散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆戦終◆-たたかいがおわる-

「仮面ライダーキバ」最終話視聴。


先ずラストバトル。
ラスボスが「ラスボス」という感じがしなかったのが残念。
「他の再生された雑魚怪人より強い再生怪人」にしか見えない。
何だか理性が有るのか無いのか判らん生き物になっており、少々物足りなかった。

そして闇のキバの紋章を使って敵の動きを封じる技も一寸…。
あの嵌め技みたいなのは二対一でやると格好悪くなる気がする。
折角の最後の戦いなのに一寸噴き出してしまった。

が、トドメは良かった。
ライダーとしては闇のキバだったが、サガの技は結構好きなのだ。
あの吊るしてキュッってやる奴。
後、ラスボスと戦う前、大量の雑魚怪人を葬った闇のキバの技も良かった。
最後指パッチンで敵が全滅したのは、御約束だが格好良い。

しかし欲を言えばエンペラーのキック時は初期のキバみたいに月夜が良かったなぁ。
あの毒々しい赤い月は好きだった。


次、青空の会の面々。
名護さんの目がヤバくなった時は死ぬんじゃないかとヒヤヒヤしていたが、生きてて良かった。
だがビショップ倒したら目が回復したのは何故なんだ?
一時的な物だったって事??

恵との結婚式も良かった。
恵はやっぱ良いね。
だが今後はその恵の奔放さに名護さんが振り回されるのだろうと思う。
否、既に結婚式の時点で振り回され始めていた。
しかし新たな敵の出現に、自身の結婚式にも拘らず戦いに行こうとする名護さんと恵は良い戦士だよ、うん。
そういやぁ麻生親子のダブルイクサの回は燃えたなぁ。




で、主人公…というより未来の息子。

「正夫」に全てを持って行かれた…。
明らかに不審者なのに面白いってどういう事だ。



この話、初期の頃は殺伐とした最後を迎えるのではないかと思っていたのだが、明るく終わってくれて安心した。
一番最後の四人ライダー揃い踏みは戦っても居ないのにワクワクした。
まぁサガが居なくて一寸残念ではあったが其処は仕方無いよな。
太牙は一人だし…。



…何か「闇のキバ」とか「サガ」とか太牙寄りの話ばかり書いてるな…。
特に太牙が一番好きとかではないんだが…。
キバならエンペラー好きだし。
初期の頃はガルルフォームが綺麗で好きだった。


だがだがしかし、作中で最も好きだったのはライダーじゃない。
最近自覚した。

マスター。
この面白可笑しいオッサンが一番好きだ。
あの店に行きたい。
マスターに「ちゃん」付けで呼ばれたい…!

それとブルマンが雌だった事に衝撃を受けた。
雄ダト思ッテイタヨ…。



昼ドラ色が強いライダーだったが、何やかんやでこの一年も楽しかった。
次のライダーも面白いと良いな。

デザインはアレだけど…。
何であのライダー、常に鉄格子の中に居る様なデザインなんだ…。

…い、いやいや。
戦えば格好良いのかもしれん。
焦らず待とう。

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/1222-3a36987b

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。