散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆閉前◆-しまるまえに-

以前一度行った近所のもつ焼き屋が年内で閉店する事になったと言うので、単身赴いて来た。
近場だからいつでも行かれると思っていたのだが、そうなると意外と行かないもの。
そしてこの店は普通の居酒屋よりも開店時間と閉店時間が早い。
故に「今度の休みに行けたら…」なんて思ってるうちにずっと行かないでいたのだった。

だが閉店してしまうならそんな悠長な事は言っていられない。
最後にこの安くて旨い店で何某か吞み食いしておきたい!

そうして土曜の午後二時頃、店へ。
因みにこの店、土曜は午後一時から開いている。
ま、開店から一時間位なら何とか入れるだろう。

…と、思っていたのだが、店に着いたら満席。
席待ちで並んでる人が六、七人いた。
しかし、此処で引き下がるわけにはいかぬ。
自分もその待ちの列に加わり、暇潰しにスマホでゲームをしつつ、只管待つ。

…そして一時間半後。
店内へ案内された。
店主からは「もうあんまり(食べる物)無いよ」と言われたが、酒と一寸でも摘める物が有るなら別に良い。
店の雰囲気込みで酒盛りに来たのだから。

しかし流石に十二月に一時間半も外で黙って立ってたら体も冷え切る。
迷わず熱燗を注文。
肴は…肉系はハツと軟骨位しか無いらしかったが、ハツ大好物な自分には実に幸運。
こちらも迷わずハツを二串注文。

運ばれて来た熱燗を吞みつつ、ハツを頂く。
店の雰囲気も常連さん達の空気も陽気で、一人で呑んでいても楽しい。

もつ焼きを楽しむ

そうそう、酒の入れ物も変わっていて、こんな形をしていた。

熱燗!

そしてたまに店主がお酌してくれたり。
結構高齢な方だが、気さくで優しい人だった。

その内、隣の席の二人連れの男性客が話し掛けてくれた。
一人はもう五、六回位来ている人で、もう一人は今日初めての人だとか。
その人達と話している内に、近くの席の常連さんも話し掛けてくれて、更に楽しくなった。

暫く吞み食いしながら話していたら閉店の時間に。
六時位だったかな。
すると常連さんが、近くのカラオケ付きの居酒屋に行くから一緒に行こうとお誘い下さった。
これも何かの縁。
折角なので最初に話していた二人の男性客と一緒に御供する事に。

そんな二次会はお誘い下さった常連の方三名(内二名は御夫婦)、秋狐の隣の席に居た男性客二名と秋狐の六人で開始。
話しつつ、歌いつつで楽しい時間を過ごした。

それから店を出て解散ぽい流れになったのだが、常連さんの御夫婦と別れた後にもう一人の常連さんがもう少し吞もうと言うので、二人の男性客と四人で駅前の居酒屋で三次会と相成った。

そして帰宅したのは日付が変わるか変わらないかという時間。
本当は最初の店で一時間位呑んで帰ろうと思っていたのだが、思いがけず楽しい酒席になった。
皆良い人達だったなぁ。

もうあの店には行けないけど、また何処かで一緒に呑めたら嬉しい。

有難う御座居ました!!

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/1813-78987d90

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。