散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆伏話◆-ふせずにはなして-

ついさっきの出来事。
殺陣稽古から帰宅後、残して貰っていた自分の夕食の刺身を取り分けていた秋狐。

刺身の盛り合わせに付いていた大葉の鮮度が良かった事に感心しつつ、パパ上が残したカツオの刺身を別の皿に移す作業を開始。
ママ上と「偶に鮮度の良い大葉が有る」的な会話をしながら。

まさにその時。
ママ上は秋狐が弄っているカツオに付いていた大葉を見ながら、色々端折ってこう言った。


ソレの奴もアレだったし
訳:そのカツオに付いてた大葉も鮮度良かったし


…ママ上、面倒がらずにちゃんと思い出して話して下さりませ。
話の流れ的に何を言いたいのかは解ったけどさ…。

あの感じは絶対にジョークで態と伏せたとかじゃない。
とっさに名前が出て来ないから適当に伏せてただけだ。
どうしてそう「呆け老人」への道を積極的且つ全力で歩むのだママ上よ…。

この程度なら面白いからこっちは大歓迎だが、リアルに「呆け老人」になったら洒落にならんぞ。

むむ、此処は長子の自分が何とかするしかないのか。
「脱・呆け老人ルート」計画とか立てる?
…取り敢えず「アレ」とか「ソレ」とかで置き換えて話したら、突っ込みを入れて話の腰を折ってみるか。
地道な努力、大事。



さ、明日は仕事だ。
パパッと飯食って一杯呑んで頑張ろう。

頂きます、乾杯!

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/1613-a1d5f5ac

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。