散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆幽霊◆-ゆうれいは-

「トラックバックテーマ」より。
今回はこれ。

幽霊っていると思う?


夏らしい、実に良いテーマだ。



幽霊かぁ。
居たら面白いと思う。

…なんて書くと心霊系否定派みたいだが、違う。
怪談ライブ行く位だから。

とは言え丸っきり妄信してもいない。
実際に存在「するか」「しないか」は怪談の面白さとは別の話だ。

秋狐は人の話ばかりで自分の目で見た事が無い。
身近で「見た」とか「見える」とか言う人の話も聴いたが、それだけでは「本物だ」、「実在するんだ」とは思えない。
どんな状態で見たかによっては幻覚、幻聴、どっかからの音の反響、先入観や恐怖からの思い込みとか色々な可能性が有るからだ。

偶に「集団で見たから本物だ」と言う人も居るが、集団催眠的な物かもしれないからこれも確定させるには弱い。
脳の病気が原因の場合だって有る。

「心霊現象」は科学的に出来る事を全部試しても判らなかった時に初めて、「有るかもしれない」になると思う。
それだって「今の時点での科学」で証明出来ないだけであって、この先科学で説明出来る可能性が有る。


肉眼で見えない物というのは「幽霊」に限らず沢山存在する。
細胞とか細菌とか木星の大赤斑とか海王星の大暗斑とか。
けど顕微鏡や望遠鏡等の使用によって見える様になった。

若しかしたらこの先、特殊レンズ的な物を使えば誰にでも幽霊が見える様になるかもしれない。
てーかなって欲しい。
関わるのは嫌だが、見るには見たい。
まぁこれは「居る」ってのが前提だが。

しかし「居ない」と言ったら其処で何もかも終わってしまう。
それはとてもつまらないので自分は信じる方向で行きたい。
その方が死んだ後も楽しめるし。
タダで博物館とか行っ……否、交通手段も体力も使わないで色んな場所へ行き放題になれるではないか…!


…何かグダグダになってしまったが、これからも怪談を楽しんでいこうと思う。

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/1040-475aba70

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。