散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆独飯◆-どいつめしを-

今年のクリスマスはいつもと違う食を!
…と、ドイツフェスで買ったシュトレンを見て思い立った秋狐。
例年ならデリバリーのピザを食べるのだが、今回は新たな領域へ踏み出そう、と決めた。

そうだ、ドイツ料理を作ろう!

しかし決して料理が得意とは言えない自分。
しかもドイツ料理なんてジャーマンポテトとドイツフェスで食べたカリーヴルストとビーフシチューシュペッツレと試食させて貰ったシュトレンしか知らん。
だが、家庭料理なら何とかなるやもしれぬ。

そんな訳でドイツ料理を検索してみると、色々有った。
そのドイツの家庭料理の中で、初心者に優しい料理を選んで作る事に。

今回挑戦したのは以下。
・アイスバイン(塩漬けした豚すね肉を煮込んだ料理)
・アイントプフ(野菜スープ)
・ザワークラウト(酸味のあるキャベツ)

先ずアイスバインは実際の料理を食べた事が無かったのだが、ネットでレシピを見たら豚のロースやバラのブロックでも作れるとか書いて有った為、取り敢えずロース肉で予行してみた。
ブロック肉を二、三時間水に浸けて血抜きし、ビニール袋に肉、海水位の濃度の塩水、オレガノ、ローリエを入れて冷蔵庫で寝かす。
五日から十日位経ったら調理する。
深めの鍋に海水位の塩水を入れ、肉を二時間位弱火でじっくり煮込む。

結果、なかなかよく出来た。
取り敢えずアイスバインはクリア。

次、ザワークラウト。
これも直ぐには出来ない一品。
キャベツを太目の千切りし、キャラウェイシードを加えて塩もみした後、空気に触れない様にして常温で寝かし、発酵させる。
季節によって異なるが、こちらも五日から一週間位で酸味が出て来る。

こちらも腐らずに行けそうな状態に。
最初はボールにラップをしていたのだが、一週間位経ってから瓶に詰めて冷蔵庫へ。

これで時間の掛かる物は大体クリアだろう。

しかしクリスマスから十日位前、アイスバインを作るにあたって折角作るならちゃんと豚のすね肉を使いたいという思いが強くなってきた。
其処でスーパーの精肉売り場へ行ってみたが、残念ながら見付からず。
それでもどうにも諦めきれずにダメ元で近所の肉屋で聞いてみた所、「豚のすね肉」として店には出していないが有るよ、と奥から出して来てくれた。
…思いがけず豚のすね肉ゲット!
帰宅後早速準備に取り掛かった。

そしてクリスマス間際。
アイントプフの材料の一つ、レンズ豆を探して色々店を回り、何とか水煮缶ゲット。
イブ前日にドイツパンの店迄行ってドイツパンのロゲンブロートゲット。
帰宅後にアイントプフを作っておいた。
後、酒もドイツで統一しようと、ドイツワインを用意。
甘い白ワインが多い中、辛口を探して無事ゲット。

そうして迎えたクリスマスイブ。
予想以上に美味しく出来たドイツ料理を一食の半分食べて、寝落ちした

…否、その日残業で結構疲れてて…。

気を取り直してクリスマス当日。
前日の残り+αで幸せな夕飯。

手作りドイツ飯

うっかり撮影前にロゲンブロート一寸齧っちまったが気にしない。

そんなこんなでレパートリーが三つ程増えたのだった。

しっかしアイスバイン、やっぱすね肉で作った方が旨いな。
今度またあの肉屋さんに有るか訊いてみようっと。


さ、クリスマスも終わったし、後は正月に向けて大掃除だな。

…ってああああああああああああああああああああああ!!!
シュトレン食べるの忘れてた!!!
今年のケーキの変わりだったのに!!

致し方無い、どっかでおやつとして食べよう…。

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/1814-307f42a5

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。