散人雑記

いつも自分なりの「面白い」を細々と探している奴が綴る書き物の溜まり場

Articles

◆見目◆-みため-

これは今日の話。
レジ以外の仕事中、とある常連の客(年配の男性)に声を掛けられた。

「昨日、(秋狐の)私服姿見たよ」と。
自分は「そうなんですか」と笑って返した。
それだけで会話は終わるかと思っていたのだが、そうはならず。

その客は言った。「格好良かったよ」。
そして「はは、どうも(照)」と自分が返そうとした時…。

客「あれなら大丈夫だよ!

…な、何がですか…???

その客とは以前も何度か話した事がある。
前もその人は秋狐の私服姿を見た、と言っていた。
その時は「制服姿の時と随分イメージが違うね」と言われ、自分も前にぱヱから言われた「夜だと風景に溶け込んで見える」的な返事をした記憶がある。

実際、自分は黒や紺色の物ばかりを好んで身に着け、髪も染めてない為黒い。
冬みたいに露出の少ない季節は、後ろから見ると黒い影の様に見えるらしい。
因みにその時から今日まで外見を変えてはいない。

おじさん……一体自分にどんなイメージを持ってるんですか…??
あの、存在感は薄いですけど、顔色もいつも悪いですけど、別に危ない道に踏み込んでいるわけでは無いですから…。
ま。そういう扱いは慣れてはいますが。

自分は昔から見た目と中身にギャップが有ると人から言われる。
見た目の印象を高校時代の友達に聞いてみた所、
・大人しそう
・暗そう
・真面目そう
等と思われていたらしい。

実際は、このブログを見てくれている人ならば判って貰えると思うが、大人しくも暗くも真面目でもない。

恐らく、
ボーっとしていると「大人しそう」に見え、
人見知り故に一人で本等を読んでいるせいで「暗そう」に、
小心者故に決められた事をちゃんとやってしまう為「真面目そう」に見えたのだろう。

はは、誤解も甚だしいな。
教科書なんて燃やしてやりたかったぜ!
……まぁ、小心者だから出来なかったが……。

見た目を変える気は零だから、これから先もあんまりよくない第一印象を抱かれ続けるのだろう。
そんでもって、その受けた誤解をまたここで楽しげに曝すのだろう。

面白いからこれからも「話すまで判らない人」で居続けようと思う。

…「捻くれ者」?
上等だ。

新絡用宛先

http://sanjin.blog36.fc2.com/tb.php/474-04174e95

この記事への新絡

この記事への意言

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website