散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆遊出◆-あそびにでたら-

先週の話。

公演も終わった故、週末はダラつける。
其処で、ちょいと新しい手拭いでも買いに行こうと思い立つ。
試しにやっしー君を誘うと色良い返事。

ではいざ、と原宿へ。

ぐだぐだと馬鹿話をしつつも買い物はさっさと終了。
夜は呑む約束をしていたが、かなり時間が空いている。
呑む場所は渋谷。

明治神宮で軽く時間を潰したが、それでも時間は余っていた。
しかしそれ以上興味を惹かれる場所も無く、どうしようかと思案。

そして何となく、「折角だから渋谷迄歩くか」という事になった。


延々馬鹿話で繋ぎながら道を進む。

そんな時、ふと右の道に目を向けた秋狐。
石の鳥居が目に入った。
神社らしい。
だが少々違和感。
その神社、石の鳥居以外はあまり神社っぽさを感じない。
社は階段を上った先に在る様なのだが、鳥居を潜ると神社だと言う事を忘れそうな景色だった。

そんな神社を見れば見るほど興味が湧いて来て、つい寄り道。

一体どんな社が在るのだろう。
階段を上る。

最初の踊場。
未だ社は見えない。

再び上る。
しかし見えない。

最後の数段を上る頃、奥に漸くそれらしき社発見。
見えたのはこんな景色。

神社…らしい

吃驚する位近代的で、逆に面白かった。
社務所も、どっかの会社みたいだったし。

もっと奥に在った古い社はいかにもな感じだったが、何が有ってこんな不思議な神社になったんだろう。
この雰囲気だと神様もネットとかやってそうだ、なんてやっしー君と話してしまったよ、神社内で

この罰当たり発言を社務所の人に気付かれなくて良かった…。
否、当の神様はバッチリ聞いていたやもしれんな。

でも仕方無い。
だってあまりにもコンクリートジャングルな神社だったんだもんよ。
神様じゃなくて社長がいそうな神社だったんだもんよ。


さて、そんな楽しい神社を後にし、無事渋谷へ着いた我々。
更に少々時間を潰していよいよ酒宴。

久々に友と呑む酒は格別だった。

肉は必須

やはり肉は良い。
鶏皮ポン酢旨かったー!


そして酒宴後。
小腹が減った故、元地元のファミレスで軽く飯を食って雑談し、帰宅。
帰宅後、呑みなおしながら別れたばかりのやっしーとメッセンジャーで雑談。


いやぁ、雑談がぎっしり詰まった一日だったなぁ。


次は近所の祭で呑んで食うぞ!
来週が待ち遠しいぜ!!

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/1509-751a45f7

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。