散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆鯉旨◆-こいがうまくて-

長野旅日記・第三回

鯉料理、後半戦!!

鯉のあらいと鯉こくを一心不乱に平らげていると、何と店の人がサービスで鯉料理をもう一品出してくれた。
あらい等の鯉料理で余った部位を煮た「鯉の旨煮」。
鯉の旨煮

鯉こく同様、骨迄食べられる様にしっかり煮込んである。
浸み込んだ甘辛い味が何とも旨い!
御飯のお供としても文句無し。


そして次。
折角なので鯉以外の料理を一品注文。
その名も「そばがき」。
メニューの写真だけでは甘いのか辛いのか酸っぱいのか苦いのか皆目判らん、初めての料理。
そばがき

さっきちょいと調べた所に依ると、この「そばがき」とはそば粉を熱湯で練って団子状にしたもの、らしい。
汁物に入れたり、醤油やそばつゆに浸けたり、食べ方は様々あるとか。

因みにこの店のそばがきは少量の醤油だし汁に浸かっており、写真内手前の味噌ダレ若しくは甘辛い醤油ダレに浸けて食べる仕様になっている。

一見すいとん的な物かと思っていたのだが、想像していたよりもネットリしていて驚いた。
満腹限界スレスレだった為か、大いに苦戦。
しかし蕎麦の味がガッツリ味わえる美味しい料理だった。
今度は汁物に入ったそばがきにも挑戦してみたい。


そして、いよいよ最後の鯉料理の時間がやって来た。
最後に注文したのはこいつだ!
鯉の塩焼き

「鯉の塩焼き」。

刺身も煮魚も旨かったのだ。
此処は何としても大好きな焼き魚にも手を出したい。
満腹中枢がなんぼのもんじゃいっ!
いざ!焼き魚!!


…しかし

デカい骨が我が食事の邪魔をしやがる。

何故にこのやうなダンジョンの如き仕様に成って居るのだ鯉殿よ…。


…あ、味はどうかって?


最高で御座居ました!!

やはり、焼き魚は良い。

そんな訳で、ついに念願の「鯉料理を食う」という野望を達成。
正直腹が破裂寸前で胃薬の御世話になったのだが、悔いは無い。


御馳走様でした!!<(_ _)>


しかしどれもこれも想像以上に旨かったなぁ。
昔はもっと食い辛かったのか?
だから食べる人が少ないんだろうか。

食わず嫌いの人は大変に勿体無いので、一度ご賞味あれ。
食べ易くてお勧めなのは「鯉こく」と「鯉の旨煮」。


…まっ、回し者じゃないんだからねっ!!



さて、次回はやっと旅日記最終回。
惰性の二日目!!
こうご期待…しなくて良いぜ!!


それでは今宵もそろそろぼっち酒。
乾杯っ!
スポンサーサイト

◆鯉焦◆-こいにこがれて-

長野旅日記・第二回

鯉を求めて単身長野へ赴いた秋狐。
懐古園を十分満喫して夜はいよいよ鯉料理。
チェックインを済ませ、十分程休憩した後にそわそわ外出。
初めての土地故、方向音痴の自分がちゃんと目的地に辿り着けるのかと不安に駆られたが、野望の為にと弱気になった心を押し殺す。


そして、気合いが勝ったのか神様が味方してくれたのか、少々迷ったものの何とか目的の店に到着成功。
店も、その日に限って休業とか貸切とかにはなっておらず、かといって満席でもなく、すんなり入店する事が出来た。


と言う訳で早速念願の鯉料理を注文。
先ずは鯉料理というと直ぐに名前が上がる「鯉のあらい」。
鯉のあらい

因みにコップに入っているのは蕎麦焼酎の蕎麦湯割り(吞みかけ)。
やはり信州に来たからには蕎麦は外したくない故。

で、「鯉のあらい」。
一見すると普通の魚の刺身だ。
しかし、これ迄人から聞いてきたのは「泥臭い」だの「イマイチ」だの、ネガティブな情報ばかり。
果たしてそんなに人を選ぶ料理なのだろうか。

ドキドキワクワクしつつ、山葵醤油で一口。

………。


……何これ超旨い!!


気になっていた泥臭さなんて全く無い。
身は引き締まってて噛み応えも程好く、後を引く。
隣の味噌ダレ?にも浸けてみたが、こっちも旨い。
酒も進むってものだ。


そして次の鯉料理。
これまた鯉料理というとよく聞く一品「鯉こく」。
鯉こく

流石に此処からだと食い辛い故、小皿に少量取り分けた。
一口分

この「鯉こく」、味噌煮と味噌汁の間を取った様な一品。
背骨迄食べられる程しっかり煮込んである。
勿論、その身はほろっほろ。
途中で一寸七味とか掛けてみたが、やはりというか味噌味には良く合う。
これも非っ常に旨かった!


さてお次は…と行きたい所だが、あんまり長くなるのもアレ故、今回は此処迄。
次回は鯉料理後半。

頑張りまする!



よし、今宵はそろそろ呑もう。
一杯呑んで、明日も頑張るのだ。


では、乾杯!!

◆長野◆-ながのに-

そうだ、鯉を食べよう!

と、先日単身長野に旅へ。
「鯉が食べたい」という長年の野望を叶える為に。

そんな訳で今回から多分二、三回、長野旅日記を書いて行こうと思うであります。
では、第一回。


数年前から鯉が食べたいと思い続けていた秋狐。
しかし、長年の気心知れた友に誘いを掛けても皆微妙そうな顔で乗ってくれない。
これはもう一人で何処かへ食べに行くしかない。
だが、悉く断られた事でモチベーションがダウン。
何となく先延ばしにしている内に時は流れた。

で、先日。
突然上がったモチベーション。
恐らく「退屈だなー、何か面白い事無いかなー」と日々モヤモヤして過ごしていた時に鯉の事を思い出したからだろう。
その勢いで遠出しようと思い立つ。

よし、どうせなら鯉が有名な所へ行こう、とネットで検索開始。
以前、長野県で鯉が食べられる的な事を聞いていた故、長野県内で調べてみる。
すると佐久市が引っ掛かり、その佐久市のとある店にも目を付けた。
それを見て長野行きを決意し、折角だから日帰りじゃなくて一泊位しよう、と脳内で着々とプランが組み立てられた。


そして当日。
天気予報の悪さにガクブルしつつ、現地入り。
コインロッカーに荷物を一時封印し、小諸の懐古園へ。
天気予報とは少し天気が変わったらしく、なかなか暑かったのだがめげずに徘徊。
懐古神社周辺を軽く回った後、近くの店で小休止

…しようと思ってふと気付く。
何とも言えない幟。
虚ろな眼
この虚ろな眼は何だ…。

吹き出しそうになったのを堪えて写真撮影後、入店。
未だ腹は減ってなかった故、「冷やし飴」だけを注文。
冷やし飴

冷たくて程よく甘くて、美味しゅう御座居ました。
一寸寝不足で体調がおかしかったから軽くフラフラしてたのだ。
こいつの御蔭で一先ず回復。
休憩って大事だね!

その後、更に懐古園内をウロウロ。
目に付いた懐古神社横の建物にて興味本位でスタンプを押し、御神籤を引いてみる。
引いたのは「第一番大吉」。
何と幸先の良い結果だろうと地味ーにテンションを上げてニヤつきつつ、更に更に歩いて回る。

その園内には橋が架かっている場所が有るのだが、其処から見える一寸した崖?の名前を懐古園のマップで見たら「地獄谷」と書かれてあった。
景色に反して何というハードな名前…。

そんな地獄谷はこちら。
地獄谷

天気の良いせいも有り、あんまり「地獄」な雰囲気は無い。
何故この名前になったのだろうか。


そしてそして、更に歩く事数十分。
腹が減って来た故昼飯にしようと、蕎麦屋へ。
やはり長野へ来たら蕎麦を食わねばね。
長野へ来たらこれ!

美味しゅう御座居ました。
完食出来るか不安だったが、ペロッと平らげやしたぜ。


さて、長くなった故、今回の旅日記はこれにて。
次回はいよいよ念願の鯉料理。

こうご期待!



…しなくても良いんだからねっ!

◆電氣◆-でんき-

初・神谷バー!!

数年前からずっと行ってみたかった神谷バーに、ついに行って来たぜ!
hisyou88と「空海と密教美術展」へ行った後に二人で。

ただ、事前に神谷バーのサイトでメニューを見てみると、食べ物がちょいとお高い。
故に先にファミレスで腹拵えをしてから臨んだ。
以前別の居酒屋に同じくhisyou88と呑みに行った際、空きっ腹で臨んだら会計が恐ろしい事になった故、今回はちゃんと学んで食事は安い店で済ませよう、となったのだった。
因みにファミレスはサイゼリア。
嬉々として肉を貪りつつ、折角だからと赤ワインを二杯程呑んで酒宴へのアップ完了。

いざ、神谷バー。

店に到着すると、予想以上の混雑。
流石土曜日。
いや、若しかするといつもこんな感じなのやも…。
何せ初めて来る店だし。

店内は混雑具合や客層も相まって如何にも「雑多な大衆居酒屋」な雰囲気なのだが、給仕さんの制服や店の作り等によって猥雑な感じは無い。
その時代を生きてないからあくまでイメージだが、昭和初期の小洒落れてて賑やかなバーという感じ。

で、目的の電気ブランを注文。
電気ブランは二種類有り、度数が三十度のが「デンキブラン」、四十度のが「電氣ブラン(オールド)」と分けられていた。
勿論、頼んだのは「電氣ブラン(オールド)」。

運ばれて来たのはこいつだ!

電氣ブラン(オールド)


勝手なイメージだけど……何か「バー」っぽい!

…否、バーなのは解ってるよ?
「神谷バー」だし。
しっかしもう、グラス一つでテンション上がるってどんだけ舞い上がってんだろうねぇ(ノ∀`)アチャー

その「電氣ブラン」、ちょろっとネットで調べた所に依ると、ブランデー、ジン、ワインキュラソー、薬草等をブレンドして作ってあるらしい。

ワクワクしながら早速乾杯して一口。

…うん、ブランデーも入ってるだけあって一寸甘みを感じる。
そして度数が高いから一寸辛い。
ので、一緒に運ばれて来た氷水を口に含む。
通の人はチェイサーにビールを注文するらしいが、自分はビールが苦手故、頼まなかった。

そして最初の一口の余韻を楽しんでいると一寸だけ注文した肴が運ばれて来た。

電氣ブランとそのお供


……全部一人で食べたんじゃないぞ、念の為。
秋狐が注文したのは右のチーズ盛り合わせだけだ!
…やっぱり一寸高かったけど、旨かったなぁチーズ。

この後、電氣ブランをもう一杯呑んで今回の野望は達成。
一寸だけカラオケで遊んで解散したのだった。


家呑みも良いけど、外呑みも楽しいね。
大衆居酒屋はガヤガヤしてるから会話しづらいけど、そういうガヤガヤの中に有る「酒席の楽しい空気」もまた楽しい。
これも外呑みの醍醐味。
金さえ有れば毎週でも呑み歩きたい。

また金貯めてどっかフラッと行こうかなぁ。


それ迄は家呑みを楽しもう。
今宵は焼酎を緑茶割りで。


では、乾杯!!

◆空海◆-くうかいと-

hisyou88に誘われて「空海と密教美術展」へ行って来た。

あの弘法大師が唐から持って来た経典やらその当時の様子を描いた絵やら書物やら仏像やらがわんさか展示されているという。
正直、空海の事は小学校の教科書で習った位の知識しか無かったが、展示物は空海オンリーではないというので安心して東京国立博物館へ。


先ず、空海の字の美しさに感動。
まるで印刷物の様な整った書体。
あんな風に書けたら楽しいだろうなぁ。
と、「凄い人」というのを改めて感じていると、今度は同じく空海書のメモ書きの様な一品が。
どうやら唐の人が書いた二十巻の書物を空海チョイスで抜粋した際の物らしい。
それは先に展示されていた整然と並ぶ整った字とは対照的に、筆らしくない書体で文章も直し多数、字の列も斜めになっている。
まるでテスト勉強中のノートの様だった。

…のだが、そこが人間らしくて好感度アップ。
昔の偉いお坊さんって、俗世の人間とは別の生き物というか超人みたいに本には書かれて有るから、こういうのを見ると「あ、この人も同じ人間だ」と、親近感が沸く。
その空海の御師匠も「弁舌が巧みで…」的な事が書かれて有り、興味津々。
そんな人の説教とか聴いてみたい。
きっと面白いに違いない。


そして、書物、法具、の後は曼荼羅!
この「空海と密教美術展」のキャッチフレーズは「この夏、マンダラパワーを浴びる。」。
浴びてやろうぞ、と歩みを進めると、目の前に馬鹿デカい金剛界曼荼羅が。
個人的に胎蔵界曼荼羅が派手で好き故、一寸だけ残念だったが、しかししかし格好良い。
まさに壮観。

…が、明後日辺りからこの金剛界曼荼羅は胎蔵界曼荼羅に展示が変わるらしい。
…どちくしょう…。

さて、無事に金剛界のマンダラパワーを浴びた我々、テンションを上げて先へ進むとついに大好きな仏像ブースに!
もう五大明王の格好良い事!
まぁ一部、仏を乗せた動物達の中に真ん丸お目目の妙に愛くるしい(しかも一寸笑って見える)牛が居たり、異様に太くて短い脚の孔雀が居たり、センター分けのヅラっぽい前髪の馬が居たりと和んでしまう箇所等が有ったが、概ねアツいブースだった。

中でも降三世明王が一番好きな自分、他の仏像よりも熱い目線でついガン見。
忿怒の形相から印相から足元の荒々しい踏付け迄何もかもが格好良い。

だが一番最後、出口付近に有った帝釈天に目を奪われる。

何、このイケメン!

眉はシュッと凛々しく、目は切れ長で鼻筋も通っている。
他の仏像には無い端正な顔。
そんな主を乗せているのが誇らしいのか、彼が座っている象は盛大なニヤケ顔をしていた。
…お前さんももう少しキリッとした方が良いと思うぞ…。
等と思いながら出口へ向かい、観賞終了。


hisyou88、誘ってくれて忝い!
楽しかったぜ!!


因みにこの後はhisyou88との野望であった神谷バーへ繰り出したのだが、その話はまた次回。


今宵はそろそろ呑み直しのお時間で御座居。
…では、乾杯!

◆上様◆-うえさまが-

公開中の仮面ライダーオーズとゴーカイジャーの映画に行って来た。
正式タイトルは長いから割愛(笑)。

ゴーカイジャーは夏だからか幽霊船絡みの話。
幽霊船の雰囲気とアクションが楽しかった。
敵の幻想空間内ではゴーカイチェンジのこじ付け感が凄かったが…。
しかしG3プリンセスは出す意味有ったのか…?
技的にも意味が判らんかったんだが。
アレは野球仮面を知らないと笑えない演出なんだろうか。
まさかのサザエさん?
いやいや、そんな馬鹿な…。

あ、ジョーが素晴らしかったです。
この前の放送でオカマに捕まった時も面白かった。
今迄影が薄かったけど、良いメイン回が沢山有って嬉しい。


さてオーズ。
見所は何と言ってもあの「暴れん坊将軍」との共演。

先ず叫びたい。

新さんカッケエエエエエエエエエエエエエエ!!!

思慮深いのに首突っ込みたがりなのは相変わらずで素晴らしい。
何と言っても殺さずを貫いてる姿勢が格好良い!
人間じゃない雑魚共にもちゃんと峰打ちしてたし!
…しかし凄ぇ痛そうな音してたなぁ…。

敵は今回、ある意味古代人なのだが、アリスインナイトメアっぽい雰囲気がなかなか良かった。
怪人体はしょぼかったけど。

あとはガタキリバの分身からの全コンボ体集合は、昨今すっかり影が薄くなったタジャドルが観られて嬉しかった。
アレ大好きだからもっと観たいのだ。
鳥で炎でカンフーみたいな動きとかたまらん。
こんなに心惹かれるのは我が心が猛禽類だからか?
だからアンクを一番好きになったのか?

だが今テレビ放送の方がアレだし、放送終了迄もう三回位しかないし、タジャドルは映画で見納めだろうなぁ。

寂しいぜどちくしょう…。

しかしやはりオーズは面白かった。
途中、戦いに巻き込まれた少年の持ち物や妙な様子に気付きながらずっとスルーだった映司にモヤモヤしたが、最後はすっきりほっこり終わって良かった。
比奈ちゃんはいつも可愛いぜ。
アンクがその怪力の犠牲になる姿はいつ観ても笑える。

ああそれもそろそろ見納めなんだよな…。
大事に観よう、後数回。


そんな訳で映画を楽しんできやした。
一寸元気回復。
やはりヒーローは良い。

しかし夏バテのせいか食欲が減退気味になっている。
とは言え普段食い過ぎてるから丁度良いか。

ダイエット、頑張る。


では今宵もそろそろ呑もう。
肴は冷奴を梅塩で!

乾杯!!

◆拗悩◆-こじらせてなやむ-

此処の所、精神的にとても怠い。
ぼんやりしてやる気が出ない。
もっと面白可笑しい事を探して楽しみたいのに、それを求める意欲が湧いて来ない。
心がガス欠な感じ。

何かしたいのに何もしたくない。
普段の「億劫だな」というレベルを超えている。

参った。
何と時間の勿体無い事か。
早くエネルギーを充填しなければ。

…と、思うのだが、何でエネルギーを充填すれば良いのだろう。

真っ先に思う浮かんだのは仲間と馬鹿騒ぎする事。
これは幾つになっても最高に楽しい。
が、こんな精神状態では直ぐにエネルギー切れになってしまう。
これでは解決にならん。

…では、この状態で自分が本当に欲している元気を回復する物は何だろうか、と考えてみる。

自分から動く気力は無いが、心躍る状況・環境には身を置きたい等という今のこの我儘な心理状態を満足させるには一体何が必要なのか。

回らない頭で色々考えてみて、一つ思い付く。
「若しや心躍る状況・環境を他の誰か、若しくは何かから与えられたいのだろうか。」
じゃあその「心躍る状況・環境」とは何だ?
少なくとも今迄経験した楽しい事では無理なのに、これ等以外でとなると…。


…何て事を自問自答して早数週間。
これはもう中二病を拗らせてるのやもしれぬ…。
これからもこの病とは付き合っていく事になるだろうが、三、四ヶ月おき位で起こるこの発作が地味に辛い。


誰か助けてくれ。
と言いたいが、誰に言えば良いんだろう。
つーかこんな事ほざいて誰が助けてくれるだろう。
いい歳して恥ずかしいぜどちくしょう。


ああもう駄目だ。
呑んで寝よう…。

八月が終わる迄には落ち着いてくれ。



そんな訳で今回は中二病闘病日記でした。

じゃ、乾杯。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。