条。
今回の旅でも川床料理を楽しむのは外さなかった。

夜の京都で

明かり


飯、一寸量が多かったけど、旨かった。
旨い物を食うと幸せな気分になれる。

ごっそさんでした!

猛る頭部


飯を終え、宿に帰って二日目終了。
残すは三日目最後の一日。


こうご期待……しなくて良いっす。

◆引寄◆-ひきよせられて-

【奈良旅行日記 二日目・前篇】

二日目の最初は春日大社を回る予定を立てていた我々。
しかし前日の万灯籠のイベントでぐるっと回って満足した為、急遽予定を変更。
全く予定に入れて無かった東大寺に行く事になった。

東大寺自体は二回程行った事が有るが、じっくり観て回るのは実は初めて。
ワクワクしながら二月堂へ向かった。

すると御神籤発見。
やはりこういう場所に来たら一度は挑戦せねば!と、御神籤売場へ。

そして、秋狐の運気に引き寄せられて出て来た御神籤がこいつだ!!

凶!

いやぁ久々に引いたよ凶神籤!
売場のお姉さんが「ごめんなさいね」と一言添えて渡してくれた。
良いんだよお姉さん。
オイシイから!

そしてそしてその中身はやはり凄かった。

死亡フラグ

生死あやふし

見事過ぎる死亡フラグ!
数年前比叡山で引いた凶神籤よりも荒々しい結果かもしれぬ(笑)。
あの時は「十中八九死す」で「信心に依り一二生きる」とかだったから。

こんな思わぬ面白い出来事によってハイになった秋狐。
ウキウキと二月堂を後にしたのだった。

しかし時間は未だ十時前後。
昼飯には早い。
でも暑いし一寸休憩しようか、と近くの茶屋で甘味補給。

わらび餅セット

抹茶とわらび餅のセット。
わらび餅のほんのりした甘さと僅かに苦い抹茶がよく合ってて美味しゅう御座居ました。
普段寄り道して迄茶を飲む習慣は無いのだが、偶には良いもんだね。


その後、鹿を見たり土産物を見たりして更にぶらついていると、いつの間にか昼飯時に。
待ってましたとばかりに予め決めておいた飯屋へ向かう。

「春日荷茶屋」。
本当は大和名物膳が良かったのだが、腹具合的に無理と判断し、欲張らずに大人しく万葉粥セットにした。

万葉粥セット

ちゃんと完食出来やした。
うん、旨かった!
粥って大体風邪引いた時とか酷く胃を壊した時位にしか食わん故、病人食のイメージが強いのだが、こうやってちゃんとした物を食べると認識が変わる。
まぁ前にも此処で食べてるからこの日から考えが変わった訳じゃ無いけど。


食後一息つき、お次は午後の散策へ。

が、長くなった故今回は此処迄とさせて頂く。
次回は二日目・後篇。

こうご期待……しなくても良いっす。

◆歩廻◆-あるいてまわる-

【奈良旅行日記 一日目・後篇】

近鉄奈良駅に着いた我々、最初の目的地は飛鳥。
前からずっと行きたかった、高松塚古墳へ。
壁画の再現に感動し、その汚れ具合すら楽しんだ。
本物の古墳を観る事が出来ないのは残念だが、「これも歴史を守る為だ」と我慢。
その他、敷地内に有った植物で作られた四神も面白かった。
青竜が一寸残念だったけど(笑)。

そんな訳で、次はキトラにも行ってみたいと新たな野望を芽生えさせ、観光終了。

時間は昼飯時。
この日の昼飯は酒船亭での創作古代食。

古代食

現代風にアレンジしてある様で、抵抗無く食べられた。
少々量は多かったが、旨かったので満足。
目当ての「蘇」はほんのり甘みが有り、チーズというよりはチーズたっぷりの菓子の様だった。
松の実が入った赤米もおかずが無くても食べられる旨さだったし、猪肉や山桃も文句無し。
ただ、赤米で結構満腹になったのに麺類も有ったのは一寸キツかった。
幾ら旨くても人間には「限界」と言うのが有るんでござんす。
……完食出来なかったのが悔しい。

そんな感じで昼飯終了後は大神神社へ。
hisyou88の目当ては大神神社本殿。
やっしー君の目当ては久延彦神社。
秋狐の目的は狭井神社。

それぞれを順番にぐるっと巡る。
勿論、参拝も忘れずに。
狭井神社では健康になれる様にと願って御神水を飲んだり買ったり。
御神水の割にその辺のミネラルウォーターより安くて驚いた。
太っ腹!

そして帰り際、大神神社入り口の大鳥居を遠くから一枚。

大神神社

肉眼で観たこの景色に感激して何とか記録に残そうと撮ったのだが、写真撮るのは巧くない故、思った様に伝えられぬのが口惜しい。

しかし良い場所だった。

その後宿へ向かい、荷物を置くと宿の主人が春日大社で万灯籠のイベントが有ると教えてくれた故、急遽行く事に。

提灯を持たなかった故、街灯が無い場所は夜目が利かない秋狐はヒヤヒヤしながら歩いたのだった。
灯籠の明かりが有る場所はうっすら明るいだけだったが、それが大量に並んだ様は実に綺麗で、一寸ゆっくり歩いたり写真を撮ったりと満喫。

そのままずっと歩き、本殿の方迄進むと更に色々な灯籠が。
勿論写真を撮ったのだが、秋狐の安物のカメラでは暗過ぎて巧く撮れず、大苦戦。

その中の一枚がこれ。
シャッタースピードを遅くして撮った為、まるで心霊写真の様(笑)。
面白かったから消さなかった。

心霊写真もどき

いやぁ色んな設定で撮ってみるもんだねぇ。


さてさてこうして一日目は終わったのであります。
夕飯?

疲れてたからテキトーにコンビニ飯さ!!


では奈良旅行日記一日目は此処迄。
次回は怒涛の二日目!

こうご期待……しなくても良いっす。

◆旅参◆-たびへまいる-

二〇一〇年奈良旅行日記、開始します。

もう三週間近く経つが、気にしない。
記憶を掘り起こして書いてやろうぞ。


【奈良旅行日記 一日目・前篇】

今回の旅の参加面子はhisyou88、やっしー君、秋狐の三人。
hisyou88は家がちょいと離れている為、新幹線内で待ち合わせる事にし、残る二人は品川駅で待ち合わせ。

当日朝、やっしー君がうっかりいつもと違う位置で電車を降りた為、予め決めておいた場所へ辿り着けそうに無いと連絡が…。
仕方無く、新幹線のホームで合流する事になった。

しかし新幹線が来る迄の時間が後十五分無い。
故にホームへ向かう前に弁当を買う事にした。

弁当売場で物色していると、後ろから聞き覚えの有る声が…。

やっしー君…。

流石は我々。
示し合わせた訳でも無いのに飯の有る場所で合流出来るとは。
此処で一寸テンションが上がる。
その後も、やっしー君がキャリーバッグからうっかり落としたペットボトルが見事に地面に立ったりする面白ハプニングが有ったりして、新幹線が出発駅に到着する迄に更にテンションが上がる。
未だ駅から出てもいないのに。
我ながら見事な小学生の心。

そうして新幹線に乗り、hisyou88とも合流。
いざ、朝飯タイム。

中華っぽい弁当

名前忘れたけど、焼売炒飯弁当みたいな感じ。
食が細くなったから残してしまったが、結構旨かった。
温かかったらもっと旨かったに違いない。

飯が終わると果てしない雑談タイム。
もう何を話したのか全く覚えてない。
何か携帯ゲームの話をしてた様な気がするが、ぼんやりしている。

そして約二時間後。
京都駅到着。
これから乗り換えて奈良へ向かう。

その京都駅も奈良の千三百年祭の宣伝物があちらこちらに。
その中の一つがこいつだ!

ブランコせんとくん

何故ブランコ…。

そして奈良に着いたらもっと凄いのが。

記念撮影用

ぼくのつのやてにぶらさがるとおれるかもしれません。
あぶないのでやめてね!
」っつーせんとくんからのお願いが怖過ぎる(笑)。
角は兎も角、手が折れるってのは何とも生々しい。

一寸脱線するけど、せんとくんが何処となく気色悪いのは目のせいじゃないかと常々思う。


話を戻して旅の日記。
…と行きたい所だが、また長くなる故、前篇は此処迄とする。


明日からガンガン飛ばして行くぜー!

…多分。

◆怖聴◆-こわきをききに-

やっと書ける。

行って来たぜ、稲川淳二の怪談ナイトのオールナイト公演!!

実に三年振り。
去年も一昨年も行かれなかったからワクワク度も半端無かった。
開場、否、怪場迄後数分の時なんか軽く動悸がしてたもんね!

そんな怪談ライブ。
相変わらず割れんばかりの拍手と野太い淳二コールで幕が上がる。
「これは本当に怪談を聴く会場なんだろうか」と疑いたくなる盛り上がりっぷり。
夜中だからって事でもなさそうな気がする。

そうしてぽつぽつ語りだされた怪談は、三年前よりも怖い話の比率が多かった様に感じた。
ほろりとする温かい怪談が少なかったせいも有るかもしれん。

いつもの通り、座長の稲川淳二が「だんだん怖くなって行きましょう」と言って始まったのだが、既に二話目で結構怖かった(笑)。
「幽霊が出て怖かった」で終わる話じゃなく、「幽霊が出て怖かった上に運が無ければ死んでいた」女性の話。
その他も災害救助の人の話やら事故現場に遭遇した人の話やら自殺した呑み仲間が訪ねて来た人の話なんかもなかなか怖かった。

その他、笑い話を交えながら心霊写真を見たりする恒例のコーナーも楽しくて満足。
タクシーの運転席横の板はおすぎ対策らしい(笑)。


そんな訳で深夜一時から始まった怪談ライブは午前五時過ぎに終了。
長時間に亘る深夜の面白怖い祭りを楽しんだのだった。


そのオールナイト公演。
年末にも有るらしい。
金が無いから行かれないけど。

まぁこればかりは仕方無い。
来年に期待しよう。


有難う、座長!!

◆一先◆-ひとまず-

こんなに前の記事と間が空いたのは初めてじゃなかろうか。
まさか此処迄更新無しになろうとは。

大丈夫、生きておりまする。

否しかし、今日に至る迄結構忙しかったのだ。
先ず、前の記事を書いた翌日二十五日に頼んでおいた新しいPCが届いたのだが、翌日にいきなり不具合が生じるという超展開が発生。
しかもその週はずっと残業ばかりで更新時間が取れず。
その翌週も残業やそれによる疲れや「大神伝」に没頭していた為、更新出来ず。

で、本日漸く時間が取れた次第。

本当は旅の日記とか、一昨日深夜の怪談ライブの事とか書きたいのだが、それは明日以降。
今回は一先ず生存報告だけとする。

明日は今日より時間が取れるから若しかしたら幾つも記事が書けるかもしれん。
否、書く。

未更新だった日数を取り戻してやるぜ!


それでは今宵はこの辺で。


呑むぞ!!

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。