散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆麺作◆-めんをつくる-

「カップヌードルミュージアム」に行って来た。
やっしー君が前から行きたがっていた場所だ。
参加面子はやっしー君とT嬢と秋狐の三人。

生憎の雨模様だったが、自分オリジナルのカップヌードルを作る、という野望の前には些末な事象だ。
テンションを上げて現地へ赴いた。

入場料を払い、カップヌードル作り体験の整理券を貰ったら時間迄他を見学して回る。
展示フロアには歴代の日清のカップ麺が大量に展示されていた。
カップヌードルだけではないのも楽しい。
自分が生まれる前の物等は特に興味深い。

歴代のカップ麺達


中でも、この二つが一番最初に展示されていた。
恐らく一番最初に発売された即席麺なんだろう。
パッケージもシンプルだ。

一番最初の即席麺

しかし「チキンラーメン」は判るが、「千金蕎麦」とはどういう事だ…。
「千金」で「チキン」…。
「蕎麦」は「中華そば」が有るから判るが、それだと「チキンラーメン」と丸被りだし、多分本当に普通の蕎麦なんだろうが…。
「鶏出汁蕎麦」って事なんだろうか?
一寸食べてみたかったな。
復刻試食コーナーとか有れば良いのに。

そうして年代を下って行くと、あの作品とのコラボ商品が!

北斗の…!

…YOUはSHOCK!!

名前からしてなるべくしてなったと言っても過言では無いだろう。
これに限っては主役は当然彼なんだろうな、名前からして(笑)。
これも一度食べてみたかった…!


さて、夢中になって見学しているとあっという間に体験コーナーの時間になっていた。
今回の最大の目的は「世界で一つの自分だけのカップヌードルを作る」だ。
ワクワクして列に並ぶ。
先ず、体験の前に空のカップヌードルの容器を買うのだ。
三百円で。

無事に容器を買ったら次はカップにお絵描き。
机に備え付けてある太いカラーペンで思い思いの絵を描く。
描き終わったら次は別の列にならんで、具材選び。

スープは醤油、シーフード、カレー、チリトマトの中から一つ選択。
具材はエビ、コロ・チャー、タマゴ、ネギ、ひよこちゃんナルト、ガーリックチップ、インゲン、チェダーチーズ、カニ風味カマボコ、コーン、キムチ、期間によって違う具材一種の十二種類の中から四つ選択する。

秋狐が選択したのは「チリトマト」と「コロ・チャー、ガーリックチップ、チェダーチーズ、限定具材」。
この時の限定具材はポークだった。
何と言うか、欲望のままに選んだら何となくイタリアン。

そして出来上がると肩から下げられる紐付きのビニールに入れて、其処に空気を入れたら完成。


世界に一つだけの我がカップヌードルがこいつだ!!

見た目は和風


…ふ、ふふ。
この見た目では中身は醤油ラーメンかまたは蕎麦という予想しか出来んであろう?
よもやなんちゃってイタリアンなんて思わんであろう?

言っておくがこうなったのは態とじゃない。
予め肉類を入れるのは決めてたが、どんな絵を描くかはカラーペンを持ってから決めたのだ。
それも相当悩んで。
いや、いざ描くとなったら何も思い浮かばなくて苦労したんんだよこれでも…。


そんな訳で今回も目的は無事果たしたのであった。
いつ食べようかなー。


因みにこの日はこれで終わりではない。
故に、次回へ続く。


それでは今宵も呑みませう。
乾杯!

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/1697-d64f7048

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。