散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆終始◆-おわりとはじまり-

映画に行って来た。
例の如く、一人で。

「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」を観に。

これは八月で放送終了した「仮面ライダーディケイド」の最終話と、現在放送中の「仮面ライダーW(ダブル)」の第零話とも言うべき話を一本にした作品。
最初にディケイドだけで話を進め、次にW、最後に二つの世界を繋げる、という流れになっていた。
三作抱き合わせの様な、一つの話の様な不思議な作り。


そんな今作、実は昨年末のエルプロさんの忘年会にて、既に観ていた福さん、サコミズさんから、「最初の三十分は耐えろ」と事前忠告を頂いていた。
何やら少々退屈らしいのだ。
故に、それなりに覚悟して臨んだのだが、余程悪い予想をしていたらしい。
意外と楽しめた。
まぁ「ディケイド」が割かし好きだった御蔭も有るやもしれんが。


しかしその「ディケイド」。
一応、本編の最終話という括りだったのだが、結局意味不明な物が幾つか残ってしまった。

先ず、テレビ本編で散々ディケイドの行く手を邪魔してきた鳴滝というオッサンの正体と目的が判らないまま。
目的は「ディケイド」を消す事らしいが、何故ディケイドを消したいのかが不明。
今回はスーパーショッカーなる悪の組織に入り、「ゾル大佐」とか名乗っていたが、アレは恐らく本当の正体じゃない。
劇中でそれを臭わす様な台詞を喋っている。

そんな鳴滝、更なる世界の破壊を呼んだのは自分のせいなのにこう叫んだ。

おのれディケイドー!!

つい、「おのれ」じゃねーよ、これはおめーのせいだろと、心の中でツッコミを入れてしまった。

そしてライバルライダーのディエンド。
昔から主人公を知ってる口振りでテレビの本編に登場したのだが、何処でどう知ったのかが最後迄うやむやなまま。
ナマコの彼是はハッタリだったのか…??
何かいつの間にかしれっと仲間になってたけど…。

最後に死神博士。
あんなガイアメモリ有りなの!?
まさか夏の時のも…?
でもじーちゃん無事で良かった。

んで、変身した夏みかんも良かった。
キバーラ良いね。
白に何か色が入ったライダーって綺麗で格好良い。
イクサもサガも好きだった。
しかし変身しても笑いのツボを押すとは思わんかった。
敵に。
倒せねーだろそれじゃ。

そしてそして大笑いしそうになった場面が二つ。
一つはライダー達が縦に一列に並んで、後ろに立ってるライダーに続々とファイナルフォームライド(ライダー自身を変形させる技)をさせられていった場面。
何だあのバケツリレーみたいなやり方は。

んで、もう一つはディケイドによって、Wが真っ二つに引き裂かれた場面。
その後ちゃんと無事二人に分けられたのだが、過程がエグかった(笑)。
あそこだけ観たら確かに「ディケイド!この悪魔め!」とか思うだろう。


後、W。
これはとても面白かった。
フィリップがテレビ本編で「富士山」や「餅」なんてメジャーな物を初めて知って興奮してるのは、こんな過去が有ったからだったんだなぁ。
あ、仮面ライダースカルも良かった。
超かっけー。

今後のテレビ放送も楽しみだ。


さて、明日からちょいと仕事。
今日は体調が悪かったが、頑張るぞ。

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/1458-14aaf81a

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。