散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆鯉旨◆-こいがうまくて-

長野旅日記・第三回

鯉料理、後半戦!!

鯉のあらいと鯉こくを一心不乱に平らげていると、何と店の人がサービスで鯉料理をもう一品出してくれた。
あらい等の鯉料理で余った部位を煮た「鯉の旨煮」。
鯉の旨煮

鯉こく同様、骨迄食べられる様にしっかり煮込んである。
浸み込んだ甘辛い味が何とも旨い!
御飯のお供としても文句無し。


そして次。
折角なので鯉以外の料理を一品注文。
その名も「そばがき」。
メニューの写真だけでは甘いのか辛いのか酸っぱいのか苦いのか皆目判らん、初めての料理。
そばがき

さっきちょいと調べた所に依ると、この「そばがき」とはそば粉を熱湯で練って団子状にしたもの、らしい。
汁物に入れたり、醤油やそばつゆに浸けたり、食べ方は様々あるとか。

因みにこの店のそばがきは少量の醤油だし汁に浸かっており、写真内手前の味噌ダレ若しくは甘辛い醤油ダレに浸けて食べる仕様になっている。

一見すいとん的な物かと思っていたのだが、想像していたよりもネットリしていて驚いた。
満腹限界スレスレだった為か、大いに苦戦。
しかし蕎麦の味がガッツリ味わえる美味しい料理だった。
今度は汁物に入ったそばがきにも挑戦してみたい。


そして、いよいよ最後の鯉料理の時間がやって来た。
最後に注文したのはこいつだ!
鯉の塩焼き

「鯉の塩焼き」。

刺身も煮魚も旨かったのだ。
此処は何としても大好きな焼き魚にも手を出したい。
満腹中枢がなんぼのもんじゃいっ!
いざ!焼き魚!!


…しかし

デカい骨が我が食事の邪魔をしやがる。

何故にこのやうなダンジョンの如き仕様に成って居るのだ鯉殿よ…。


…あ、味はどうかって?


最高で御座居ました!!

やはり、焼き魚は良い。

そんな訳で、ついに念願の「鯉料理を食う」という野望を達成。
正直腹が破裂寸前で胃薬の御世話になったのだが、悔いは無い。


御馳走様でした!!<(_ _)>


しかしどれもこれも想像以上に旨かったなぁ。
昔はもっと食い辛かったのか?
だから食べる人が少ないんだろうか。

食わず嫌いの人は大変に勿体無いので、一度ご賞味あれ。
食べ易くてお勧めなのは「鯉こく」と「鯉の旨煮」。


…まっ、回し者じゃないんだからねっ!!



さて、次回はやっと旅日記最終回。
惰性の二日目!!
こうご期待…しなくて良いぜ!!


それでは今宵もそろそろぼっち酒。
乾杯っ!

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/1636-7cb7db35

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。